fc2ブログ
 
  

金毘羅歌舞伎は楽しいな・・・

1昨日の金毘羅さん遠征の続きです。

本宮でのお参りを済ませ、今度は楽ちんで石段を下りていきます。途中、目を付けておいた資生堂パーラーに立ち寄って、休憩を兼ねて、お茶することにします。何故にこんなところに資生堂パーラーがあるかは謎です。
saraiはパフェ好きなので、パフェをいただきます。配偶者はアイス・カフェ・ラッテです。

2018011801.jpg



石段を下り終えたところで、金毘羅歌舞伎(金丸座)に寄ってくるのを忘れていたことを思い出し、慌てて、再度、石段を戻ります。幸い、少し戻るだけで済みました。石段から脇に歩くと、金毘羅歌舞伎のとても古い建物があります。正式な名称は旧金毘羅大芝居というのだそうです。天保6年(1835年)に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋で国の指定重要文化財です。

2018011802.jpg



建物の内部に入ります。ほほーっ、これが昔の芝居小屋なのね。

2018011803.jpg



観客席は升席に仕切られています。昔はひとつのマスに4人だったそうですが、今は二つのマスに5人だそうです。

2018011804.jpg



この形式の小屋を見て、何か記憶にひっかかるものがあります。案内のおじさんの説明でそれが何か、分かりました。平成中村座とそっくりです。平成中村座はこの金毘羅歌舞伎を参考にしたそうです。故勘三郎はこの金毘羅歌舞伎がお気に入りだったそうです。

天井から吊り下げられている提灯にはこの金毘羅歌舞伎に最近出演した俳優の屋号がはいっているそうです。

2018011805.jpg



花道が舞台に接するところの角には、空井戸という半間四方の空間が開くようになっています。奈落からここを通じて、幽霊役の役者が出没して、観客を驚かせるそうです。

2018011806.jpg



舞台に上がって、観客席を眺めます。天井は竹で編んだ格子状になっています。この隙間だらけの天井から、観客席に雪を降らせるそうです。歌舞伎座にもない仕掛けです。

2018011807.jpg



花道の反対側の2階桟敷席の中央がロイヤルボックスです。後で行ってみましょう。

2018011808.jpg



舞台裏、奈落の見学を済ませて、観客席の2階に上がります。最後方から花道前の桟敷席を眺めます。

2018011809.jpg



こちらは反対側の桟敷席です。ロイヤルボックスを見に行きます。

2018011810.jpg



ロイヤルボックスの見学を済ませて、見学はすべて完了。案内のおじさんの熱弁に感謝です。お陰で楽しい見学になりました。

金毘羅さんの最後は美味しいと評判の讃岐うどん店に行きます。

2018011811.jpg



そこそこの讃岐うどんでした。最高とは言えませんが、金毘羅さんで食べたうどんは記念になりました。

今日のディナーは前日に買い込んだ食材での鉄板焼きです。淡路島産の食材を美味しくいただきました。

2018011812.jpg


充実した1日でした。

その翌日、つまり、昨日は悪天候の上、深い霧に包まれて、ホテルに籠城。それでも、充実した食材に舌鼓を打ち、問題なく、優雅な1日を過ごしました。

今日は淡路島の南側、南淡を巡るドライブで楽しく過ごしました。それはまた、明日、ご報告しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR