FC2ブログ
 
  

ザンクト・アントンのハイキング:試練が続くハイキング・・・お馬さんや電気柵がとうせんぼ

2016年7月28日木曜日@ザンクト・アントン~イェンバッハ/14回目

ヴァルーガ山頂駅Vallugaから麓のザンクト・アントンSankt Anton am Arlbergに向かって、ハイキングしているところです。マイエン湖MaienseeからゼンヒュッテSennhütteまでのとても長いマイエン・ハイキング道Maienwegを歩いています。歩いても歩いてもゼンヒュッテは遠いというのが実感です。石で固められた階段のような下り坂を歩いていきます。

2017062201.jpg



下り坂の先には、また、道標があります。分かれ道になっていますが、ゼンヒュッテへの案内があるので、安心です。

2017062202.jpg



2本の木の間に妙な扉があります。もちろん、これを開けて進みますが、何でしょうね。実は柵の端っこなんです。

2017062203.jpg



道のまわりにブルーベリーがあります。好きな人は摘むのでしょうね。saraiと配偶者は生憎、好みではありません。後で見かけましたが、ベリーを摘んで食べている子もいました。籠いっぱいに持っている人もいました。ハイキングの楽しみ方はいろいろです。

2017062204.jpg



また、高圧線の鉄塔です。結局、高圧線に沿って、歩いてきました。

2017062205.jpg



道標を確認しながら、進みます。

2017062206.jpg



またまた、鉄塔です。

2017062207.jpg



下のほうに妙なループがあります。どうやら、地面の下を自動車専用道路が走っているようです。この道路はアールベルク通りArlbergstraßeのようです。このあたりだけが半地下トンネルになっています。その上の地面には馬が放牧されています。

2017062208.jpg



道標に従って進みます。

2017062209.jpg



お馬さんが放牧されているところに出ます。お馬さんの横を通らないと先に進めません。お馬さんの鼻先を失礼して慎重に通り抜けます。

2017062210.jpg



ところで、ほかのハイカーの方からカメラのシャッターを切ってほしいと依頼され、お馬さんの前で写真を撮ってあげました。すると、お返しにsaraiと配偶者の写真も撮ってあげるよとのことで海外では珍しく仲良く記念撮影と相成りました。それもお馬さんと一緒に写真に納まります。

2017062211.jpg



お馬さんの横を通り抜けた先は広い道が整備されています。

2017062212.jpg



そこから振り返ると、お馬さんが草を食んでいるのが遠くに見えます。

2017062213.jpg



路傍に道標が無残にも倒れています。困りますね。

2017062214.jpg



ひとしきり歩いていくと電気柵にとうせんぼされます。

2017062215.jpg



この電気柵は下をくぐれないことはないのですが、ハイキングルートでそんなことはありえませんね。さて、どうしよう? ちょっと思案して、引き返そうかと迷います。すると、意外な救世主が現れるんです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR