FC2ブログ
 
  

圧巻のブラームスの弦楽六重奏曲 第1番 カルテット・アマービレ、磯村和英、ズロトニコフ@鶴見サルビアホール 2018.2.7

若手4人組のカルテット・アマービレは若々しくてチャレンジャブルな清新な演奏を聴かせてくれました。洋々たる将来に向けて飛躍してくれることを期待できるような演奏でした。きっちりとした音楽を表現力豊かに演奏していたことは評価できます。それに何よりも室内楽の楽しさを実感させてくれ、聴いていて気持ちの良いコンサートでした。

前半のプログラムのシューベルトの弦楽四重奏曲 第12番 D.703「四重奏断章」は出だしが硬くて、ぎごちない感じでしたが、徐々に肩の力が抜けてきたのか、後半はすっきりとして、爽やかな演奏になりました。上々の出来です。

前半のメインである、シューベルトの最晩年の傑作、弦楽五重奏曲はベテランのチェリスト、キリル・ズロトニコフが加わったこともあり、素晴らしいアンサンブルを聴かせてくれました。長大な第1楽章を緊張感を持って、弾き切っただけでも見事です。saraiもその演奏に引き込まれてしまいました。パーフェクトとは言えなくても、シューベルトの音楽を十分に楽しませてくれました。第2楽章は音楽表現が難しいと思いますが、これまた素晴らしい演奏で、シューベルトの真髄を十分に伝えてくれます。中間部の熱い演奏にはこちらも高揚します。第3楽章のスケルツォはまさに白熱した演奏を聴かせてくれます。トリオを過ぎて、また、プレストに戻り、音楽が熱を帯びた、その瞬間、あっと驚きます。ぴたっと音楽がストップ。どうやら、ズロトニコフのチェロの弦が切れたようです。メンバーがいったんステージを去ります。しばらくして、トリオの終わったところから再開します。また、音楽が白熱します。そして、第4楽章。郷愁を帯びたアレグレットが始まります。歌謡調の第2主題が魅力的に演奏されます。そして、勢いよくフィナーレが奏でられて、この長大な作品がしめくくられます。まだまだ成熟した演奏とは言えないかもしれませんが、最後まできっちりと大作を聴かせてくれました。成長途上の演奏ではありますが、音楽の楽しさを共有できる演奏に拍手を送りたいと思います。

後半のブラームスの弦楽六重奏曲 第1番には、さらに大ベテランのヴィオラ、磯村和英が加わり、円熟味と清新さが交錯するような素晴らしい演奏を聴かせてくれました。第1楽章の甘酸っぱいような愛への憧れにあふれた音楽を磯村和英のヴィオラがリードするように奏でていきます。この長大な楽章がいつまでも続いていってほしいと念ずるような気持ちにさせられるような素晴らしい演奏です。続く第2楽章はテレビのCMにも登場する有名な旋律がやはり、磯村和英のヴィオラがリードして演奏され、第1チェロや第1ヴァイオリンに受け継がれていきます。これはうっとりと聴き惚れるしかないような美しい演奏です。この楽章も永遠を思わせるような長大さですが、それを忘れさせるような魅惑に満ちた演奏です。きびきびした第3楽章の演奏に圧倒され、すぐに第4楽章に入ります。ブラームスの室内楽の真髄をとことん味わわせてくれる素晴らしい演奏で、この大曲がしめくくられます。いやあ、よかったです。それにしても、東京クァルテットの創設メンバーとして、解散するまでの44年間、世界の檜舞台で活躍してきた磯村和英の実力はさすがでした。5年前に解散した東京クァルテットの生演奏を聴かず仕舞いになったのを今になって後悔しています。

今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:カルテット・アマービレ
    篠原悠那 vn  北田千尋 vn  中 恵菜 va  笹沼 樹 vc
   ゲスト: 磯村和英 va(元東京クヮルテット)  
キリル・ズロトニコフ vc(エルサレムQ)


   シューベルト:弦楽四重奏曲 第12番 D.703「四重奏断章」
   シューベルト:弦楽五重奏曲 D.956

    《休憩》

   ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番 Op.18

    《アンコール》
    ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番 Op.18より、第3楽章 スケルツォ


最後に予習について触れておきます。
1曲目のシューベルトの弦楽四重奏曲 第12番 D.703「四重奏断章」は以下の2枚を聴きました。

 アマデウス弦楽四重奏団 1959年録音、ハノーファー
 アマデウス弦楽四重奏団 1981年録音、ミュンヘン

2枚のアマデウス弦楽四重奏団を聴いたのはそんなに意味はありませんが、最近になって、このカルテットに興味を持って聴いています。演奏はどちらも清新な演奏ですが、もちろん、新しい録音のほうがいいですね。《死と乙女》とのカップリングです。

2曲目のシューベルトの弦楽五重奏曲はこのところ、有名な録音(ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団、メロス四重奏団、エマーソン四重奏団)を聴いているので、あえて、以下の3枚を聴きました。

 ヴェーグ弦楽四重奏団、パブロ・カザルス 1961年7月録音、フランス(ライヴ)
 リンゼイ弦楽四重奏団(リンゼイズ)、ダグラス・カミングス 1985年1月録音、ロンドン
 ハンガリー弦楽四重奏団、ラースロー・ヴァルガ 1972年録音

いずれも聴いてよかったと思う録音ばかりでした。中でもカザルスとヴェーグ弦楽四重奏団は素晴らしいとしか言えない演奏。カザルスのチェロが素晴らしいです。リンゼイズの演奏はこれ以上ゆったりは弾けないというテンポですが、そのアンサンブルの美しさには絶句します。ほかの演奏も聴いてみたくなりました。ハンガリー弦楽四重奏団は極めて成熟した演奏です。自然な演奏は達人ならではのものでしょう。味わいに満ちています。

3曲目のブラームスの弦楽六重奏曲 第1番は以下の2枚を聴きました。

 アマデウス弦楽四重奏団&アルバン・ベルク弦楽四重奏団 1987年10月 ライヴ録音
 2016年エクサンプロヴァンス音楽祭 ライヴ録音
  ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
  クリストフ・コンツ(ヴァイオリン)
  ジェラール・コセ(ヴィオラ)
  マリー・シレム(ヴィオラ)
  ゴーティエ・カプソン(チェロ)
  クレメンス・ハーゲン(チェロ)

1枚目の録音は定番中の定番です。なにも言う必要のない美しい演奏。それにこれはアマデウス弦楽四重奏団のヴィオラ奏者シドロフの追悼演奏会でもあります。アマデウス弦楽四重奏団は創設メンバーのヴィオラ奏者シドロフの死を持って、長年の演奏活動を終結させました。2枚目のカプソン兄弟とハーゲン・カルテットのクレメンス・ハーゲンが中心になった演奏はともかく第1楽章のロマンティックな愛の表現に胸がしめつけられます。素晴らしい演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR