FC2ブログ
 
  

ガランチャ・メゾソプラノ・リサイタル@モーツァルト劇場 2017.8.3

久々に聴くガランチャの歌声は全音域にわたって、美声が響き渡ります。とりわけ、ソット・ヴォーチェの素晴らしいピュアーな声には参ります。ガランチャの場合、ソット・ヴォーチェと言ってもよく響きますから、クリアかつ繊細です。もちろん、持ち前のドラマチックな超ど級のフォルテッシモの響きは驚異的です。ですから、低域から高域まで、pからffまでの声を駆使して歌われる表現の幅の広さは彼女にしか歌えないと思わせられます。もちろん、ガランチャは歌だけでなく、演技力もありますから、オペラのほうが本領を発揮できるという見方もありますが、今回、初めて、彼女の歌曲を聴いてみて、歌曲においても、頭抜けたものを持っていると感じました。

前半のプログラムはブラームスでしたが、あまりに美声で歌われる歌につい聴き惚れてしまいました。歌の表現うんぬんの前にこれほどの美声で歌われると何も言うことがありません。≪私たちは歩き回ったWir wandelten, op. 96/2≫の美しさにはうっとりと聴き入るばかりです。pの高音の美しさ、繊細さ、そして、安定した中低域。ブラームスが書いた愛の歌が心に迫ります。最後の≪永遠の愛Von ewiger Liebe, op. 43/1≫はキルヒシュラーガーのCDで愛聴して止まない歌ですが、ガランチャはサビの部分で見事に高潮した歌声で感銘させてくれます。まあ、この歌ばかりはキルヒシュラーガーの絶唱を上回ることは難しいですが、それでも十分に堪能させてくれました。前半のプログラムのブラームスはフィンク、キルヒシュラーガーに並び立つ素晴らしさで魅了してくれました。

後半のプログラムはデュパルクの歌曲3曲で始まります。前半のブラームスでは表現上、抑えた歌声でしたが、デュパルクでは思いっきりの響きで圧倒してくれます。ブラームス同様、とてつもない美声の歌声です。まあ、それだけで十分なのですが、デュパルクらしい粋という点では、フランス系の名歌手には残念ながら及ばないのも事実です。ですが、これほどの美声で歌われるデュパルクというのも驚異的ではあります。
続くラフマニノフですが、これはどこをとっても素晴らし過ぎるというのが実感です。ラフマニノフの切なくて熱く燃える心情が余すところなく歌われます。ガランチャの美声とドラマティックな表現が遺憾なく発揮されて、最高のラフマニノフに仕上がっていました。これほどまでにラフマニノフを歌えた歌手はいなかったのではないでしょうか。ヴィシネフスカヤもびっくりという感じです。メゾソプラノとは言え、ソプラノ歌手も凌駕し、さらにメゾの利点を発揮した究極の歌唱です。

アンコールの3曲目、ピアノ伴奏が始まったとたん、あまりの嬉しさで跳び上がりそうになります。先日、R・シュトラウスのガルミッシュ・パルテンキルヒェンの山荘前で聴いた≪明日の朝≫です。本来、ソプラノが歌う曲ですが、そのハンディをものともせずに素晴らしい歌唱で魅了してくれました。saraiの愛聴曲ということもあり、今日、最高の歌でした。

今日のプログラムは以下です。

 メゾソプラノ:エリーナ・ガランチャ
 ピアノ:マルコム・マルティヌー

 ブラームスの歌曲
 愛の誠実Liebestreu, op. 3/1
 愛と春 II Liebe und Frühling II, op. 3/3
 秘密Geheimnis, op. 71/3
 私たちは歩き回ったWir wandelten, op. 96/2
 おお 可愛いほほよO liebliche Wangen, op. 47/4
 サッフォー風のオードSapphische Ode, op. 94/4
 「マゲローネのロマンス」~憩え、いとしい人よRuhe, Süßlichen, im Schatten, op. 33/9
 おお、帰り道を知っていたならばHeimweh II, op. 63/8
 昔の恋Alte Liebe, op. 72/1
 乙女の歌Mädchenlied, op. 107/5
 五月の夜Die Mainacht, op. 43/2
 私は夢を見たEs träumte mir, op. 57/3
 落胆Verzagen, op. 72/4
 永遠の愛Von ewiger Liebe, op. 43/1
 
  ≪休憩≫

デュパルクの歌曲
 戦いの起こった国へAu pays où se fait la guerre
 恍惚Extase
 フィデレPhidylé

ラフマニノフの歌曲
 いや、お願いだ、行かないでO,net,molju,ne ukhodi! op. 4/1
 私は悲しい恋をした Poljubila ja na pechal’ svoju op. 8/4
 夕暮れ Sumerki op. 21/3
 彼女たちは答えたOni otvechali op. 21/4
 私はあなたを待っているJa zhdu tebja op. 14/1
 リラの花Siren’ op. 21/5
 夜は悲しい Noch’ pechal’na op. 26/12
 「美しい人よ、私のために歌わないで」(6つの歌)Ne poj,krasavitsa,pri mne op. 4/4

  ≪アンコール≫

 ブラームス:?
 ラフマニノフ:?
 R・シュトラウス:明日の朝Morgen! Op.27-4



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR