FC2ブログ
 
  

ウンタースベルクの頂上でランチ

2016年8月2日火曜日@ザルツブルク/5回目

ウンタースベルクUntersbergの頂上に続くハイキング道を散策しているところです。戦争の慰霊碑が立っている小高い丘から、今まで歩いてきたハイキング道のほうを眺めます。ハイキング道の右手には見える小高い展望台が見え、ロープウェイの頂上駅は坂の向こうに隠れています。

2017092101.jpg



こちらはハイキング道のこれから先の方向です。道は急坂でどんどん登っていくようです。とてもこれ以上は進めません。ここを最後に元来た道を戻るしかありません。

2017092102.jpg



ロープウェイの頂上駅のほうに向かって、ハイキング道を戻ります。もちろん、坂が連続して、結構、帰り道も厳しく、休み休み歩きます。ただ、道の傍らには可愛い野草の花が咲き、心が和みます。

2017092103.jpg



チロルでも見かけたホタルブクロが咲いています。

2017092104.jpg



ようやく、頂上駅近くの山小屋風レストハウスが見えてきます。下って、上れば、到着です。

2017092105.jpg



傍らの石の間からはホタルブクロの群生が顔を出しています。

2017092106.jpg



ホタルブクロはいっぱい咲いていて、とても綺麗ですね。

2017092107.jpg



坂をほぼ下り終え、いよいよ上り坂にかかります。レストハウスに向かって、ひと頑張りしましょう。

2017092108.jpg



何とか登り坂をしのぎ切って、レストハウス前に到着。連なる山々の景色が望まれます。

2017092109.jpg



ここで、お昼を食べていきましょう。注文した料理が届くまでは、まわりの景色を楽しみます。

2017092110.jpg



近くの山も切り立った岩山です。

2017092111.jpg



いただくのは意外にお洒落に盛り付けられたソーセージです。

2017092112.jpg



スープもいただきます。

2017092113.jpg



眺めと昼食を楽しんでいると・・・日本語が!
この旅ではほとんど日本人に会っていません。こんにちは・・・と声をかけると、愛想のよいお二人で、楽しくおしゃべりが始まります。ご夫妻は見晴台に行ってくると言うので、一旦別れましたが、その後は、バスでザルツブルクの街に戻るまで、ずっと、いろんな話で盛り上がります。
明日からウィーンに向かうというお二人とバスの中で別れ、ホテルに戻ります。
ホテルの前に戻ってきたところで、お向かいに立つ教会がふと目に入ります。

2017092114.jpg



ちょっと中を覗いてみましょう。

2017092115.jpg



中庭に入ると、美しいイタリア式回廊が続いています。

2017092116.jpg



中庭ではなくて、お墓があるので墓地ですね。

2017092117.jpg



聖セバスチャン墓地St.Sebastian-friedhofという墓地です。

2017092118.jpg



教会は聖セバスチャン教会St Sebastiankircheです。内部は綺麗なバロック様式の空間です。

2017092119.jpg



教会を見ながら、去りますが、何か心にひっかかるものがあります。

2017092120.jpg



記念碑の銘板があるので、読んでみると、モーツァルトの名前が出てきます。どうやら、ここにモーツァルトの妻コンスタンツェと父レオポルドが葬られているようです。

2017092121.jpg



今日は疲れたので、また、明日にでも、お墓を探してみましょう。

ホテルで一服して、ブッフビンダーのピアノ・リサイタルに出かけます。これが今日のチケット。祝祭大劇場が会場です。

2017092122.jpg



素晴らしいベートーヴェンが聴けました。今日も楽しいコンサートでした。コンサートの詳細な記事はここに既にアップ済みです。

会場の祝祭大劇場を出ると雨です。1本の傘で帰ります。土砂降りではありませんが、半分以上の人は傘なしで濡れながら歩いています。仕方がないと思っているのか、これが普通のことと気にしていないのか分かりません。ホテルのすぐ近くにある、初日に親しくなった和食・中華料理店で軽く食事をして帰りましょう。もう私達は最後の仕舞い客です。お店のお兄さんお勧めのエビチャーハンとトリチャーハンを食べます。お味噌汁付きで、なかなか美味しいです。

ホテルに戻り、またブログ書きです。ウンタースベルクで出会った日本人の方からメールがさっそく届いていました。旅のお友達との交流は嬉しいですね。
明日はカウンター・テノールのベジュン・メータのコンサートです。その前にお天気がよければガイスベルクの丘にでも登ってみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR