FC2ブログ
 
  

オペラ《ムチェンスク郡のマクベス夫人》ヤンソンス指揮ウィーン・フィル クリーゲンブルク演出@ザルツブルク祝祭大劇場 2017.8.5

やはり、ザルツブルク音楽祭は凄い。先日のクルレンツィス指揮ムジカエテルナは今までの音楽の価値観を打ち砕くような演奏でしたが、ヤンソンス、ウィーン・フィルとくれば、驚くべきレベルのオペラを聴かせてくれます。

このオペラはなかなか音楽が難解ですが、オペラ自体を一言で言うとこうなります。愛の不毛は心が凍り付くような恐怖。どこにも救われるところはありません。フィナーレでは配偶者の愛にすがりつきたくなったsaraiでした。

このオペラを見事に表現したのはヤンソンスの力です。こういう音楽で彼がウィーン・フィルを振ると、あの優美で柔らかい響きを持つウィーン・フィルも暴力的ともいえる野性的な響きに変身します。その対極で繊細な音楽も奏でて、愛の不毛とその結果である底なしの恐怖を徹底的に暴き出します。ヤンソンスの棒に応えたウィーン・フィルも底なしの実力です。

歌手もまあよかったのですが、これはオーケストラの演奏を楽しむオペラでしょう。伝統のウィーン・フィルと巨匠ヤンソンスはさすがの超ど級の演奏で、そう簡単に、クルレンツィスとムジカエテルナに牙城を明け渡しませんね。

また、ウィーン国立歌劇場でオペラを見たくなりました。

今日のプログラムは以下です。

 ショスタコーヴィチ:歌劇「ムチェンスク郡のマクベス夫人」

 指揮:マリス・ヤンソンス
 管弦楽:ウィーン・フィル
 演出:アンドレアス・クリーゲンブルク

 カテリーナ:ニーナ・シュテンメ
 ボリス:ディミトリー・ウリャノフ
 セルゲイ:ブランドン・ヨヴァノヴィッチBrandon Jovanovich


多分、この公演はNHKでも放映するでしょうから、その凄さを皆さんも味わってくださいね。ヨーロッパで聴くオペラの凄さを体感しました。そうそう、saraiはヤンソンスに最も近い最上の席でヤンソンスと一緒に指揮している感覚を味わいました。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR