FC2ブログ
 
  

ザンクト・アントンのハイキング:ゼンヒュッテに到着

2016年7月28日木曜日@ザンクト・アントン~イェンバッハ/16回目

ヴァルーガ山頂駅Vallugaから麓のザンクト・アントンSankt Anton am Arlbergに向かって、ハイキングしているところです。ゼンヒュッテSennhütte近くになると、あたり一帯が綺麗に整備された公園になっています。ベンチはもちろん、たくさん設置されています。

2017062401.jpg



ここからのチロルの山々の眺めも格別です。

2017062402.jpg



公園スペースの中に展望鑑賞デッキのようなものが突き出しています。そこから、チロルの景色を思いっ切り堪能します。

2017062403.jpg



これがsaraiが眺めていたチロルの景色です。写真では、その素晴らしさがすべてお伝えできないのが残念です。

2017062404.jpg



高圧線の鉄塔の連なっていく先はザンクト・アントンの町でしょうか。

2017062405.jpg



さて、また、木道を歩いて、ゼンヒュッテに向かいます。ゼンヒュッテはもうすぐの筈です。

2017062406.jpg



木道が連なって続いています。

2017062407.jpg



歩きにくそうなところはすべて木道になっています。公園エリア内の整備が最高です。

2017062408.jpg



どんどん歩いて行くと、ようやくゼンヒュッテが見えてきます。

2017062409.jpg



こうなると自然に足が早まり、ゼンヒュッテに突進です。とはいえ、もう足はがくがくです。

2017062410.jpg



遂にゼンヒュッテの入り口の木の門です。粗末な門ですが、疲れたsaraiには天国の門に見えます。

2017062411.jpg



ゼンヒュッテの真上の丘にやってきました。

2017062412.jpg



まわりは水が引かれている不思議なガーデンになっています。

2017062413.jpg



ロープウェイのゴンドラが動いています。朝、最初に乗ったロープウェイ、ガルツィックバーンGalzigbahnです。ようやく最終地点近くに到着しました。

2017062414.jpg



ゼンヒュッテの前に行くと、何とエーデルワイスの花が咲いています。といっても野生ではなく、鉢植えです。

2017062415.jpg



エーデルワイスの花を見て、チロルに来たことを実感します。さあ、ゼンヒュッテで一服しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR