fc2ブログ
 
  

束の間のウィーン:ミヒャエル広場から美術史美術館へ

2016年8月7日日曜日@ウィーン/3回目

ウィーンでの束の間の滞在を楽しみながら、街歩きしているところです。
グラーベン通りGrabenからコールマルクトKohlmarktを歩き、突き当たりのミヒャエル広場Michaelerplatzにやってきました。正面にはネオ・バロック様式のミヒャエル宮Michchaelertraktの堂々たる建物が聳え立っています。

2017102501.jpg



振り返ると、右手のヘレンガッセHerrengasseと左手のシャウフラーガッセSchauflergasseに挟まれた白亜の建物が貴婦人のような姿で佇んでいます。この建物の1階には有名カフェのカフェ・グリーンシュタイドルCafe Griensteidlがあります。その右手にはちらっとロースハウスLooshausが見えています。

2017102502.jpg



これがそのロースハウス。ヘレンガッセとコールマルクトに挟まれた一角に立っています。「装飾は罪悪である」という主張で知られる建築家アドルフ・ロースの代表作とも言える建築作品で、20世紀初頭に建設されたときには、そのあまりのシンプルなモダンさに対して当時の社会から批難の声が沸き上がったそうです。今見ても何ともあっさりしたデザインですね。このミヒャエル広場の華麗な装飾の建物群のなかで異彩を放っています。

2017102503.jpg



ミヒャエル広場の真ん中には、まるで工事現場のようなものが見えます。これは古代ローマの遺跡です。ウィーンの起源をたどると、古代ローマ軍の駐屯地であったウィンドボナが現在の大都市ウィーンの始まりになります。この遺跡は古代ローマ軍の居住地の騎兵舍の跡だったようです。発掘調査が行われたのは1992年になってからだそうです。つい最近のことですね。ウィーンの中心地は、掘れば、何かが見つかるのでしょう。

2017102504.jpg



少しだけ、ミヒャエル広場で見物した後、ホーフブルクHofburgのミヒャエル門Michaeltorの中に入ります。皇后エリザベート(愛称:シシー)の姿が大きく印刷された垂れ幕があります。シシー博物館などホーフブルクの館内への入り口です。

2017102505.jpg



ミヒャエル門を抜けると、中庭に出ます。神聖ローマ帝国最後の皇帝フランツ2世(オーストリア皇帝としてはフランツ1世)の銅像が迎えてくれます。

2017102506.jpg



中庭を抜けると、英雄広場Heldenplatzに出ます。右手にはフォルクスガルテンVolksgartenの緑が広がっています。

2017102507.jpg



広場の中央にはカール フォン エスターライヒ(カール大公)の騎馬像が立っています。フォルクスガルテンの先にはウィーン市庁舎が見えています。ゴシック・リヴァイヴァル建築のファサードが印象的な建物です。

2017102508.jpg



リンク通りRingstraße側にあるブルク門Äußeres Burgtorに向かって、英雄広場を突っ切ります。

2017102509.jpg



左手には新王宮Neue Burgが美しい弧を描いて立っています。

2017102510.jpg



ブルク門をくぐって、ホーフブルクを後にして、リンク通りに出ていきます。

2017102511.jpg



リンク通りに出ました。久しぶりにここに戻ってきました。広い通りには美しい並木が連なっています。

2017102512.jpg



リンク通りの並木道は気持ちがよさそうですが、残念ながら、この並木道を散策する時間はありません。

2017102513.jpg



すぐにリンク通りを横断して、ホーフブルクの向かい側にあるウィーン美術史美術館Kunsthistorisches Museum Wienの前に出ます。

2017102514.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017102515.jpg



この美術史美術館を抜けると、すぐにムゼウムシュクヴァルティアーMuseumsQuartierのレオポルド美術館Leopold Museumに着きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR