FC2ブログ
 
  

Es muss sein! ロータス・カルテット:ベートーヴェン・サイクル第4回@鶴見サルビアホール 2017.6.13

何とも凄い演奏でした。批評家でもない一介の音楽愛好家としては情緒的で主観的な感想が許されるのが嬉しいところです。これまでに自分が聴いてきた室内楽のコンサートで最高のものでした。前半の弦楽四重奏曲 第16番 Op.135は第3楽章がかって聴いたことがないほどの美しい演奏で心を慰撫される思いになりました。そして、第4楽章もMuss es sein?(そうでなければならないのか?)と書き込まれた導入部の充実した響きに続いて、ポジティブで確信に満ちた主部が演奏されました。まさにEs muss sein!(そうでなければならない!)という感じです。この第3楽章から第4楽章への構成は交響曲第9番と同じですね。圧巻のフィナーレで一瞬、このチクルスもこれで完了という充実感に至りました。しかし、まだ、第4回目のコンサートの前半が終わっただけです。その高揚感のまま、後半の弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130を聴きます。この第13番が第1楽章から最高に素晴らしい演奏です。まさにEs muss sein!を実感させるような演奏です。第4楽章まで高い緊張感を保ったまま、美しい響きに耳を傾けます。そして、第5楽章のカヴァティーナの最初の響きを聴いたとき、もろくもsaraiの心は崩壊します。心の奥襞に沁み込んでくるような美しい音楽が心に突き刺さり、感動の涙が止まりません。その後は放心状態。最後の大フーガも素晴らしい演奏でしたが、アドレナリン不足の状態なので遠くで音楽が響いているような感じでした。それでも壮大なフィナーレには深い感銘を受けました。
音楽って、何て、素晴らしい!!

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  弦楽四重奏曲 第16番 ヘ長調 Op.135

   《休憩》

  弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 Op.130

   《休憩》

  大フーガ 変ロ長調 Op.133

個々の曲に細かい感想はありますが、このブログは音楽批評ブログではないので、こんなに感動したコンサートの些細な話は省略させてください。
それにしても、音楽に国境はないということは分かっていますが、日本人演奏家がヨーロッパ文化の最も深い(とsaraiが勝手に思っている)ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲をこんなにパーフェクトに演奏するのは驚愕以外の何物でもありません。ヨーロッパ在住の日本人が里帰り公演でこんな素晴らしい、それも多分、ヨーロッパでもそんなには聴けないような演奏をするんだったら、有り難がって、わざわざヨーロッパ遠征をして音楽を聴いているsaraiは何をやっているのか、ばかばかしい感じもします。時代が変わったんでしょうか。

明日は、いよいよ最終日。第15番と第14番という超ド級のプログラムです。このまま、さらにステップアップするんでしょうか。ロータス・カルテット、恐るべし!!

因みに関係ない話で恐縮ですが、Muss es sein? Es muss sein!で思い出しました。比較的、最近、読んだチェコ出身の作家ミラン・クンデラの小説《存在の耐えられない軽さ》で、小説のメインモティーフになっていたのが、この弦楽四重奏曲 第16番のMuss es sein? Es muss sein!です。政治状況の悪かったチェコを出て、スイスの病院に勤務していた主人公の外科医トマーシュは一緒に暮らしていた恋人のテレザの突然のチェコへの帰国を受けて、このEs muss sein!(そうでなければならない!)の言葉を発して、あえて、苦しい決断をして、彼女のあとを追って、チェコに帰国します。そもそも彼にベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第16番を聴くことを勧めたのは誰あろう、テレザだったんです。第4楽章に書かれている表題はDer schwer gefaßte Entschluß(苦しい決断の末)です。トマーシュもまた、ベートーヴェンの音楽に魅入られたように苦しい決断をして、表面的には転落の人生に落ち込んでいきます。でも、何が人の幸福なのか・・・それも人生、あれも人生ですね。この小説がハッピーエンドなのか、そうでないのか、それは読んだ人の人生の価値観に依るでしょう。ベートーヴェンだって、苦しい状態で後期の弦楽四重奏曲を書いたのがよかったか、悪かったか・・・そんなことは問題ではないでしょう。人生はすべからく、Es muss sein!ですからね。念のためですが、saraiはこの小説はハッピーエンドと信じて、感動しました。saraiも人生は Es muss sein! と信じて疑わない人間です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ブログ運営者様
先日連絡したTripPartner運営事務局です。(https://trip-partner.jp/ )
弊社海外情報メディアとの相互送客、もしくは弊社サイトでの記事執筆(2500円~4500

10/11 14:45 スカウトチーム

たまらんさん

saraiです。来年5月の一世一代のプロジェクト、着実に進めています。さて、どうなりますか・・・。

コンセントの変換器ですが、ロードウォーリアという優れ

10/03 08:35 sarai

ご無事でなによりです。
この壮大な計画を見てしばらくボーっとしていました。アゼンというか
凄いですね。ウィーンのレポートのお礼を言うのも忘れてしまいました。
あり

10/03 06:22 たまらん

たまらんさん

saraiです。一応、ご希望に沿いましたが、いかが?

09/29 14:51 sarai

マドレーヌさん、配偶者です。

お褒め頂き、ありがとうございます。

馬子にも衣装ですね。

この着物は、結城紬です。

母から譲り受けたもので、私のお気に入りです。

09/29 14:49 sarai

こんにちは。

毎日ブログを楽しみにしておりました。
もう旅も終盤ですね。

今日のお二人のお衣装素敵ですね。
奥様のお着物は大島紬でしょうか?
さりげなくそしてシッ

09/28 17:51 まどれーぬ

演奏会へのお写真、期待しております。
ウィーンの美味しいお店情報も楽しみです。

09/27 20:52 たまらん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR