FC2ブログ
 
  

束の間のウィーン:レオポルド美術館のエゴン・シーレ 1918年(最晩年)

2016年8月7日日曜日@ウィーン/11回目

レオポルド美術館Leopold Museumで絵画鑑賞中です。レオポルド美術館の至宝、エゴン・シーレのコレクションの鑑賞もいよいよフィナーレになります。

年代順に展示されているシーレのコレクションを1915年、シーレ25歳の作品まで見てきました。この後は一気に1918年、シーレ28歳の最晩年になります。それはシーレがエーディトとの結婚の3日後、勃発していた第一次世界大戦のためにオーストリア=ハンガリー帝国軍に召集されたことで、絵画制作活動が休止に追い込まれたことによります。しかし、従軍後、芸術家としてのシーレの経歴が考慮されて、シーレは前線に出ることはなく、この従軍期間はさらなる芸術的飛躍のための準備期間となります。1917年にウィーンに転属となると、シーレは事実上、制作活動を再開します。そして、1918年、シーレの最晩年になります。

「3人の裸の女」(未完)です。1918年、28歳の作品です。モデル(中央)は妻のエーディトですね。

2017110501.jpg



「うずくまる2人の女」です。1918年、28歳の作品です。モデルはダブルで愛妻のエーディトですね。最晩年の作品はどれをとっても傑作揃いです。

2017110502.jpg



「うずくまる2人の男(ダブルの自画像)」です。1918年、28歳の作品です。愛妻のエーディトをダブルで描いた「うずくまる2人の女」と一対をなす作品です。以前、恋人のヴァリーとの一対の作品を描いたことが思い出されます。今回はダブルで描いたことで、エーディトへの強い愛情を示しました。

2017110503.jpg



こんな風に2枚の作品は並べて展示されています。当然ですね。

2017110504.jpg



最後に見たのは「横たわる女」です。1917年、27歳の作品です。最晩年の前の年の作品です。ちょっと印象は異なりますが、これもモデルは妻エーディトでしょう。軍務の合間に描いたようです。

2017110505.jpg



最晩年の部屋は傑作の作品が並んでいて、素晴らしいです。特に妻エディットをモデルにした作品がsaraiのお気に入りです。ベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereにあるオーストリア・ギャラリーÖsterreichische Galerie Belvedereに展示されているシーレ最晩年の傑作群と合わせて、シーレの最晩年の作品は感動的です。

最後の最後は死の床に横たわるシーレの写真です。第1次世界大戦のころに流行したスペイン風邪でシーレの子供を身籠った妻エーディトが1918年10月28日に死去。シーレも同じ病に倒れ、3日後の10月31日にエーディトの後を追うように亡くなりました。そう言えば、5日前がシーレの命日でしたね。そして、来年はシーレの没後100年になります。合掌!

2017110506.jpg



エゴン・シーレの展示室の様子を最後に見ながら、レオポルド美術館の鑑賞を終えます。

2017110507.jpg



ここで、もう午後2時過ぎです。あと2時間ほどで帰国のために空港に向かわないといけません。最後のお楽しみのためにムゼウムシュクヴァルティアーMuseumsQuartierの地下駅から地下鉄で移動します。

2017110508.jpg



さあ、最後はこれしかありません。再び、ケルントナーシュトラーセKärntner Straßeのカフェ・ハイナーCafe heinerに戻って、今度は美味しいケーキをいただきます。saraiはザッハートルテをミット・シュラーク(ホイップした生クリーム付き)でいただきます。カフェ・デーメルほどではありませんが、ここのザッハートルテも美味です。

2017110509.jpg



配偶者は、中央にこってりとしたチョコレートが詰まったケーキ(マルツィパンカルトッフェル)。

2017110510.jpg



紅茶は、とってもしっかり淹れてあり、芳醇な味わいです。それにポットで注文した紅茶はカップでたっぷり5杯分はあります。ちょっともてあますほどの分量です。二人でポット1つでよかったかも。

さきほどのウェートレスのおばさん(ここはみなチロル風の民族衣装を着ています)がまた来たのって感じでsaraiたちに笑いかけます。会計は今度はキャッシュでテーブル席で払おうとすると、あら、クレジットカードじゃなかったのってまた笑っています。もう、これでヨーロッパを離れるので余っているキャッシュを使ってもいいんです。全部で18.2ユーロ。2千円ちょっとです。まあ、リーズナブルな料金でしょう。

カフェ・ハイナーでゆっくりしていたので、もうすぐ4時です。ウィーンの最後はケルントナー通りを散策します。いつもこの通りは賑やかです。

2017110511.jpg



やがて、懐かしいウィーン国立歌劇場が見えてきます。そう言えば、ここでオペラを見たのはもう去年の6月のことです。ここでオペラを見るのは来年以降になります。

2017110512.jpg



右手のほうにはホテル・ザッハーが見えます。

2017110513.jpg



この夏の時期はウィーン国立歌劇場も楽友協会もお休みです。大きな横幕で、観光客向けのモーツァルト・コンサートをウィーン国立歌劇場と楽友協会でやっていることを告知しています。

2017110514.jpg



ウィーン国立歌劇場を横目に見ながら、通り過ぎます。

2017110515.jpg



来年はウィーンに来ることができるかな。ここ5年以上も毎年、ウィーン詣でをしていました。今年は束の間の滞在に終わってしまったので、来年こそはと思っているんですが。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR