FC2ブログ
 
  

シューベルト&ショスタコーヴィチ ツィクルス II:ハーゲン・カルテット@トッパンホール 2017.7.4

ハーゲン・カルテットの〈ハーゲン プロジェクト 2017〉と銘打った3夜連続のコンサート・シリーズの2夜目です。シューベルトとショスタコーヴィチの後期の作品を並べたものですが、今日は2人の最後から2番目の弦楽四重奏曲、第14番が演奏されました。

前半のショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第14番は昨日の第3番に比べると、創作力自体は下回っているかもしれませんが、晩年のショスタコーヴィチの思いが詰まったような作品で大変聴き応えがありました。特に第2楽章のアダージョの悲哀に満ちた音楽を第1ヴァイオリンのルーカス・ハーゲンが表情たっぷりに演奏し、合の手にチェロのクレメンス・ハーゲンがリッチな響きで応えるという風情は素晴らしいものでした。途中、慟哭のように4人が凄い響きで奏するパートの盛り上がりも大変なものでした。ショスタコーヴィチは自分の人生を重ねたのか、あるいは矛盾に満ちた政治状況を告発したのか定かではありませんが、思いのたけが詰まった音楽です。そして、第3楽章のコーダは哀愁に満ちた雰囲気で静かに音楽を閉じていきます。ハーゲン・カルテットの成熟した音楽性が遺憾なく発揮された素晴らしい演奏でした。

後半のシューベルトは昨日ほどではないにしても、やはり、素晴らしい演奏でした。とりわけ、両端楽章の気迫に満ちた演奏が圧倒的でした。第4楽章は終始、その迫力に魅惑される思いで聴きましたが、コーダの高潮ぶりは凄まじいものでした。有名な第2楽章、《死と乙女》の主題と変奏ですが、これはハーゲン・カルテットとしては普通の出来に思えました。昔日の演奏、ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団、ブッシュ四重奏団の鄙びたような味わいの演奏はもう今日的なカルテットの演奏では不可能とも思えてしまいます。20世紀の中頃までの時代でないと出せない味わいではないかと思えてなりません。今日はもしかしたら、ハーゲン・カルテットが時代を遡った奇跡のような演奏を聴かせてくれるかとも期待しましたが、見果てぬ夢に終わりました。まあ、これもsaraiの趣味の問題かもしれません。ああいう昔日の名演奏に捉われてしまっているんです。第2楽章を除けば、理想的とも思えるシューベルトの演奏で満足しました。

今日のプログラムは以下のとおりです。

 〈ハーゲン プロジェクト 2017〉シューベルト&ショスタコーヴィチ ツィクルス II

ハーゲン・カルテット Hagen Quartett
    ルーカス・ハーゲン Lukas Hagen (ヴァイオリン)
    ライナー・シュミット Rainer Schmidt (ヴァイオリン)
    ヴェロニカ・ハーゲンVeronika Hagen (ヴィオラ)
    クレメンス・ハーゲン Clemens Hagen (チェロ)

  ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第14番 嬰ヘ長調 Op.142

   《休憩》

  シューベルト:弦楽四重奏曲第14番 ニ短調 D810《死と乙女》

   《アンコール》

  ハイドン:弦楽四重奏曲 変ロ長調 Op.76-4より 第2楽章 アダージョ



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ハーゲン・カルテット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR