FC2ブログ
 
  

アミアン大聖堂:大聖堂内部の撮影は無事完了

2016年7月24日日曜日@パリ~アミアン~リヨン/5回目

アミアン大聖堂Cathédrale d'Amiensの内部を写真撮影中です。日曜ミサが始まる前に、saraiが一人だけで、配偶者を大聖堂前のカフェに残して、大聖堂内部の写真を撮っているんです。大聖堂の後陣の周歩廊をぐるっと周ってきたところです。周歩廊から鉄柵ごしに内陣が見えます。

2017040101.jpg



内陣の上方を見上げます。ステンドグラスのある窓とない窓がありますね。

2017040102.jpg



内陣の奥の周歩廊側には、3層から成るお墓があります。最上層の司教座聖堂参事会員(司祭)ギラン・ルカ師Guilain Lucasの墓所には、左に聖母子の彫像、そして、中央に《嘆きの天使》と呼ばれる天使像があります。中段は枢機卿 ジャン・ド・ラ・グランジュJean de la Grangeのお墓です。

2017040103.jpg



内陣の周歩廊側には、素晴らしい障壁彫刻が並んでいます。これは南周歩廊にある内陣障壁彫刻「聖フィルマンの生涯」です。聖フィルマンはアミアン大聖堂の守護聖人です。聖フィルマンの物語が八つの場面で構成されています。聖フィルマンがアミアンの町に到着したところから物語は始まり、首を切られて殉教するまでが描かれています。これはそのうちの左側の四つです。下には大聖堂の64番目の大司教フェリー・ドゥ・ボーヴォワFerry de Beauvoirの墓標彫刻が刻まれています。

2017040104.jpg



右側にある内陣障壁彫刻「聖フィルマンの生涯」の残り四つの場面です。下にはフェリー・ドゥ・ボーヴォワの甥の参事会員アドリアン・ドゥ・エナンクールAdrien de Hénencourtの墓標彫刻が刻まれています。

2017040105.jpg



これは南周歩廊の端から眺めた南側廊です。ずっと先に西ファサードの入口が見えています。手前の内陣前の床面には迷路のような模様が描かれています。実は身廊の中央の床面には、ちゃんとした迷路が描かれています。その迷路が完成した1288年がアミアン大聖堂の完成の年とされています。13世紀末には、大聖堂の建築に携わった建築家たちの名誉を称えるため迷路模様の敷石を床に施す慣例があったそうです。迷路の終点、すなわち、迷路模様の中心にはアミアン大聖堂の建設に携わった4人、司教 エヴラール・ドゥ・フイヨワÉvrard de Fouilloyと、大聖堂の建築家3人 ロベール・ドゥ・リュザルシュRobert de Luzarches 、トマ・ドゥ・コルモンThomas et Renaud de Cormontとルノー・ドゥ・コルモンRenaud de Cormontが描かれたプレートが置かれています。その迷路の写真は撮り忘れました。残念。

2017040106.jpg



今度は北に移動して、北側廊を眺めます。

2017040107.jpg



北翼廊の前には、大きな絵画と彫像があります。これは聖セバスティアンの礼拝堂です。絵画のテーマは十字架のキリスト。絵画の左の彫像は聖ロックと犬です。聖ロックと言えば、モンペリエ出身の聖人ですが、彼はローマへの巡礼の道すがら各地でペスト患者を救ったことで知られています。彼自身もペストに感染しますが、森に追われた彼に毎日、パンをくわえた犬が訪れるようになります。その犬は彼の傷口を舐めて直して、ペストは癒えます。この奇跡によって、聖ロックと犬は絆で結ばれています。因みにsaraiが今年予定しているヨーロッパの旅で北イタリアのミラノから、ルガーノ経由でルツェルンまで、ウィリアム・テル特急(現在はゴッタルド・パノラマ急行Gotthard Panorama Expressと言うそうですが)に乗って、アルプスのサン・ゴタール峠(ゴッタルド峠)を越えますが、この地名のサン・ゴタールこそ、聖ロックを癒した犬の飼い主のパラストレッリ伯爵(北イタリア、ピアチェンツァの領主でした)のことです。伯爵は飼い犬に導かれて聖ロックに弟子入りし、その後、スイスの山で苦行を重ねて、徳を積み、元々あったゴッタルド峠の地名から、聖ゴタール(サン・ゴタール)と呼ばれるようになりました。

2017040108.jpg



これは身廊からクロッシングの天井、南翼廊、内陣を眺めているところです。手前には美しい説教壇が見えています。説教壇の上には、ソンム(アミアンはソンム川渓谷に築かれた町)の天使が人差し指を空に向かって突き出しています。

2017040109.jpg



身廊の説経壇の向かいには、十字架のキリスト像があります。

2017040110.jpg



出口近くまで戻ってきました。南側廊の後陣方向を眺めています。

2017040111.jpg



身廊を眺めます。天井の高さが印象的です。身廊のヴォールトは高さが42.30メートルもあり、完全なものとしてはフランスで最も高いものだそうです。室内空間もフランスで最も大きいんだそうです。

2017040112.jpg



これは出口近くにある参事会員アントワーヌ・ニケAntoine Niquetのお墓です。ニコラ・ブラセNicolas Blassetによる素晴らしい彫刻です。先ほどの《嘆きの天使》も彼の作品です。

2017040113.jpg



一通り、大聖堂内部の写真を撮り終えて、外に出ます。ノートル・ダム広場Place Notre Dameです。配偶者が待っているカフェはこの写真からはみ出した、ちょっと左奥の建物です。

2017040114.jpg



まだ、西ファサードの詳細を見ていなかったので、3つの扉口を見ておきましょう。
これは一番左の扉口です。聖フィルマンの扉口と呼ばれています。 聖フィルマンはアミアンの初代司教でアミアンの守護聖人です。扉中央の柱の彫像が聖フィルマンです。タンパンには司教の諸像が並んでいます。扉の両側には、アミアンの聖人と天使像が並んでいます。

2017040115.jpg



これは中央の扉口です。最後の審判の扉口(美しき神の扉口)と呼ばれています。タンパンの最上層には、最後の審判を下すキリストが両手を上げた厳しい表情で描かれています。タンパンの最下層では中央の大天使ミカエルが秤で審判を受ける人々の魂の重さを量って、地獄と天国への選別をしています。その横では天使がラッパを吹き鳴らしています。タンパンの第2層は右が地獄行きの人々、左が天国行きの人々がそれぞれの道を進んでいます。運命は紙一重ですね。
扉口中央の柱には「美しき神」"Beau Dieu"と呼ばれるキリスト像が柔和な表情でこちらを見下ろしています。扉の両側には、キリストの使徒と預言者の像が並んでいます。

2017040116.jpg



これは一番右の扉口です。聖母マリアの扉口と呼ばれています。扉口中央の柱には、聖母子像があります。聖母子像の下部には、アダムとイブの物語が描かれています。タンパンには中段に聖母マリアの死と被昇天、そして、上段に聖母戴冠が描かれています。
扉の左側には、東方3博士、ヘロデ王、ソロモン王、シバの女王などの諸王が並びます。扉の右側には、大天使ガブリエルとマリアの受胎告知 、マリアのエリザベト訪問、幼子イエスを抱く聖母マリア、聖シメオンの像が並びます。

2017040117.jpg



さて、カフェで待っている配偶者のところに戻りましょう。

2017040118.jpg



カフェの配偶者も戻ってくるsaraiの姿を眺めています。

2017040119.jpg



カフェ、ラ・テラスLA TERRASSEに戻りました。

2017040120.jpg



お茶を飲みながらsaraiを待っていた配偶者は機嫌よく、ピースサインでsaraiを迎え入れてくれます。待たせて、申し訳けありませんでした。ペコッ。

2017040121.jpg



しばらく、お茶の時間です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR