FC2ブログ
 
  

ウンタースベルクに向かうものの・・・トホホ

2016年8月2日火曜日@ザルツブルク/1回目

旅の14日目、ザルツブルクSalzburgの4日目です。

今日も、教会の鐘の音で配偶者は起床。熟睡しているsaraiをおいて、一人でお買い物です。昨日とは別のパン屋さんに行ってみます。いかにもパン屋さんというお店で、種類も豊富です。帰りにスーパーにも寄って、牛乳とヨーグルトをゲットして、戻ります。ようやく起きだしたsaraiと、朝食です。

今日もよいお天気です。ザルツブルクの近くにそびえるウンタースベルクUntersbergに出かけてみましょう。ロープウェイで山頂までいけるというので気楽に思っていましたが、何と標高1700mもあるということが分かって、しっかり身支度をします。ウィンドブレーカーも持ちます。
近くのバス停、マカルト広場Makartplatzからウンタースベルク行きのバスにも乗れるのですが、ザルツブルク中央駅まで行って始発に乗ったほうが間違いなく座れるだろうと思って、駅に行くはずのバスに乗ります。これが大失敗。あらあらと思っているうちに、駅からどんどん離れていきます。ちょっと遠回りして駅に向かうだろうと思って乗り続けますが、どんどん郊外に出て行き、降りるに降りられません。

2017091601.jpg



ウンタースベルクを遠くに望む反対側の山までやってきた所が終点で、そこで乗客は皆降りてしまいます。

2017091602.jpg



このまま乗っていれば市街に戻るだろうと我々はそのまま乗って待ちます。

2017091603.jpg



待っていると、たしかにバスは出発しますが、行き先は表示されず、途中のバス停にも停まりません。

2017091604.jpg



どうやら回送バスになってしまったようです。バスはバンバン走っていきます。

2017091605.jpg



車庫にでも行ったら困るなと窓の外をしっかり見ていると、元来た道を戻り、乗車したバス停までやってきてしまいます。思い切って、降車のボタンを押すと無事に降ろしてくれます。私たちが乗っていることを運転手は知っていたのでしょうか・・・謎です。何はともあれ、元のバス停に戻ってきました。そこへ本来乗るべき25番のバスが、ちょうどやって来ます。もう中央駅まで行ってなんて考えている場合ではありません。バスはそれなりに混んでいましたが、並んで座れました。ラッキー!

バスはウンタースベルクに向かってどんどん走ります。山が迫ってきます。見上げるような大きな山です。終点のバス停ウンタースベルクバーンUntersbergbahnで観光客もぞろぞろ降ります。我々の持っているチケットでは追加料金がいるはずですが、何も言われずに降りることが出来てしまいました。

2017091606.jpg



すぐに、近くに見えているロープウェイ乗り場に向かいます。

2017091607.jpg



目の前には厳しい岩山がそそり立っています。これがウンタースベルクですね。この山頂までロープウェイで一気に登ります。

2017091608.jpg



ロープウェイ乗り場の入り口の看板を見ると、このロープウェイは標高456mから標高1776mまで我々を運んでくれるようです。

2017091609.jpg



まずは窓口でチケットを購入します。往復で23.5ユーロとなかなか高額です。ザルツブルクカードがあれば無料なので、窓口でチケットを買う人はあまりいませんね。

2017091610.jpg



ゴンドラを待つ列に並びます。なかなか繁盛しています。

2017091611.jpg



もう、窓口には誰も並んでいませんね。

2017091612.jpg



壁にはパノラママップが貼ってあります。赤いラインがロープウェイです。

2017091613.jpg



ウンタースベルクは冬はスキーリゾートになるようですね。

2017091614.jpg



ウンタースベルクの頂上からのパノラマ絶景の写真もあります。期待が膨らみますね。

2017091615.jpg



ゴンドラがやってきました。出発です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR