FC2ブログ
 
  

ジョナサン・ノットが力量を示した《ドン・ジョヴァンニ》@ミューザ川崎シンフォニーホール 2017.12.10

モーツァルトのオペラのなかで今一つ、理解が難しいのがこの《ドン・ジョヴァンニ》です。今回の公演とそれに先立つ予習でようやく、分かりつつあるような感覚になってきました。ドン・ジョヴァンニの地獄落ちのシーンのデモーニッシュな音楽とモーツァルトらしい平明さを湛えた音楽のギャップをどう理解するかが難しさの根幹のような気がします。そのあたりがようやくすんなりと自然に聴けるようになってきました。また、フィガロでは赦しのテーマが根幹を成していますが、一方、この《ドン・ジョヴァンニ》では赦されないストーリーにはなってはいますが、ドンナ・エルヴィーラが意外に重要な役どころとして、赦そうという努力はしていることに気が付きました。赦そうとするが赦されない、その先にデモーニッシュな音楽展開があるというのが、フィガロから派生した、あるいは発展したオペラ、《ドン・ジョヴァンニ》ではないかというのが現在のsaraiの理解です。キーとなる役がドンナ・エルヴィーラであり、フィガロにおけるコンテッサ(伯爵夫人)に対応します。フィガロでは赦された伯爵でしたが、ドン・ジョヴァンニは赦されない。モーツァルトはフィガロでは素晴らしい赦しの音楽で感動を呼び起こしますが、このドン・ジョヴァンニでは、厳しい音楽でドン・ジョヴァンニを罰します。そこがデモーニッシュとなり、感動ではなく、深い奈落の底の厳しさで我々、聴衆(人間)を律します。人間の罪を赦すか、赦さないかで、こうも音楽の質が変わるのか・・・そこにモーツァルトの天才を見ました。saraiは赦しの音楽が好きですが、甘いばかりがよい訳ではないことも理解できます。モーツァルト自身もそのあたりで苦しみ抜いた上での音楽なのかもしれません。そして、《フィガロの結婚》と《ドン・ジョヴァンニ》をアウフヘーベンした先に登場するのがレクイエムというのは余りにも浅い理解でしょうか。

ということを今日の《ドン・ジョヴァンニ》を聴きながら、つらつら考えてしまいました。その発端は突然、代役で登場したドンナ・エルヴィーラ役のミヒャエラ・ゼーリンガーの歌唱が第1幕と第2幕でがらっと変わったからです。第1幕では、厳しい歌唱でドン・ジョヴァンニを責めつけます。第2楽章に入ると、歌唱がソフトで柔らかになり、響きが美しくなります。ドン・ジョヴァンニを慰撫するみたいな感じです。歌手本人の意図か、指揮者のジョナサン・ノットの指示かは分かりませんが、saraiとしては、ジョナサン・ノットの解釈であったということに1票です。ただ、それだけのことでこの《ドン・ジョヴァンニ》の構図が大きく変わります。まあ、いずれにせよ、昨年のコジ・ファン・トゥッテ同様、ジョナサン・ノットの指揮は見事でした。特にモーツァルトの平明な音楽をいきいきと透明に表現したのはさすがでした。もっともクルレンツィスのような超天才の表現には誰も及びませんが、それがすべてではないでしょうから、一般的には、とっても素晴らしいモーツァルトでした。

歌手の中では、これも代役として登場したドン・ジョヴァンニ役のマーク・ストーンの歌唱の素晴らしかったこと。とりわけ、甘い歌声が役にぴったりでした。ドン・ジョヴァンニのセレナードではうっとりと聴き入りました。そして、ほとんど感動の思いに至りました。また、ドンナ・アンナ役のローラ・エイキンの素晴らしい歌声にも感銘を覚えました。予習で聴いたエリーザベト・グリュンマーに優るとも劣らない感じと言ったら言い過ぎでしょうか。美しい声の響きが脳裏から離れません。近年では、ドンナ・アンナ役ではアンナ・ネトレプコが圧倒的に美しい歌唱で魅了してくれましたが、ローラ・エイキンはまた違ったタイプでスタンダードな歌唱です。そうそう、ザルツブルク音楽祭でもドン・オッターヴィオ役を歌っているアンドリュー・ステープルズはさすがの美声でした。これも文句なし。ミヒャエル・シャーデに準じるような歌手ですね。バロックものを歌わせたい感じです。レポレッロ役のシェンヤンも深い響きの歌唱を聴かせてくれました。

キャストは以下です。

  指揮&ハンマーフリューゲル:ジョナサン・ノット
  演出監修:原 純

  ドン・ジョヴァンニ:マーク・ストーン
  騎士長:リアン・リ
  レポレッロ:シェンヤン
  ドンナ・アンナ:ローラ・エイキン
  ドン・オッターヴィオ:アンドリュー・ステープルズ
  ドンナ・エルヴィーラ:ミヒャエラ・ゼーリンガー
  マゼット:クレシミル・ストラジャナッツ
  ツェルリーナ:カロリーナ・ウルリヒ
  合唱:新国立劇場合唱団
  管弦楽:東京交響楽団

予習したのは以下の2つです。

 2014年ザルツブルク音楽祭 NHK放映
  2014年8月 モーツァルト劇場(ザルツブルク)

 <歌手>
 ドン・ジョヴァンニ:イルデブランド・ダルカンジェロ
 騎士長:トマシュ・コニェチュニ
 ドンナ・アンナ:レネケ・ルイテン
 ドン・オッターヴィオ:アンドルー・ステープルズ
 ドンナ・エルヴィーラ:アネット・フリッチュ
 レポレルロ:ルーカ・ピサローニ
 ツェルリーナ:ヴァレンティナ・ナフォルニツァ
 マゼット:アレッシオ・アルドゥイーニ

 <合 唱> ウィーン・フィルハーモニア合唱団
 <管弦楽> ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 <指 揮> クリストフ・エッシェンバッハ
 <演 出> スヴェン・エリック・ベヒトルフ


 1954年ザルツブルク音楽祭
  ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル
  1954年8月6日、於フェルゼンライトシューレ

 ドン・ジョヴァンニ:チェーザレ・シエピ
 騎士長:デジュー・エルンスター
 ドンナ・アンナ:エリーザベト・グリュンマー
 ドン・オッターヴィオ:アントン・デルモータ
 ドンナ・エルヴィーラ:エリーザベト・シュヴァルツコプフ
 レポレルロ:オットー・エーデルマン
 ツェルリーナ:エルナ・ベルガー
 マゼット:ヴァルター・ベリー

いずれもザルツブルク音楽祭の記録ですが、最新のハイヴィジョン映像と古いモノラルのCDという違いがあります。ちょうど60年を隔てていますね。何と言っても、古い録音のほうはフルトヴェングラーの指揮で素晴らしいです。また、当時を代表する素晴らしい歌手たちの歌唱も見事です。とりわけ、チェーザレ・シエピは凄いですね。グリュンマーとシュヴァルツコプフと言う2大ソプラノの競演も聴きものです。エーデルマンは貫禄の歌唱です。でも主役はフルトヴェングラーの指揮したウィーン・フィルの美しくて、深みのある響き。臨場感もあるよい録音です。



↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ジョナサン・ノット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR