fc2ブログ
 
  

ランス大聖堂&シャンパーニュ地方:シャロン=アン=シャンパーニュに到着・・・日差しが暑い!

2016年7月23日土曜日@パリ~ランス&シャンパーニュ地方/12回目

ぎりぎりの時間で乗り込んだシャロン=アン=シャンパーニュChâlons-en-Champagneへ向かうローカル電車は既に半分の行程をこなして、途中の停車駅のムールムロン=ル=プティMOURMELON LE PETITまでやってきました。

2017031001.jpg



ムールムロン=ル=プティを出た電車は順調に走り、車窓は一面の麦畑です。一向にワイン畑は現れません。

2017031002.jpg



麦畑の中を走るうちに、シャロン=アン=シャンパーニュまで、もう5分ほどになります。

2017031003.jpg



ランスReimsから40分ほど走り、2駅先のシャロン=アン=シャンパーニュに無事到着。

2017031004.jpg



ランスからシャロン=アン=シャンパーニュまでのおおよその鉄道移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2017031005.jpg



これがここまで乗ってきたシャンパーニュ地方のローカル電車です。派手な塗装が施されています。

2017031006.jpg



到着したのは予定通り、午後3時20分です。駅舎を出ると、駅の前にタクシーが停まっていますが、まずは歩いて町の中心にあるツーリストインフォメーションまで行きます。

2017031007.jpg



駅前通りAvenue de la Gareを歩いて、シャロン=アン=シャンパーニュの町を貫く大通り、ジャン・ジョレス通りRue Jean Jaurèsに出ます。この通りを東の方に向かいます。ジャン・ジョレス通りはとても広い通りです。

2017031008.jpg



通りは線路の上を越えていきます。見下ろすと、シャロン=アン=シャンパーニュ駅Gare de Châlons-en-Champagneのホームが見渡せます。

2017031009.jpg



すぐにジャン・ジョレス通りはマルヌ川la rivière de la Marneにさしかかります。川の流れは結構、速そうです。

2017031010.jpg



大きな橋がマルヌ川の上に架かっています。

2017031011.jpg



橋の中ほどから、マルヌ川の流れを眺めます。川の両岸は緑の樹木に覆われています。川の水も緑色。マルヌ川は緑の川です。ちなみにマルヌ川はセーヌ川に合流して、北海に注ぎ込みます。

2017031012.jpg



橋の先は通りの両側に大きな建物が建ち並んでいます。市街地にはいるようです。配偶者は元気にすたすたと歩いていきます。

2017031013.jpg



橋を渡り終えると、その先に、何とまた、水の流れが見えます。一体、川が何本あるんでしょうね。

2017031014.jpg



この流れはさきほどのマルヌ川とは異なり、穏やかな流れです。この流れは川ではなく、マルヌ川と並行する運河カナル・ラテラル・ア・ラ・マルヌCanal latéral à la Marneです。運河の周りは美しい風景になっています。

2017031015.jpg



運河を越えると、レオン・ブリュム通りBoulevard Léon Blumと交差するロータリーにぶつかります。

2017031016.jpg



ロータリーを過ぎると、通りの名前がマルヌ通りRue de la Marneに変わります。マルヌ通りを少し進むと、通りの右手に大きな教会の建物が見えます。

2017031017.jpg



この教会はサン・エティエンヌ大聖堂Cathédrale Saint Etienneです。この由緒ある教会はノートルダム大聖堂巡りが終わって、時間があれば、是非とも見学したいものです。

2017031018.jpg



もう、ここまで10分以上も歩いています。駅からツーリストインフォメーションまではなかなか遠いですね。それにだだっ広い道は遮るものもなく、強い陽光が照りつけます。ちょっと、うんざりしながらも歩き続けるしかありません。
ここまでの移動ルートを地図で確認しておきましょう。

2017031019.jpg


さあ、頑張ろう!



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR