FC2ブログ
 
  

フェルゼンライトシューレ初見参

2016年7月31日日曜日@ザルツブルク/1回目

旅の12日目、ザルツブルクSalzburgの2日目です。

昨日ザルツブルク中央駅Salzburg Hbfに降り立つと、ムッとするような暑さ。これは困ったと思ったのですが、陽が落ちると少し涼しくなり、今朝の明け方にはお布団を引き寄せる涼しさ。配偶者によると、日曜礼拝の鐘がたまらなくうるさく鳴り響く(教会がホテルの目の前)のにたたき起こされてみると、涼しさを通り越して冷たいほどの風が吹いていたそうです。ありがたいですが、このような風は雨を呼ぶのですよね。案の定、空は怪しげに曇っています。
saraiは、教会の鐘の音にもめげずに10時半まで爆睡。
ようやく起き出して、saraiと配偶者はホテルの近くのカフェに朝食兼ランチをしに出かけます。ホテルを出て、路地に出ます。

2017090601.jpg



ホテル前の路地、リンツァーガッセLinzer Gasseをぶらぶらしながら、カフェに向かいます。この路地はカプツィナー山Kapuzinerbergに沿って、ザルツァッハ川Salzachに架かるシュターツ橋Staatsbrückeのほうに続いています。

2017090602.jpg



カフェのオープンテラスのテーブルにつくと、軽食とコーラのセットメニューがあったので、それをお願いします。が、配偶者は、コーラはどうもね・・・と言い出します。メニューの中にミルクと言うのがあったので、コーラをミルクに変更してもらえないかとお願いします。しかし、日曜日でお手伝いしていると思われる中学生くらいの女の子に、なかなかこれが通じません。絵やメニューや身振り手振りで何とか分かってもらえたようなのですが、出てきたのが泡立ちミルクのようなもの。配偶者は普通の暖かいミルクでよかったのにとぶつぶつつぶやいています。でも、結局は面白い飲み物だったと納得しています。

2017090603.jpg



メインはハムとチーズを挟んだホットサンドです。

2017090604.jpg



トマトケチャップが容器ごと出てきたのには驚きます。ソーセージ用でしょうね。

2017090605.jpg



ところで、追加でお願いしたゆで卵が出てきません。とっても忙しいお店で、お客さんが次から次へとパンを買いにくるので、なかなか女の子に言うタイミングがありません。ようやくゆで卵がまだよと伝えますが、これがまた通じません。メニュー表を指差すと、女の子からようやく出た言葉が「あっ、忘れてた・・・」。それから女の子が作るのを待って、ようやくゆで卵がいただけます。でも、出来栄えはsarai好みの超半熟で、大喜びします。美味しく頂きました。

2017090606.jpg



食事を終えて、また、路地を歩いて、いったん、ホテルに戻ります。リンツァーガッセは結構、人通りの賑やかな路地です。

2017090607.jpg



ホテルに戻って、saraiはせっせとブログ書き。配偶者は読書。ゆったりとした午後です。というのも、今日は午後3時からのオペラと夜8時半からのコンサートのダブルヘッダーですから、それまでは待機状態なんです。オペラはフェルゼンライトシューレFelsenreitschuleでモーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》。フェルゼンライトシューレは直訳すると岩窟乗馬学校で、乗馬学校の裏の岩山を利用した劇場です。映画《サウンド・オブ・ミュージック》でコンクールの会場になっていましたね。saraiは初体験です。ところで、saraiはこのオープンエアの劇場は今日の雨模様の天気で大丈夫かと気をもみます。が、配偶者は、屋根があるという話を何かで見た気がすると主張。急いで調べてみると、今は開閉式の屋根が付いているので天候には左右されないとのとことで、一安心です。開演時間が近づきます。では、出かけましょう。バスに乗っていきます。バスのチケットは1週間乗り放題チケットを購入します。一人15.5ユーロと大変お得なチケットです。

2017090608.jpg



カラヤン広場Herbert-von-Karajan-Platzのバス停で下車します。通りの先にザルツブルク祝祭大劇場Großes Festspielhausがあります。その前の通りホーフシュタルガッセHofstallgasseはがらんとしていますが、その先にあるフェルゼンライトシューレのあたりはもう人だかりがしています。

2017090609.jpg



祝祭大劇場の壁には今日のオペラ、《コジ・ファン・トゥッテ》のポスターが貼られています。

2017090610.jpg



これまた、楽しみにしているオペラ、R・シュトラウスの《ダナエの愛》のポスターがあります。

2017090611.jpg



これは明日聴くトーマス・アデスの新作オペラ《皆殺しの天使》のポスターです。

2017090612.jpg



フェルゼンライトシューレの前は着飾った多くの観客が集まっています。

2017090613.jpg



これがフェルゼンライトシューレの入り口です。早速、中に入りましょう。開演25分前です。

2017090614.jpg



これがフェルゼンライトシューレのロビーです。あれっと思います。そうです。ここはモーツァルト劇場Haus für Mozartのロビーでもあります。実はフェルゼンライトシューレとモーツァルト劇場はロビーを共用しているんです。フェルゼンライトシューレへはこのロビーから出入りできます。

2017090615.jpg



ということは、フェルゼンライトシューレとモーツァルト劇場は同時に公演できないんでしょうか。まあ、同時に公演するほど、プログラムが立て込むことはないでしょうけどね。開演20分前なので、ロビーの様子をぐるっと見てまわったら、フェルゼンライトシューレのホール内に入りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR