FC2ブログ
 
  

シュテファン・ツヴァイクとの邂逅:旅の17日目

今日が最後の現地報告になります。午前11時からのモーツァルト・マチネをモーツァルテウム大ホールで聴き、夜はショスタコーヴィチのオペラ≪ムチェンスク郡のマクベス夫人≫を祝祭大劇場で聴いたのがメインの日程です。これで音楽三昧も明日のウィーン・フィルのコンサートを残すのみになりました。

そのコンサートとオペラの間を縫って、懸案のシュテファン・ツヴァイクのザルツブルクのヴィラを見にカプツィーナー山に行きます。何故、そんなにこだわるかというと、彼の素晴らしい著作≪昨日の世界≫の中でこのザルツブルクのヴィラでの生活が詳しく記されていたからです。先日、シュテファン・ツヴァイク・センターを訪れた際、女性スタッフから詳しく場所を訊いていたので、きっと見つかるでしょう。カプツィーナー山に登るのは2度目なので、道はちゃんと分かっています。キリストの十字架像の飾ってある東屋に向かって坂道を上ります。十字架像を過ぎると、カプツィーナー修道院があります。この修道院の前あたりがツヴァイクのヴィラです。木々で覆われていますが、隙間からヴィラが何とか見えました。今は個人所有で公開されていません。いったん、山道を登って、山の上にあるレストランに向かいます。前回同様、大変な坂道でへとへとになります。レストランでまずは氷入りのオレンジジュースを飲んで、一息ついてから、ランチをいただきました。やはり、前回同様、とても美味しい料理です。すっかり元気になったところで今度は坂道をぐんぐん下ります。また、十字架像のあたりに戻ります。十字架像の横あたりからのほうがツヴァイクのヴィラはよく見えますが、やはり、樹木の隙間からです。十字架像の前の石段を下りると、そこに何とヴィラの入り口があります。表示は5番地になっています。間違いありません。入り口からはヴィラの正面が見えます。木々があるので、すべて見渡せるわけではありませんが、これがベストです。

2017080501.jpg



やはり、大きな屋敷だったんですね。ナチスの圧力でこの屋敷を去る際のツヴァイクの心境が分かります。
これでザルツブルクでやり残したことはありません。ザルツブルク訪問もこれで最後になるかもしれませんが、心にひっかかっていたことが霧消しました。

この続きは帰国後に書きます。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR