FC2ブログ
 
  

クレモナ散策:コムーネ広場からローマ広場へ

2017年7月22日土曜日@ミラノ~クレモナ~ベリンツォーナ/12回目

クレモナCremonaの美しいコムーネ広場Piazza del Comuneのカフェで軽くランチをいただいています。本場のモッツァレラチーズは美味しいですね。それにさすがイタリアのカフェは美味しそうなバルサミコ酢とオリーブオイルが添えられています(saraiの自宅の食卓と同じです)。

2018020401.jpg



カフェの横では、ギターを弾きながら懐かしい歌を歌っている人がいます。風貌は結構歳をくっている感じですが、なかなか若々しい美声で、楽しませてもらいます。少しはチップを差し上げないとね。歌を聴きながら14時半に大聖堂が開くのを待ちます。

2018020402.jpg



コムーネ広場では日本人会(勝手にsaraiが思っているだけですが)の子供たちも遊び始めました。広場は土曜市が終わった後は閑散としています。

2018020403.jpg



広場の露店の撤収も終わり、広場に残されたゴミを回収するためにゴミ収集車もきています。手際がいいですね。イタリアはこんなお国柄なのかって驚いてしまいます。

2018020404.jpg



日本人会の皆さんもお帰りになるようです。広場もさらに寂しくなります。

2018020405.jpg



大聖堂が開くのを待ちますが、時間になっても一向に開く様子がありません。と、saraiが、14時半はトラッツォTorrazzoの塔に登れる時間で、大聖堂は15時半であることに気付きます。塔に登るのは自力の階段なので、体力温存のために自粛です。いつも旅の始めに飛ばし過ぎて失敗していますからね。大聖堂の開く15時半まで待っていては、ミラノに戻れません。残念ですが、あきらめて帰りましょう。まあ、コムーネ広場でゆったりした時間が過ごせたのでよしとしましょう。私たちがテラス席から立ち上がると、ギター弾きも片付けを始めます。長い間付き合ってくれてありがとう。

さて、来るときにもその前を通った緑の公園、ローマ広場Piazza Romaを目指して歩き始めます。ソルフェリーノ通りVia Solferinoは両側にバロック風の建物が立ち並ぶ石畳の美しい通りです。

2018020406.jpg



左側に美しいお店があります。これはお洒落なデザインが施されていますが、郵便局のようです。

2018020407.jpg



後ろを振り返ると、まだ、大聖堂の建つコムーネ広場が見えています。これで見納めです。

2018020408.jpg



通りを進むと、狭い路地と交差します。右側の路地、ヴィーコロ・ペルトゥージオ通りVicolo Pertusioも石畳が続く美しい空間です。

2018020409.jpg



反対の左側の路地、ボルディガッロ・ドメーニコ通りVia Bordigallo Domenicoは賑やかそうな路地です。

2018020410.jpg



ソルフェリーノ通りを抜けると、ローマ広場の前に出ます。

2018020411.jpg



ローマ広場の中に入ってみましょう。何やら銅像が立っています。有名な作曲家アミルカレ・ポンキエッリAmilcare Ponchielliです。19世紀中ごろに活躍した人で、唯一知っているオペラは《ラ・ジョコンダ》です。バレエ音楽「時の踊り」は子供でも知っている名曲です。ザ・ピーナッツが歌っていた「レモンのキッス」の原曲ですね。ともあれ、この作曲家ポンキエッリはこのクレモナ近郊のパデルノ・ファソラーノ(現パデルノ・ポンキエッリ)で生まれたそうです。思わぬ邂逅にびっくりしながら、saraiは思わず、「時の踊り」あるいは「レモンのキッス」の一節を口ずさんでしまいます。

2018020412.jpg



また、銅像があります。これはジュゼッペ・マッツィーニGiuseppe Mazziniです。19世紀の中頃、イタリア統一運動を進めた政治家、革命家で、カヴール、ガリバルディと並ぶ「イタリア統一の三傑」の1人です。彼とクレモナとの関わりは分かりませんが、イタリア統一の思想家としての尊敬を集め、各地に銅像があるようです。(ガリバルディも各地にガリバルディ広場とかガリバルディ通りがありますね。クレモナにもコルソ・ジュゼッペ・マッツィーニ通りとかガリバルディ通りがあります。)

2018020413.jpg



ローマ広場には緑が広がり、噴水も上がっています。クレモナ市民の憩いの場所なのかな。

2018020414.jpg



コムーネ広場からローマ広場までの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2018020415.jpg



しばらく、ローマ広場をうろうろしてみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR