FC2ブログ
 
  

ザルツブルクのレジデンツ見学・・・終わったと思ったら何と!!

2016年8月5日金曜日@ザルツブルク/2回目

今日のザルツブルクは雨。その雨に乗じた形で、レジデンツResidenzを見学します。雨の日には絶好の時間の使い方ですからね。
レジデンツの2階に上がると、そこには大きな窓があります。そこから外を覗くと、ザルツブルク大聖堂Dom zu Salzburgのファサード前に広がる大聖堂広場(ドームプラッツ)Domplatzが見下ろせます。

2017100601.jpg



大聖堂広場には仮設の観客席が作られています。広場の中心に聖母マリア像も観客席に取り囲まれて、窮屈そうです。実はこの大聖堂広場ではザルツブルク音楽祭のメインイベントの一つであるドイツ演劇《イェーダーマン》の公演があるんです。そもそもザルツブルグ音楽祭はこの《イェーダーマン》の公演から始まったんです。ザルツブルグ音楽祭の発起人の一人であったホフマンスタール原案で、同じく発起人であったマックス・ラインハルトが演出して1920年に上演されました。それ以来、雨でない限り、この大聖堂広場で上演されてきました。saraiも明日の公演を観ることにしていますが、今日のように雨でないといいのですが・・・。ちなみに雨だと屋内のホールに場所を移して、公演は行われます。でも、伝統のこの大聖堂広場で観たいものです。そう思いながら広場を見下ろします。

2017100602.jpg



別の窓から、大聖堂のファサードを眺めます。明日の公演が楽しみです。

2017100603.jpg



今見学しているレジデンツは大司教の公的なスペースです。ここは大広間です。カラビニエリ(警護兵)の間と呼ばれています。

2017100604.jpg



この大広間の窓からは大聖堂広場越しに丘の上にそびえるホーエンザルツブルク城Festung Hohensalzburgが望めます。

2017100605.jpg



こういう武器も展示されています。カービン銃(1595年製造)と、ヴェネチアンシールド(ヴェネチア風の盾)です。大司教という聖職ではありますが、ザルツブルクを治める領主なのですから軍事力も持っていて当然ですね。

2017100606.jpg



レジデンツの南側の部分を見て周って、東側の部分に出ます。今度は東側の窓からレジデンツ広場Residenzplatzが見下ろせます。

2017100607.jpg



東側の騎士の広間、会議場、控えの間、謁見の間を見て回ります。再び、窓から外を見ると、レジデンツ広場に面する新レジデンツ、大聖堂が見えます。

2017100608.jpg



北側の執務室、青の部屋などを見て回ります。北側の窓からはアルター・マルクト広場Alter Marktが見下ろせます。カフェ、トマッセリCafé Tomaselliも見えています。赤いゼラニウムで2階のテラス席が飾られているので目立ちますね。

2017100609.jpg



ついで大司教の私的な住まいを見ていきます。北側、西側を周って、全部、終了。さらに3階に上る階段があります。

2017100610.jpg



3階にはレジデンツ・ギャラリーという美術館もあります。多くの美術品が時代の流れと共に没収されてしまい、大したものはなさそうですが、レンブラント、ルーベンス、ヴァン・ダイクなどがあります。これで終了かなと思ったら、大間違いです。いったん、東側に出ると、窓から、レジデンツ広場が見下ろせます。レジデンツ広場の先にはモーツァルト広場も見えています。

2017100611.jpg



ここからはなんとザルツブルグ大聖堂の2階の回廊につながっています。大聖堂側からレジデンツ広場を見下ろせます。レジデンツの東側のファサードも眺められます。

2017100612.jpg



反対側には大聖堂広場が大聖堂のファサード側から見下ろせます。明日の観る《イェーダーマン》の舞台と観客席の全体も見渡せます。

2017100613.jpg



大聖堂の内部も見下ろせます。高いところから大聖堂を見下ろすなんて面白い体験です。

2017100614.jpg



大聖堂の天井もこんなに近くに見えます。

2017100615.jpg



大聖堂の内部を高見の見物と決め込みます。しばらく見て回りましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR