FC2ブログ
 
  

ルーアン大聖堂&ル・アーヴル:ル・アーヴルの散策開始

2016年7月22日金曜日@パリ~ルーアン大聖堂&ル・アーヴル/3回目

パリのサン・ラザール駅Paris Saint-Lazareから乗ったインターシティは2時間ほどでル・アーヴルLe Havreの駅に到着。ターミナル形式のプラットホームを見渡します。乗ってきたのは一番右端の電車です。

2017021401.jpg



駅のロビーで帰りの電車の時間を調べようとしますがどこにも時刻表が掲示されていません。電光掲示板を見上げますが、2時頃までの電車しか出ていません。

2017021402.jpg



仕方がないので窓口でルーアンまでの時刻表を貰います。するとルーアンまでは2時の電車を逃すと4時まで電車がありません。

2017021403.jpg



saraiがうなっていると配偶者が「今から3時間もあるんだから、それですべてをすませればいいんじゃないの」って言います。仕方ありませんね。まずは駅前からのトラムに乗って、海岸沿いにあるツーリスト・インフォメーションまで行って町の地図を手に入れることにしましょう。駅前のトラム乗り場です。

2017021404.jpg



トラム乗り場のチケットの自動販売機と格闘して(英語モードがなくてフランス語表示のみ)、何とか1日乗車券をゲットします。またしてもVISAカードが認識されず、マスターカードのお世話になります(もちろん、JCBカードなぞは最初から使えるクレジットカードのリストにありません。→JCBカード殿、もう少し頑張ってね!)。

2017021405.jpg



さて、トラムが来るのを待ちましょう。

2017021406.jpg



待っていると、なかなか来ないものです。ちょっとイライラ。何せ、この町での滞在時間が限られていますからね。

2017021407.jpg



5分以上も待って、ようやくトラムがやってきます。

2017021408.jpg



トラムはストラスブール大通りBoulevard de Strasbourgを順調に走り、町歩きの起点だと言う市庁舎Mairie du Havreの前までやってきますが、まずは海岸まで乗っていって、ツーリスト・インフォメーションを訪れることにします。

2017021409.jpg



市庁舎前広場Place de l'Hôtel de Villeは広々とした美しい緑の広場です。

2017021410.jpg



緑の芝生が目に染みます。

2017021411.jpg



トラムはフォッシュ大通りAvenue Fochを走り抜け、4駅目の終着の停留所ラ・プラージュLa Plageに到着。

2017021412.jpg



おっ、停留所の前にジャパニーズ・レストランがあります。Japon SamouraÏ(日本サムライ)という名前です。面白いですね。

2017021413.jpg



ル・アーヴル駅に続くトラムの線路です。この通りはル・アーヴルの大通りのフォッシュ大通りAvenue Fochです。

2017021414.jpg



海岸沿いには広場が広がり、遊園地もあります。

2017021415.jpg



ここから地図とにらめっこしながら、海岸沿いのクレマンソー通りBoulevard Clemenceauを南に進み、何とかツーリストインフォメーションの建物を発見します。

2017021416.jpg



ツーリストインフォメーションの前には綺麗な花が咲いています。

2017021417.jpg



ツーリストインフォメーションのスタッフの若い女性はなかなか有能そうでテキパキ。地図もいただき、行先の案内もパーフェクトです。すると、後ろから配偶者が「切手はありませんか?」と意外な割り込み。これもスムーズに進み、用意していた昨日の絵葉書(日本の孫たちへ)に切手を貼っていると、女性スタッフが「預かっておけば、郵便局の人が周ってくるので渡しておきますよ」とのこと。思わぬご親切に甘えることにします。それではと、ル・アーヴルの絵葉書と切手も購入。この間、5分ほどの効率的な訪問になりました。

ここまでの移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2017021418.jpg


ここからはゲットした市内地図を片手に散策します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR