fc2ブログ
 
  

オリジナルのモーツァルト:クラリネット五重奏曲って? ホープリッチ&ロンドン・ハイドン・カルテット@鶴見サルビアホール 2017.9.26

最近、ネットの記事でモーツァルトのクラリネット五重奏曲はオリジナルはクラリネットのために書かれたのではなく、バセット・クラリネット(通常のクラリネットよりも低域の音が出せるようにしたもので、バセット・ホルンと同じ低域が出せるものですが、モーツァルトの時代の楽器は残っていなくて、記録もなかったそうです。)のために書かれたということを知りました。現在はモーツァルトのクラリネット五重奏曲は通常のクラリネットで吹けるように楽譜が書き直されているんだそうです。ところが近年、その時代のバセット・クラリネットについての演奏会パンフレットが発見されて、そこにバセット・クラリネットのイラストが描かれていたそうです。それを参考にバセット・クラリネットを新たに復元したのが、今日の演奏者のエリック・ホープリッチです。詳しくはこの記事に書かれているので、ご参照ください。その記事で大いに興味をそそられました。なんといってもモーツァルトのクラリネット五重奏曲はsaraiが大変、愛好する曲ですからね。
すると、折も折、そのホープリッチが来日して、モーツァルトのクラリネット五重奏曲を演奏するということで、早速、コンサートのチケットを入手した次第です。

ホープリッチと一緒に演奏する弦楽四重奏団はロンドン・ハイドン・クァルテット。ピリオド楽器で演奏する団体で、ホープリッチと共演してモーツァルトのクラリネット五重奏曲のCDを録音もしています。これは興味津々です。

で、今日聴いた感想ですが、実に面白いものでした。これがオリジナルなのねって、深い思いに至ります。一言で言えば、渋い演奏ですね。オリジナルのバセット・クラリネットは渋いというか、おとなしい音色です。低域の音は深みがあります。高域は現代のクラリネットのような張りのある輝かしい音色ではなく、ふわっとした柔らかい音です。古き良き時代に思いを馳せながら聴きました。正直、音楽的には物足りないものもありました。一昨年聴いたヴィトマン&ハーゲン・カルテットの演奏には大変感動しました。そのときの記事はここです。その演奏と比較するのは酷でしょう。今日は音楽史的に貴重な演奏が聴けたのでよしとしましょう。アンコールは第2楽章でしたが、今日の演奏ではこの第2楽章がしみじみとしていて、一番、よかったと感じました。2度も聴けて、嬉しく思いました。

前半はハイドンの中期の弦楽四重奏曲が2曲。これは滅多に演奏されない曲でもちろん、初聴きです。ピリオド奏法で演奏されたので、ハイドンのいつもの明快で爽快な感じではなく、まるでバロック音楽でも聴いているような感じです。これまた、貴重な演奏を聴かせてもらいました。これはこれで、とても美しい音楽ですが、やはり、モダンな奏法のほうがすっきりと美しいかなと思います。

今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:ロンドン・ハイドン・クァルテット
   第1ヴァイオリン:キャサリン・マンソン
   第2ヴァイオリン:マイタル・グレヴィチ
   ヴィオラ:マイタル・グレヴィチ
   チェロ:ジョナサン・マンソン

  バセット・クラリネット:エリック・ホープリッチ


  ハイドン:弦楽四重奏曲 第37(45)番 Op.50-2
  ハイドン:弦楽四重奏曲 第47(59)番 Op.54-3

   《休憩》

  モーツァルト:クラリネット五重奏曲 K.581

   《アンコール》モーツァルト:クラリネット五重奏曲 K.581より第2楽章


最後に予習について触れておきましょう。

ハイドンの弦楽四重奏曲2曲は以下のCDで予習しました。

 エンジェルス四重奏団
 ロンドン・ハイドン・クァルテット

エンジェルス四重奏団は全集盤です。もちろん、モダンなカルテットで、とても美しい演奏です。ハイドンの素晴らしさに浸りきりました。
ロンドン・ハイドン・クァルテットは今日の演奏団体です。ハイぺリオンから順次、ハイドンのCDを出しています。演奏はもちろん、今日聴いた演奏とほぼ同じです。ピリオド奏法のハイドンはとても同じ曲とは思えないほど変貌します。古き良き時代、貴族たちの間で聴かれていた雰囲気を思い起こさせられます。

モーツァルトのクラリネット五重奏曲は以下のLP、CDで予習しました。

 ランスロ、バルヒェット四重奏団 LP
 ボスコフスキー、ウィーン八重奏団 LP
ホープリッチ、ロンドン・ハイドン・クァルテット

ランスロとバルヒェット四重奏団はsaraiがこの曲を初めて聴いた思い出の1枚。いつ聴いても青春の思い出と重なります。ランスロのクラリネットも素晴らしいし、それ以上にバルヒェットのヴァイオリンが見事です。でも、それ以上に素晴らしいのはボスコフスキーとウィーン八重奏団の1枚です。ウィーン・フィルのメンバーでないと出せないウィーン風の柔らかい響きにうっとりとします。これを聴くとこの曲がモーツァルトの最高傑作に思えてしまいます。クラリネットと弦楽が重なるところの美しさにはため息が出ます。
そして、ホープリッチとロンドン・ハイドン・クァルテットという今日の演奏メンバーのCD。感想は今日の演奏と同じです。やはり、バセット・クラリネットの高域の響きは物足りなさを感じます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

saraiさん

モーツァルトのクラリネット五重奏曲は、私にとって病める時も健やかなる時も心に寄り添う大切な作品です。初めて聴いたCDは、アルフレート・プリンツとウィーン室内合奏団による録音でした。バセット・クラリネットに関する貴重なご感想を綴って下さり、どうもありがとうございます。

それから、既にご承知のことと存じますが、主催者Japan Arts様が送る≪黄金の巨匠&名門オーケストラ2018年≫には、saraiさんがウィーンで感動されたティーレマン氏によるシューマン公演プログラムが、2015年の予告通り企画された模様。2日間に渡るシューマン・ツィクルス、聴き逃せませんね♥

No title

michelangeloさん、ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。

ウィーン・フィルのメンバーによる演奏はウラッハ以来、どれも素晴らしいですね。全部聴いています。

ティーレマンは今度はシューマンですか。楽しみですね。特に第4番は素晴らしいでしょう。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR