FC2ブログ
 
  

ザルツブルガー・ノッケルン美味し!!

2016年8月1日月曜日@ザルツブルク/1回目

旅の13日目、ザルツブルクSalzburgの3日目です。

教会の前のホテルというのは考え物ですね。配偶者は今日も鐘の音で目が覚めたそうです。もっともsaraiは平気で寝ていました。それでも、昨夜は早めに寝たせいか、saraiも9時には起床。でも、昨日のコンサートのブログ記事を2つも書き洩らしています。早速、執筆業に取り掛かります。と言うわけで、配偶者は朝食の買出しに出かけます。

以下、配偶者の朝食買い出しの様子です。買い出し先は昨日朝食を食べたカフェです。今日は月曜日で学校があるのでしょう。女の子ではなくママが店番です。サンドイッチとクロワッサンとりんごのパンを購入。ホテルに戻ります。以上、配偶者の朝食買い出しの巻でした。

このホテルは、部屋に湯沸かし器などはないのですが、食堂のコーヒーマシンは無料で自由に使えます。なかなか便利です。部屋で美味しく気楽に朝食を頂きます。saraiは朝食後、執筆業に復帰。配偶者は『子供の初めてのお使い』もどきに出かけます。

以下、配偶者の『初めてのお使い』の様子です。もっとも、パンの買出しも初めてのお使いでしたけどね。今度は切手を買いに行きます。昨日、レセプションのお姉さんに切手が欲しいとお願いすると、金庫の中を探してくれましたが見つからず、明日は用意しておくわと言ってくれました。今朝のレセプションのお兄さんは、ここには切手はないからタバッキ(タバコ屋)で買ってねと言い、タバッキは100m先だと教えてくれたのです。タバッキは見た目は小さなお土産屋のようなものですから、よく見ないと見逃します。タバッキは上手い具合に見つかりました。が、店の主人が言うには、ここには置いてないから郵便局に行けとのこと。郵便局は、目の前の通りを真っ直ぐ行き、2つ目の角を左(多分そんなことを言ったと思う)だと教えてくれます。行くっきゃありません。2つ目の角でその先をうかがいますが、ビルが立ち並んでいるだけで、何があるかなんてわかりません。郵便関係は黄色と決まっているので、何か黄色いものはないかと目を凝らすと、木陰に小さなポストを発見。やりましたね。その前に行っても、小さな文字でPOSTと書いてあるだけで、どこが入り口かも分かりません。おばさんが建物に入っていくのに付いていくと、そこが郵便局でした。他の客に混じって順番を待ちます。ようやく自分の番になり、無事に切手を買うことが出来ます。さらにその場で絵葉書も受け取ってくれます。切手は2枚余分に買っておきます。これからのことがありますからね。
帰り道、空を見上げると、真っ青な青空です。今夜は着物を着る予定なので、雨の心配がないのは嬉しいのですが、暑くならないでね。これって贅沢なお願いでしょうか。
というのが、配偶者の小さな冒険だったそうです。

ようやくsaraiが昨日のブログを書き上げたので、出かけましょう。今日は特に予定はなく、休養の1日です。ふらふらと出かけます。ホテル前の路地、リンツァーガッセLinzer Gasseを抜けて、大通りのシュヴァルツ・シュトラーセSchwarzstraßeに出ます。

2017090901.jpg



ザルツァッハ川Salzachに架かるシュターツ橋Staatsbrückeの先には、ホーエンザルツブルク城Festung Hohensalzburgが見えています。

2017090902.jpg



シュターツ橋の手前には綺麗な花壇があります。ザルツブルクは夏も花の季節です。

2017090903.jpg



ここで、saraiが、昼食代わりにホテル・ザッハーでザルツブルガー・ノッケルン(ザルツブルクの名物お菓子)を食べようと提案します。今までにザルツブルガー・ノッケルンに2回チャレンジしましたが、いつも食べきれずに惨敗。3つの山を連ねた形のスフレでとっても大きいのです。デザートに食べようとするから駄目なのだから、昼食代わりなら食べられるだろうという作戦です。それもいいねって、配偶者も同意。ホテル・ザッハーのカフェはすぐ近くです。1分後にはカフェ・ザッハーの前に到着します。

2017090904.jpg



カフェに入り、ザルツブルガー・ノッケルンと紅茶をお願いします。カフェ・ザッハーの店内は豪華ですね。

2017090905.jpg



明るい窓際の席でゆったりとザルツブルガー・ノッケルンが焼けるのを待ちます。

2017090906.jpg



まず、紅茶が届きます。

2017090907.jpg



続いて、ザルツブルガー・ノッケルンにかけるイチゴクリームが届きます。

2017090908.jpg



とりあえず、紅茶をいただきます。

2017090909.jpg



さて、カメラを構えて、ザルツブルガー・ノッケルンの登場を待ちます。ザルツブルガー・ノッケルンはスフレですから、時間との勝負です。持ってくるとすぐに取り分けられてしまうので、その前に写真を撮らないといけません。ザルツブルガー・ノッケルンが届き、見事に激写。

2017090910.jpg



落ち着いて、ザルツブルガー・ノッケルンが各自の皿に取り分けられるのを待ちます。

2017090911.jpg



さぁ、頂きましょう。お腹に余裕があると、とっても美味しく頂けます。

2017090912.jpg



今日は二人でぺろりと頂きました。ようやく3回目にして、完食できて満足です。カフェ・ザッハーザルツブルガー・ノッケルンは評判通りの素晴らしいスフレでした。

カフェ・ザッハーを出ると、すぐ裏がザルツァッハ川に面しています。

2017090913.jpg


ザルツァッハ川を渡って、旧市街地に出ます。特に用事もないので、メインストリートのゲトライデ通りGetreidegasseを歩きますが、ものすごい人です。さすが大観光地です。

2017090914.jpg



人混み渋滞がおき、前に進むのが大変です。

2017090915.jpg



ともかく、まだまだ時間があるので、このあたりをぶらつきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR