fc2ブログ
 
  

エル・エスコリアル修道院を訪問:またまた、バスターミナルが分からずにウロウロ・・・

2014年5月28日水曜日@マドリッド/1回目

旅の3日目、マドリッド滞在2日目です。今日はエル・エスコリアルに出掛けます。

エル・エスコリアルには立派な修道院があるのですが、目的は修道院付属の美術館にあるエル・グレコの「聖マウリシオの殉教」を観ることです。午後は雨になるとの予報なので、早く行ってきましょう。ホテルは朝食なしのプランなので、身支度をしてさっさとホテルを出ます。まだ8時を少し過ぎたところ。いつものsaraiにしては早い行動です。


IMjFrGKlBk99c5.jpg



ホテルの最寄り駅カリャオCallaoから、地下鉄3号線でバスターミナルのある駅モンクロアMoncloaに向かいます。ルートを地下鉄マップで確認しておきましょう。


qqDKDaJVA779cf.jpg



モンクロア駅に着き、バスターミナルを探します。昨日もバスターミナルを探すのに苦労しましたが、確かにバスターミナルは見付けにくいです。いったん地下の駅から地上に出て探しますが、バスターミナルがあるような感じがしません。駅に戻って案内表示を探しますが、表示もありません。おかしいですね。駅員さんに聞きますが、ここにはバスターミナルはないとのこと。英語を話せる人も少ないので、話の内容がよく分かりません。もう一度構内に入り駅を確認しますが、saraiは間違いないと確信するだけです。再び地上に出てバスターミナルを探しますが、やはり同じことで見つかりません。新聞などを売っているお店のおばさんに聞くと、ずっとまっすぐ進んだ先の地下にあるとのこと。駅からそんなに歩かされるのも変ですが指示通りに進むと、それらしいところに出ました。なんとここは昨日セゴビアからのバスが最初に着いたターミナルでした。大きな特徴的な建物があったので、一体どこどこだろうと思っていたところでした。ここはモンクロア広場で、建物は空軍司令部でした。広場には凱旋門も見えています。


m2CKN_T4Y_10ec.jpg



地下への入り口もありました!


HE9PJjdZ2f5f93.jpg



地下に下りてびっくりです。ものすごく大きなバスターミナルです。


YoopBIMFeg16f5.jpg



エル・エスコリアルへの乗り場を探しましょう。


EQ_cktvQou30bc.jpg



ようやくエル・エスコリアルへの乗り場を見つけました。3番乗り場です。


ExMXBGSRK85d86.jpg



発車時間を確認します。発車までにまだ20分ほど時間があるので、朝御飯を食べましょう。近くにパン屋さんがありました。


htTQCCsmtk1655.jpg



総菜パンが色々あります。中身が分からないのが困りますが、形で決めます。


qtYhdFxlVfe2a4.jpg



温めてくれるようなので、コーヒーと一緒にお願いします。コーヒーはもちろんミルクコーヒーです。美味しいので構いませんが、コーヒーはどうもこれしかないようです。これが今日の朝食です。


hs95icVGpgb350.jpg



パンの中身が分からず不安ですが、思いきって食べてみると、美味しい! 1つはミートソース、もう1つはホワイトソースのポテトサラダのようなものです。ずっしりと詰まっていて食べごたえもあります。



oYVeK9CbrF9021.jpg



大満足の朝御飯になりました。急いで乗り場に戻ると、長い行列が出来ていました。一番最後に並んでいた美人のお姉さんに確認すると、このバスがエル・エスコリアルに間違いなく行くようです。saraiはご機嫌な気持ちになりました。実は、意外にスペインは美人が少ないと不満だったのです。ようやく美人のお姉さんとお話が出来ました。

664番のバスに乗り込み出発です。チケットは運転手から購入します。チケットといっても、単なるレシートです。どうやらスペインのバスのチケットは、ペラペラの領収書の紙っぺらのようです。でも、エル・エスコリアルまで1人4.2ユーロです。


VxsqCybTBA0a24.jpg



バスは地下のターミナルを出て、地上の大通りに出ました。


iNDf4M81CYed8a.jpg



数分で高速道路近くに出ます。


Ixih3WyCnk73bd.jpg



高速道路を走り出し、昨日と同様にどこまでも続く広野を進みます。


OqiyGqhJ6Eb5df.jpg



バスはエル・エスコリアルに向けて、順調に走っていきます。この後は次回で。






↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR