fc2ブログ
 
  

ランス大聖堂&シャンパーニュ地方:シャロン=アン=シャンパーニュからパリへの帰路

2016年7月23日土曜日@パリ~ランス&シャンパーニュ地方/22回目

シャロン=アン=シャンパーニュChâlons-en-Champagneのサン・エティエンヌ大聖堂Cathédrale Saint Etienneの鑑賞を終えました。正直、今日は多くの教会を見て、頭が整理できません。それほどに素晴らしい教会の数々で、フランスの教会の素晴らしさを実感しました。とりわけ、いずれもステンドグラスの美しさが心に残ります。
さて、パリに戻るTGVに乗るために駅に向かいます。夕陽の照りつけるマルヌ通りRue de la Marneを少し歩くと、レオン・ブリュム通りBoulevard Léon Blumと交差するロータリーにぶつかります。そのロータリーを過ぎると、通りの名前はマルヌ通りからジャン・ジョレス通りRue Jean Jaurèsに変わり、通りは橋にさしかかります。橋の上からは水門が見えます。マルヌ川と並行する運河、カナル・ラテラル・ア・ラ・マルヌCanal latéral à la Marneの水位調整用の水門です。

2017032601.jpg



橋を過ぎて、進んでいくと、すぐに次の橋に差し掛かります。今度はマルヌ川la rivière de la Marneに架かる橋です。

2017032602.jpg



橋の上から眺めるマルヌ川の流れは美しい緑色に染まっています。

2017032603.jpg



橋の上で後ろを振り返って、シャロン=アン=シャンパーニュの町に別れを告げます。

2017032604.jpg



橋を2つ超えて、シャロン=アン=シャンパーニュの駅に戻りました。
駅まで歩いてきたルートを地図で確認しておきましょう。

2017032605.jpg



駅前に着いたのは予約したTGVの発車の20分ほど前です。ちょうどだねって配偶者に言うと、配偶者はぎりぎりじゃないのって反論。見方はいろいろあるものです。駅前にはまた、タクシーが1台停まっています。来たときと同様です。そのタクシーの前を通り過ぎようとすると、配偶者がそのドライバーがこちらに手を振っていることに気が付いたようです。そうです。さっき、我々をレピーヌL'Epineのノートルダム大寺院basilique Notre-Dameに運んでくれたタクシーだったんです。今日は色んな出会いがあったわねって、配偶者が嬉しそうに言いますが、確かにそうでしたね。充実した1日でした。歩き疲れもしました。その結果が翌日、大変な事態に発展することはこの時点ではまったく予期していませんでした。冷たい飲み物を購入して、ホームで列車を待ちます。

2017032606.jpg



TGVのチケットはランス駅Gare de Reimsで購入済です。フランスレイルパス所持者用の格安料金のチケットです。わずか18ユーロ(二人合計)で購入できました。

2017032607.jpg



駅のホームの様子を見ながら、列車待ちをします。駅名表示板を眺めます。

2017032608.jpg



ホームをぼんやりと眺めていると、カメラを構える青年がいることに気が付きます。鉄っちゃんでしょうか。我々の乗るTGVには、まだ少し時間があります。するとホームに貨物列車が入ってきます。その写真を撮り終えた青年が、グッと手で合図すると、列車の運転士がピーっと警笛鳴らしてくれます。素晴らしい連携プレーに拍手です。配偶者がその運転士に手を振ると手を振り返してくれます。とっても素敵な触れ合いに配偶者も大喜び。そんなことをしながら、時間をつぶしていると、やがて、ホームにTGVが入ってきます。

2017032609.jpg



すぐに車内に乗り込みます。車内は予想通り、ガラガラです。まあ、ファーストクラスではありますけどね。

2017032610.jpg



夕陽のギラギラ照った暑い道を歩きましたから、ずいぶん、喉が渇いています。乗車前に買ったオレンジジュースで喉を潤しましょう。

2017032611.jpg



TGVは定刻通りに発車して、パリに向かいます。途中、20分ほどでシャンパーニュ・アルデンヌChampagne-Ardenne TGVに停車します。ランスのすぐ近くの駅です。

2017032612.jpg



後はどこにも停車せずにTGVはパリ東駅PARIS ESTに向かいます。シャロン=アン=シャンパーニュから、1時間ちょっとで定刻通りにパリ東駅に到着します。

2017032613.jpg



鉄道のルートを地図で確認しておきましょう。

2017032614.jpg



パリ東駅から、メトロを乗り継いで、リヨン駅Paris Gare de Lyonそばのホテルには7時半過ぎに帰着。綱渡りのような1日でしたが、思い出に残る1日でもありました。

明日はパリの最終日。アミアン大聖堂を訪問後、TGVでリヨンに移動して、リヨンのノートルダム大聖堂(フルヴィエール)を訪れ、夜はリヨンの美食を楽しみます。まあ、そのつもりではあったんですけどね・・・。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR