FC2ブログ
 
  

アミアン大聖堂:リヨンへのTGVはただ眠り込むだけ・・・苦しい旅が続きます

2016年7月24日日曜日@パリ~アミアン~リヨン/8回目

パリParisからリヨンLyonに移動するためにパリ・リヨン駅Paris Gare de Lyonにいますが、saraiの体調はすこぶる悪くなってきます。リヨン行きのTGVの発車まで1時間半ほどあります。まだ、今日は昼食を食べていませんが、saraiはとても食事できる状況にはありません。とりあえず、駅のカフェで休みましょう。
saraiはアイスクリームくらいしか、喉を通りません。

2017040501.jpg



配偶者はパリのチーズケーキです。

2017040502.jpg



配偶者は飲み物をお願いしなかったら、さすがにチーズケーキは甘い過ぎるとのこと。ミネラルウォータを注文しようとすると、お水でしょとデカンタに入れた水を持ってきてくれます。そういえば、今回のパリでは、お水は必ずデカンタで提供され、タダ!です。昔は常に、ミネラルウォータを注文させられてたのにね。お水は、日本と同じように無料で提供されるようになったのかしらね。

saraiは熱が出てきたので、配偶者の手持ちのバッファリンを飲ませてもらいます。目いっぱい、カフェで休みます。

2017040503.jpg



TGVの発車時間が迫ってきたので、フラフラとホームを歩いてTGVに向かいます。

2017040504.jpg



これが乗車するTGVです。

2017040505.jpg



このTGVの指定席予約だけは日本国内でやりました。フランスレイルパスのパスホルダー枠は限られているので、人気区間のリヨン行きは事前に購入しておく必要がありました。お陰で指定料金が2600円、手数料が1500円と高いものにつきましたが、仕方ありません。これがその高価なTGV指定席チケット。額面では、一人9ユーロと印刷されていますが、一体、誰が差額をポケットに入れているんでしょう。どうも仕組みが納得できません。

2017040506.jpg



フラフラしながらも、TGVの車両に乗り込みます。あれっ、ファーストクラスは意外に空いています。まだ、時間が早いからでしょう。

2017040507.jpg



saraiは指定された席に座ると、リヨンに着くまでの2時間、ぐっすりと眠り込みます。その間、配偶者は車窓を楽しみます。TGVはリヨンまでノンストップですが、途中にはずっと街もないのですからノンストップも当然かもね。日本の新幹線のように人口密集地が続くのとは事情が異なります。パリを出て、30分ほどが経ちます。車窓には大平原が続きます。

2017040508.jpg



延々と麦畑が続きます。こんなに作ってどうするのでしょうね。

2017040509.jpg



風景はまったく変わりません。

2017040510.jpg



空は白い雲は多いですが、好天です。

2017040511.jpg



配偶者は飽きることもなく、車窓の変わらぬ風景に見入っています。

2017040512.jpg



たまには、緑色の畑もあります。

2017040513.jpg



基本的には茶色の麦畑が続きます。

2017040514.jpg



saraiは相変わらず眠り込んでいますから、周ってきた車掌の検札の対応も配偶者がします。

2017040515.jpg



おやっ、車窓に何やら黄色いものが見えてきます。

2017040516.jpg



なんとひまわり畑です。フランスにもあるんですね。

2017040517.jpg



とっても綺麗です。配偶者は大喜びだったようです。

2017040518.jpg



風力発電ユニットも今やお馴染みの風景です。

2017040519.jpg



美しい風景が続きます。

2017040520.jpg



パリを出て、1時間ほど経ちました。あと1時間ほどでリヨンですから、これで半分ほど過ぎたことになります。saraiは苦しそうに眠っています。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR