FC2ブログ
 
  

ルーアン大聖堂&ル・アーヴル:戦争の傷跡を残すルーアン大聖堂~ジャンヌ・ダルク教会

2016年7月22日金曜日@パリ~ルーアン大聖堂&ル・アーヴル/10回目

ルーアン大聖堂Cathédrale Notre-Dame de Rouenの内部を鑑賞しているところです。内陣の外側の周歩廊を歩いています。
内陣奥にはマリア礼拝堂があります。鉄柵があり、中には入れません。

2017022301.jpg



鉄柵越しにこの美しい礼拝堂を鑑賞しましょう。

2017022302.jpg



週歩廊に残る古いステンドグラスです。

2017022303.jpg



内陣奥の南側にはリチャード獅子心王Richard Cœur de Lion(リチャード1世)のお墓があります。このルーアン大聖堂にはリチャード獅子心王の心臓が納められています。リチャード獅子心王はイングランド王ですが、当時はノルマンディー公も兼ねていたので、ここルーアンはリチャード獅子心王の領土の一部でしたし、彼はこのルーアンを愛していたそうです。そのことから、41歳で戦死したリチャードの遺体の一部がこのルーアン大聖堂に葬られることになったそうです。以前、ドナウ川のヴァッハウ渓谷のデュルンシュタインを訪れて、リチャード獅子心王が捕囚されていた山上のお城、デュルンシュタイン城を眺めたことを思い出します。リチャードは十字軍に参加した帰りにオーストリア公レオポルト5世に捕えられて、デュルンシュタイン城に幽閉されました。その後、イングランド側が多額の身代金を払うことで釈放されて、イングランド王に復帰しました。王位回復後、フランス王フィリップ2世との戦いを続けていましたが、クロスボーの矢を肩に受け、その傷がもとになって亡くなりました。リチャード獅子心王は中世の騎士の鑑として、永遠の人気を集めています。合掌!

2017022304.jpg



内陣の週歩廊から翼廊の先の側廊を眺めます。スケールの大きな眺めです。

2017022305.jpg



身廊に戻って、西側のほうを眺めます。大きな薔薇窓が見えますが、ステンドグラスは第2次世界大戦で破壊されて、擦りガラスが代わりに設置されています。とても美しいステンドグラスだったそうです。戦争はすべてを破壊する忌まわしい行為であることをまた痛感します。

2017022306.jpg



身廊の天井です。

2017022307.jpg



身廊の北側、入口近くにある聖ヨハネ礼拝堂の《美しき絵硝子》というステンドグラスです。これも戦禍から生き残った貴重な遺産の一つです。

2017022308.jpg



これでルーアン大聖堂の内部見学を終了します。外観が美しいのに比べて、正直、内部は古びていてもうひとつです。ステンドグラスもオリジナルの古いものが少ないですからね。まあ、それでも、精巧なデザインのステンドグラスが内陣奥にあり、それらは美しいかったのが救いです。すべては戦争という人類の愚かな行為の結果であることに思いを馳せると、無念以外の何ものでもありません。

大聖堂の外に出て、陽光を浴びて、美しい姿を見せるルーアン大聖堂を仰ぎ、また、気持ちを取り直します。何と言う神々しく、華麗な建物でしょうか。

2017022309.jpg



石造りでありながら、まるで繊細なレースのようです。このルーアン大聖堂の西ファサードの究極の美を脳裏に刻み付けます。

2017022310.jpg



さて、次はこの地で最期を迎えたジャンヌ・ダルクの終焉の地に建つジャンヌ・ダルク教会Eglise Sainte-Jeanne-d'Arcを見に行きます。グロ・オルロージュ通りRue du Gros Horlogeを西のほうに歩いていきます。綺麗な石畳の通りです。

2017022311.jpg



前方に大きな時計の塔が見えてきます。

2017022312.jpg



とても立派な大時計です。これは何でしょうね。まるでベルンの天文時計のようです。後で調べると、大時計台Le Gros-Horlogeと呼ばれているそうです。時計自体は1389年に完成しましたが、現在の位置に設置されたのは1529年のことだそうです。いれにせよ、とても古いものです。この時計は時刻だけではなく、月の満ち欠けや曜日を知ることができるそうです。やはり、天文時計のようなものですね。

2017022313.jpg



大時計台の傍らには、ルネサンス様式の高い塔も付属しています。この時計が「重錘時計」と呼ばれる形式であり、おもりが地球の重力で下に落ちる力を利用して時を刻むので、おもりを高いところに置くために、この高い塔を築いたそうです。因みに現在は電気化されており、高い塔の必要性はありません。

2017022314.jpg



大時計台の下をくぐって、グロ・オルロージュ通りを進むと、町一番の目抜き通りのジャンヌ・ダルク通りRue Jeanne d'Arcと交差します。この先もグロ・オルロージュ通りが続きますが、多くの人で賑わっています。

2017022315.jpg



ジャンヌ・ダルク通りを横断し、さらにグロ・オルロージュ通りを進んでいくと、美しい木骨造り(コロンバージュ)の家が軒を連ねるヴィコント通りRue de la Vicomteと交差します。

2017022316.jpg



さらにしばらく進むと、独創的な外観のジャンヌ・ダルク教会Eglise Sainte-Jeanne-d'Arcに到着します。

2017022317.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017022318.jpg



ジャンヌ・ダルク教会の独創的な外観にしばし絶句します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR