FC2ブログ
 
  

ルーアン大聖堂&ル・アーヴル:ルーアン大聖堂の華麗なファサード

2016年7月22日金曜日@パリ~ルーアン大聖堂&ル・アーヴル/8回目

ル・アーヴルLe Havreの町を慌ただしく出発します。何とか予定の2時発の電車に乗車できます。ルーアンRouenに向けて、電車は走り出します。ランチのワインで気持ちよくなったsaraiは電車でぐっすりと眠りこんで、起きたときはルーアンに到着です。ほんの1時間ほどです。ルーアン=リヴ=ドロワット駅Gare de Rouen Rive Droiteのホームに電車が滑り込みます。停車するとすぐにホームに降り立ちます。この電車はパリのサン・ラザール駅Paris Saint-Lazareに向かいます。

2017022101.jpg



ホームからエスカレーターで駅のロビーに移動します。

2017022102.jpg



ルーアン=リヴ=ドロワット駅のロビーは広々としています。

2017022103.jpg



ロビーを見渡して様子を確認したところで、出口に向かいます。ルーアンに3時に着きましたので、帰りは5時か6時のサン・ラザール駅行に乗ることにしましょう。

2017022104.jpg



駅舎を出て、駅舎のファサードを見上げます。古めかしい壁面に美しい彫像が飾られています。

2017022105.jpg



もう少し離れて、ファサードを鑑賞します。歴史を感じさせられるような立派な駅舎です。

2017022106.jpg



駅を出て、左手のほうには教会が見えます。サン・ローマン教会Eglise Saint-Romainです。

2017022107.jpg



駅前を見回して、トラムの停留所を探しますが、そもそも、トラムの線路すら見当たりません。立派な駅舎が目に入るばかりです。

2017022108.jpg



仕方がないので、駅前の通り、ジャンヌ・ダルク通りRue Jeanne d'Arcを少し進んでみましょう。通りには商店が軒を連ねています。配偶者は花屋さんに目を遣りますが、とりあえず、トラムを探さないとね。

2017022109.jpg



商店街の中にお寿司屋さんも見つけますが、肝心のトラムは見当たりません。

2017022110.jpg



いったん、駅に戻って、出直しです。

2017022111.jpg



さっきは気が付きませんでしたが、駅舎のロビーの壁面には面白い壁画が描かれています。左の絵がルーアン大聖堂、右の絵がセーヌ川でしょうか。

2017022112.jpg



ともあれ、肝心のトラムです。駅からはトラムで直接、ルーアン大聖堂の最寄停留所に向かうつもりですが、やはり、駅前のどこを探してもトラムなぞありません。その代わりに、何と地下鉄ができています! ガイドブックの記事は古かったようです。地下鉄のチケット1回券(1.6ユーロ)を4枚、自動販売機で購入。今度はVISAカードが使えます。

2017022113.jpg



駅前の地下鉄駅、ヴェルト通り駅Gare-Rue Verteから、ルーアン大聖堂の最寄のテアトル・デ・ザール駅Théâtre des Artsまでは2駅です。駅から地上に出ると、すぐに道標が見つかります。ルーアン大聖堂Cathédrale Notre-Dame de Rouenは右のほうに行くようです。

2017022114.jpg



ジェネラル・ルクレール通りRue du Général Leclercを歩いていくと、左手に賑やかなラ・シャンメル通りRue de la Champmesleが見えます。この通りを歩いていきましょう。

2017022115.jpg



地下鉄駅から10分弱ほど歩き、ルーアン大聖堂に到着します。モネの連作シリーズで有名ですが、ファサードの繊細で美しい彫刻装飾は意外でした。モネの絵画からは想像できない華麗さです。

2017022116.jpg



ここまでの移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2017022117.jpg



今日の最大の目的はこのルーアン大聖堂に来ることでした。旅のテーマであるフランスのノートルダム大聖堂巡りはこれで3つ成就したことになります。シャルトル大聖堂、パリのノートルダム大聖堂に続いての成果です。これから、ゆっくりと鑑賞します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR