FC2ブログ
 
  

トリノ散策:ヴィットリオ・ヴェネト広場からモーレ・アントネッリアーナへ

2017年7月21日金曜日@トリノ/7回目

トリノTorinoのポー川Poの川沿いの散策を終えて、トリノの旧市街の中心に向けて歩き始めます。ヴィットリオ・エマヌエーレ1世橋Ponte Vittorio Emanuele Iから続くヴィットリオ・ヴェネト広場Piazza Vittorio Venetoの中を進んでいるところです。広場の建物越しにモーレ・アントネッリアーナMole Antonellianaというトリノのランドマークである奇妙な形のタワーが見えています。見えてはいますが、迂闊にもこのタワーがモーレ・アントネッリアーナであるとはsaraiは認識していません。実はこのタワーを目指して歩いているんですけどね・・・。間抜けな話です。

2017121901.jpg



このヴィットリオ・ヴェネト広場のまわりの建物には大きなポルティコが続いています。日陰になって涼しいポルティコの中を歩いていきます。

2017121902.jpg



ポルティコの中にはカフェのテーブルが並んだり、キオスクのようなショップもあります。

2017121903.jpg



ヴィットリオ・ヴェネト広場はとっても大きな広場で、広場の真ん中を車の走る通りも貫いています。

2017121904.jpg



ポルティコはどこまでも続きます。

2017121905.jpg



広場の端に近づいてきます。まだ、モーレ・アントネッリアーナのタワーが見えていますが、いまだにその正体を理解していません。

2017121906.jpg



広場の中央をトラムが走ってきました。これは広場というよりも巨大な通りみたいなものです。目の前にはポルティコを突き抜けて車道が横切っています。ポルティコの陰から車が来ないか、気を付けて渡ります。

2017121907.jpg



このあたりから、広場を振り返ります。広場にはテラス席がずらっと並んでいますが、暑さのせいか、開店休業状態です。その先にはポー川の対岸にあるカトリック教会のグラン・マードレ・ディ・ディオ教会Catholic Parish Church Gran Madre Di Dioが見えています。その向こうは緑の丘が連なっています。

2017121908.jpg



ようやく、広場を抜けて、ポルティコのある目抜き通り、ポー通りVia Poに入ります。

2017121909.jpg



ポルティコの中を歩き始めます。目指すのは、トリノの街を一望できるタワー、モーレ・アントネッリアーナです。しかし、ポルティコの中を歩くので、周りの様子はまったく分かりません。さっきまでは見えていたのにね。

2017121910.jpg



ポルティコはまっすぐとどこまでも続いています。タワーがどのあたりにあるのか分かりませんがとりあえず歩いていきましょう。

2017121911.jpg



たまに雰囲気のいい路地があったりします。街歩きは楽しいです。

2017121912.jpg



ポルティコの上部を見上げると、実に凝った装飾が施されています。バロック様式ですね。

2017121913.jpg



ポルティコを歩くのは気持ちがよいのですが、目指して歩いていく先はモーレ・アントネッリアーナです。これが、なかなか見つからない。配偶者が、立ち話をしている女性達に話しかけて、場所を訊きだそうとします。と、即答です。「ファースト、ノー。セコンド、イエス。ユウ、キャン、シー!」 分かりやすいご説明をありがとうございます。2人で、これを口ずさみながら進み、2番目の角で右のほうを見上げると・・・イエス、ウイ、キャン、シー!

2017121914.jpg



モーレ・アントネッリアーナのタワーが見事に見つかりました。グラッチェ!
ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2017121915.jpg



モーレ・アントネッリアーナのタワーに向かいましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

saraiさ~ん、
寒いですが、お元気ですか?
すっかり、ザルツブルクの常連になりつつあるではないですか!
クルレンツィス、ムジカエテルナについての詳細は後日書きます、
覚えておれば、ということを今年のザルツブルクの音楽感想で
記しておられましたよね。
今こそ、今年の総括として、書いてください。
私はすっかり後れを取っているので、未だその魅力、破竹の勢いなどを経験していません。
よろしくお願いします。
風邪をひきませんよう、ご自愛くださいね。

No title

えりちゃさん、ご無沙汰しています。
何かと忙しくて、風邪をひいている暇はありません。
とあるボランティア活動とコンサート通い(予習含む)です。

ええーっ、ザルツブルクのクルレンツィスのモーツァルトのオペラ、そう言えば・・・。音楽のイメージは鮮明に頭に焼き付いていますが、それを言葉に書き出すのはどうかなー?ともかく凄かったんです。音楽が生きていました。内容をずいぶん、改変していましたが、これこそ、モーツァルトが望んだ音楽だったのではと納得しました。クルレンツィスは変人ですが、紛れもない超天才です。一緒にベートーヴェンを聴きに行きませんか・・・ザルツブルクまで。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR