FC2ブログ
 
  

歴史を刻む田部京子のシューベルト・プラス 第2回@浜離宮朝日ホール 2017.7.14

何という未曽有の高みのピアノ・リサイタルでしょう。この言葉は実質、今年3回目ですが(アンドラーシュ・シフのベートーヴェンとシューベルトのソナタ、アンジェラ・ヒューイットのバッハ)、今日のピアノ・リサイタルが最高とも思えたほど、素晴らしい内容の演奏ばかりでした。それに田部京子の魅力的なこと・・・音楽も容姿もお人柄も。生涯、忘れ得ぬコンサートになりました。

いつも書くことですが、素晴らしい演奏を言葉で表現することは大変難しいことです。何とか表現してみましょう。田部京子の演奏は素晴らしいテクニックをベースとして、実に丁寧なアーティキュレーションとフレージングの表現が見事で、聴くものがその音楽にぐっと惹きつけられます。しかし、本当に凄いのはそういうことではなくて、彼女の優しく心の襞を撫でてくれるような深い詩情、あるいは味わい(初めて経験するような感覚なので適当な言葉が思い当たりません)に満ちた演奏です。
最初演奏されたベートーヴェンの後期ピアノ・ソナタも世の大家たちをうならせるほどの充実度ですが、続くシューベルトの2曲はこれまで耳にしたことのないような最高の音楽が展開されて、魅了され尽します。その結果として得られるのは、頭が真っ白になるような感動ではなく、演奏の隅々までじっくりと味わい尽くした上で、その深い詩情に酔わされることです。

この人は世界の音楽史に名を刻むような最高のピアニストの一人として称えれる存在になるだろうとsaraiは確信しました。それほど、完成度が高く、芸術性も極上の演奏でした。もう、これ以上言うべき言葉は持ちませんが、一応、簡単にそれぞれの曲の演奏に触れておきましょう。

まず、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110、これはベートーヴェンの最後から2番目のピアノ・ソナタですが、第3楽章の演奏についてだけ、感想を書いてみます。嘆きの歌と呼ばれるベートーヴェンの絶唱が極めて美しく演奏されますが、フーガを挟んで2回目に登場するときは抑えた表現で切々と哀切に演奏されます。苦しいベートーヴェンの胸の内、あるいはすべての人の苦しみを代弁しているかのようです。フーガは1回目には、まるで水の波紋が広がるような実に自然でさりげないスタイルで演奏されますが、2回目には、まるで神の領域に上り詰めるような神々しい表現の演奏に変わります。そして、圧倒的なコーダで曲を閉じます。考え抜かれた知的なアプローチなのでしょうが、それを感じさせない深い味わいの演奏でした。田部京子はもはやベートーヴェン弾きと言ってもいいのではないかという境地にあるようです。

こんな素晴らしいベートーヴェンを最初に弾いてしまうと、後のプログラムが厳しいと思いましたが、それは杞憂です。続くシューベルトの4つの即興曲 D. 899 Op. 90は4曲とも最高に素晴らしい演奏です。第1曲の長さを感じさせない美しい演奏で幕を開け、第2曲の流麗な美しさ、第3曲の郷愁を感じさせる歌謡性、そして、圧巻だったのは第4曲です。この曲って、こんな風に演奏するのって、目を見開かせるような見事過ぎる演奏・・・いまだかって聴いたことのない最高レベルの演奏でした。

休憩後、シューベルトのピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D. 958です。これはシューベルトの最後から3番目のピアノ・ソナタですが、実際は最後の3つのピアノ・ソナタは同時並行的に作曲されたそうで、すべてが最後のピアノ・ソナタと言えるそうです。第1楽章の劇的かつシューベルトチックな表現の見事さ、第2楽章のうっとりするような抒情、第3楽章の気持の高揚、そして、終楽章のあまりにも魅惑に満ちたパッセージの数々が最高の表現で演奏されて、このピアノ・ソナタの素晴らしさが心に響きました。もちろん、今日の最高の音楽はこれでした。

もう、これだけで十分に満足しました。しかし、アンコールも2曲も弾いてくれました。それにしても、アンコールの最後で聴かせてくれたD. 935 Op. 142の即興曲(第2曲)の天国的な美しさはどうでしょう! この曲はシューベルトのピアノ曲のなかでもsaraiが最も愛する曲です。これまでも素晴らしい演奏の数々を聴いてきましたが、これはその中でも飛びっきりの最高の演奏です。うっとりと夢見心地になって、聴いていました。

今日のプログラムは以下です。

  田部京子シューベルト・プラス 第2回

  ピアノ:田部京子
 
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 Op.110
シューベルト:4つの即興曲 D. 899 Op. 90

  《休憩》

シューベルト:ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D. 958

  《アンコール》

ベートーヴェン:6つのバガテル~第3曲 アンダンテ 変ホ長調 Op.126-3
シューベルト:4つの即興曲 D. 935 Op. 142~第2曲 アレグレット 変イ長調 Op.142-2

お世辞抜きで田部京子は日本を代表する・・・というか、世界的にも、ドイツ・オーストリアの古典を最高レベルで演奏するピアニストです。ちゃんと田部京子のソロのリサイタルを聴いたのは今日が初めてですが、またまた、己の不明を恥じるばかりの結果になりました。先日のロータス・カルテットに続いて、日本人演奏家の素晴らしさに感銘を受けました。
それにしても、今年はピアノの当たり年。アンドラーシュ・シフ、アンジェラ・ヒューイット、田部京子の3人の演奏は最高でした。しかも今年は彼らの演奏をまた、聴けます。アンドラーシュ・シフはもうすぐザルツブルク音楽祭で連続演奏会を、アンジェラ・ヒューイットは秋の来日リサイタルでバッハのパルティータ全曲を、田部京子はこのシューベルト・プラス・リサイタル・シリーズの3回目を聴きます。そうなんです。今日、会場で次の田部京子のリサイタルのチケットが先行発売されて、最上の席をゲットしました。次はシューベルトのピアノ・ソナタ 第20番 イ長調 D. 959です。また、最高の名曲です。それにブラームスの晩年の傑作、4つの小品 Op.119も聴けます。音楽の楽しみは尽きません。音楽を聴きながら、老いていくのも、結構なものです。



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       田部京子,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR