FC2ブログ
 
  

中村恵理の絶唱に感動!!ジルヴェスターコンサート@横浜みなとみらいホール 2017.12.31

大晦日は恒例のジルヴェスターコンサート@みなとみらいホールで年越しです。saraiと配偶者、娘と婿さんの4人です。

コンサートに先立って、1年を締めくくる贅沢をします。みなとみらいグランドセントラルテラスにある本格イタリアン「LEONE MARCIANO レオーネ マルチアーノ」でのディナーです。昨年に引き続き、2度目です。大晦日の夜、営業しているレストランは少なくて、今回もここになりました。定番化しつつあります。
これがレストランの入口です。

2018010201.jpg



まずはワインを注文。チョイスは婿さんに一任。美味しいスプマンテで一年の労をねぎらいながらの乾杯。
料理はアラカルトでいただきます。アンティパストは
 水牛モッツァレラのカプレーゼ トマトとバジル
 生ハムとサラミの盛合せ

パスタは
 タリアテリーネ 黒トリュフと生ハム バターソース


これはトリュフをたっぷりかけてもらって、とっても美味しい!!
メインはカナダ産活オマール海老のオーブン焼き 地中海風。オマール海老がぷりっぷりですっごく美味しい!

2018010202.jpg



これは鴨胸肉のソテー ラズベリーのヴィンコットソース。

2018010203.jpg



これは国産牛のタリアータ ドゥエヴィットーリ社のバルサミコソース。

2018010204.jpg



などなど、美味しい料理を堪能。

豪華なディナーを楽しんで、みなとみらいホールに移動。
みなとみらいホールのジルヴェスターコンサートは今年で第19回目。そして、saraiがジルヴェスターコンサートに通うのもこれで19回。全部聴いてます。
今回のプログラムは以下です。

《第1部》

池辺晋一郎:ヨコハマ・ファンファーレ
ドビュッシー:夜想曲より第2曲「祭」
ラヴェル:「クープランの墓」より"リゴドン"
ラヴェル:「クープランの墓」より"トッカータ"(Pf:高橋優介)
シューベルト:「しぼめる花」による序奏と変奏曲(Fl:竹山愛 Pf:高橋優介)
グラナドス:「ゴイェスカス」より第4曲「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」(Pf:高橋優介)
プッチーニ:「ラ・ボエーム」"私の名はミミ” "おお麗しい乙女よ"(Sop:中村恵理、Ten:宮里直樹)
バラキレフ:東洋風幻想曲「イスラメイ」
ヴィヴァルディ:3つのヴァイオリンのための協奏曲 RV551(Vn:漆原啓子、徳永二男、漆原朝子)

《休憩》

《第2部》

ブラームス:弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調より第1楽章(Vn:会田莉凡、礒絵里子、Vla:安藤裕子、渡邉信一郎、Vc:高橋純子、水野由紀)
ドニゼッティ:「愛の妙薬」"人知れぬ涙"(Ten:宮里直樹)
プッチーニ:「トゥーランドット」”氷のような姫君の心も"(Sop:中村恵理
ルーセル:交響的断章「蜘蛛の饗宴」
ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 第3楽章(Vn:徳永二男)
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ポロヴェツ人(ダッタン人)の踊り」【カウントダウン曲】
カプア:「オー・ソレ・ミオ」(Ten:宮里直樹)
大栗裕:「大阪俗謡による幻想曲」(管弦楽版)
バーンスタイン:「キャンディード」序曲
J.シュトラウス1世:ラデツキー行進曲

【出 演】

音楽監督:池辺晋一郎、飯森範親(Cond)、徳永二男(エグゼクティブ・ディレクター/Vn)、朝岡聡(MC)
横浜みなとみらいホール ジルヴェスターオーケストラ(コンサートマスター:会田莉凡、扇谷泰朋、神谷未穂、藤原浜雄、水谷 晃)

今回のジルヴェスターコンサートは最前列の中央の席で聴きました。とってもよく響く最高の席でした。
ジルヴェスターコンサートはお祭りのようなガラコンサートですから、そんなに素晴らしい音楽ばかりが聴けるわけではありません。
印象を書くほどのことはありませんが、ヴァラエティに富んだ音楽が次々に聴けて、十分に楽しめました。

今回はソプラノの中村恵理の声と表現力が凄くて、感動しました。彼女のファンになってしまいそうです。新国で「ラ・ボエーム」が聴けるなら、彼女のミミを聴くだけでも行く価値があります。
あまりに中村恵理の印象が強烈でほかのことは霞んでしまいました。

カウントダウン曲のボロディンの「ポロヴェツ人(ダッタン人)の踊り」ですが、カウントダウンは見事に完全成功!! ジャーンというフィナーレとともにぴったり新年を迎えました。いつもながら、飯森範親の指揮は凄いの一語。

最後は例年通り、ラデツキー行進曲を手拍子してコンサート完了。

今年も音楽で新年が始まりました。また、音楽聴きまくりの1年になりそうです。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       中村恵理,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR