fc2ブログ
 
  

ジュネーヴからブレゲンツに鉄道でGO!

2016年7月26日火曜日@ジュネーヴ~ブレゲンツ/8回目

ジュネーブGenèveの街の散策を終え、ホテルで預かってもらった荷物を引っ張って、ジュネーヴ中央駅(通称コルナヴァン駅La Gare de Cornavin)に向かいます。次の目的地、ブレゲンツBregenzに向かう電車での移動は約5時間の長旅です。旅のお供を仕入れていきましょう。駅のスーパーでめぼしいものをチェックします。

2017051001.jpg



“おにぎり”が豊富に並んでいます。これは意外です。しかも表記は日本語です。まさか日本人向け?

2017051002.jpg



その横にある海藻サラダも日本語表記。これは一体どういうことなんでしょう。

2017051003.jpg



でも、結局、お寿司をゲットします。本当にお寿司は簡単に手に入りますし、そんなに間違いありません。

ホームに出て、電車を待ちますが、どうしてもファーストクラスのある場所が分かりません。

2017051004.jpg



出入りする電車を眺めて研究して、見当をつけます。

2017051005.jpg



見当をつけた場所でスタンバイ。

2017051006.jpg



発車時刻5分前です。電車の到着を待ちます。

2017051007.jpg



電車がホームに滑り込んできます。チューリッヒZurich行のインターシティICです。

2017051008.jpg



予想は上手くいきました。ちょうど、ファーストクラスの車両が目の前に停車します。電車に乗りこみます。座席をばっちり確保。スイス国鉄は基本的に指定席はなく、すべて、自由席なんです。インターシティは定刻通り、発車して、ホームを離れていきます。

2017051009.jpg



ジュネーヴ中央駅の入り組んだ線路を縫うように走り出します。

2017051010.jpg



これが購入済のチケットです。ジュネーヴ~ブレゲンツ間のファーストクラスです。チューリッヒでユーロシティECに乗り換えます。

2017051011.jpg



この鉄道旅ではチューリッヒを通り、ボーデン湖のほとりのブレゲンツまで、一気にスイスを走り抜けます。ブレゲンツはオーストリアの町です。
出発して5分ほどで右手の車窓にレマン湖Lac Lémanが見えてきます。

2017051012.jpg



ワイン畑越しに見えるレマン湖は美しいですね。

2017051013.jpg



発車後、15分くらいで早速、車掌さんの検札です。スイス国鉄はフランス国鉄よりも厳格です。

2017051014.jpg



レマン湖が見えなくなり、平原と青空と雲が車窓から見えます。

2017051015.jpg



これは小麦畑かな?

2017051016.jpg



水浸しの畑の向こうに黄色いものが見えます。

2017051017.jpg



何と何と、ひまわりが真っ盛り。なんだかスイスにひまわりは意外です。でも、見事なひまわりに感激です。

2017051018.jpg



続いて、ワイン畑が美しいです。

2017051019.jpg



20分ほど車窓の景色を楽しみました。次は、腹ごしらえです。駅構内のスーパーでゲットしたお寿司を広げます。

2017051020.jpg



にぎりと巻物を美味しく頂きます。

2017051021.jpg



ランチに舌鼓を打ちました。まだ、鉄道旅は始まったばかり。スイス横断はさらに4時間続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR