FC2ブログ
 
  

ティーレマン+ウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲チクルスへの助走:交響曲第9番②フルトヴェングラー1回目

今回もティーレマン+ウィーン・フィルのベートーヴェン交響曲チクルスの第4日(11月17日(日):交響曲第8番、第9番)のプログラムについて、聴いていきます。

なお、予習に向けての経緯はここ
交響曲第1番についてはここ
交響曲第2番についてはここ
交響曲第3番《英雄》についてはここ
交響曲第4番についてはここ
交響曲第5番《運命》については1回目はここ、2回目はここ、3回目はここ
交響曲第6番《田園》については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ
交響曲第7番については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ、4回目をここ、5回目をここ、6回目をここ
交響曲第8番については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ
交響曲第9番については1回目をここ、2回目をここ、3回目をここ、4回目をここに書きました。

(全予習が完了したので、全予習へのリンクを上記に示します。参考にしてくださいね。)

今回も交響曲第9番ニ短調 Op.125について聴いていきます。
今回はフルトヴェングラーの1回目です。
フルトヴェングラーはこの第9番を1913年のリューベックでのコンサート以来、1954年8月22日のルツェルン音楽祭まで、計79回も指揮しました。フルトヴェングラーとベートーヴェンの交響曲第9番は切っても切り離されない関係にあります。
フルトヴェングラーの交響曲第9番の録音は最初の1937年の録音以来、12~13種類のものが知られていて、そのうち、7枚以上のCDを聴いていきます。今後、余裕があれば、さらにあと2枚(*のもの)を聴きたいと思っています。この2枚で戦後のフルトヴェングラーの交響曲第9番の録音は網羅できることになります(最近、1953年5月30日のものとされる録音がCD化されていますが、それは除きます)。

 1.1942年3月22日、ベルリン・フィル、ライヴ録音、ベルリン(メロディア)
 *1 1951年1月7日、ウィーン・フィル、ライヴ録音、ウィーン(ORFEO盤)
 2.1951年7月29日、バイロイト祝祭管弦楽団、ライヴ録音:編集盤?、バイロイト音楽祭(EMI新リマスター盤)
 3.1951年7月29日、バイロイト祝祭管弦楽団、ライヴ録音、バイロイト音楽祭(ORFEO盤)
 4.1951年8月31日、ウィーン・フィル、ライブ録音、ザルツブルグ音楽祭(ORFEO盤)
 5.1952年2月3日、ウィーン・フィル、ライブ録音、ニコライ記念コンサート(TAHRA盤)
 6.1953年5月31(30?)日、ウィーン・フィル、ライブ録音、ニコライ記念コンサート(ALTUS盤)
 *2 1954年8月9日、バイロイト祝祭管弦楽団、ライヴ録音、バイロイト音楽祭(ORFEO盤)
 7.1954年8月22日、フィルハーモニア管弦楽団、ライブ録音、ルツェルン音楽祭(ORFEO盤)

 1.は戦時中の録音です。このマスターテープはベルリンに進出したソ連軍がベルリンの放送局からソ連に持ち帰ったもので、それをもとにロシアのメロディアがリマスターしたCDです。なお、ベルリン・フィルとの録音は戦前のものしか残っていません。戦後に録音したものはフルトヴェングラー自身の希望で破棄されました。そのうちに、何らかの録音が蘇るかもしれませんね。
 *1は戦後の最初の録音でウィーン・フィルとの最初の録音です。この1951年は3種類もの演奏が残されています。この録音はコーダの最終部分のピッチが狂ったものしかCD化されていませんでしたが、専用のピッチ修正マシンが開発されて、この問題が解決したそうです。そのCDが最近出されたORFEO盤です。
 2.はEMIのベートーヴェン交響曲全集の1枚で、戦後再開した最初のバイロイト音楽祭の録音です。これはリハーサルの演奏も含めた編集がなされているようです。
 3.は上記のバイロイト音楽祭での実況録音盤。基本的には2と同じ演奏ですが、こちらは編集なしなので、細部に違いがあります。放送用の録音が残されていたのが発見されたそうです。
 4.は1951年のザルツブルグ音楽祭閉幕コンサートからのものです。オーケストラはウィーン・フィルです。なお、ウィーン・フィルとの録音は戦後のものしか残っていません。ベルリン・フィルと逆ですね。フルトヴェングラーは第9番をウィーン・フィルと52回も演奏しました。そのうち、38回は次のニコライ記念コンサートです。
 5.は1952年のニコライ記念コンサートからのものです。オーケストラはウィーン・フィルです。
 6.は1953年の延期されたニコライ記念コンサートからのものです。フルトヴェングラーはこの年の1月、ニコライ記念コンサートの演奏中に倒れたため、この5月に再度、演奏しました。5月30日、31日と演奏しましたが、この演奏がどちらのものかは諸説があり、もし、31日のものならば、これがウィーン・フィルとの最後の第9番の演奏になります。なお、5月30日の演奏とするものもCD化されています。
 *2は2度目のバイロイト音楽祭からのものであり、最後のルツェルン音楽祭の演奏の2週間ほど前のものです。音質は悪いそうですが、最晩年のフルトヴェングラーの演奏は貴重で聴き逃せません。
 7.は1954年のルツェルン音楽祭からのものです。これがフルトヴェングラー最後の第9番になりました。


では、録音年順に感想を書いていきます。今回は戦前の演奏、一つだけに絞ります。それほど、この演奏は感銘の度合いが強烈なもので、これを聴くと、もう、ほかの演奏が聴けなくくらい壮絶なものだと思います。

1.1942年3月22日、ベルリン・フィル

 以前はこの演奏はオーパス蔵盤で聴いていましたが、今回はマスターテープからリマスターしたメロディア盤を聴きます。戦時中のフルトヴェングラーの録音は異様な緊張感に包まれているのが特徴です。

 第1楽章、最初から、物凄く緊張度の高い、大迫力の演奏です。音質は最高です。さすがにメロディアの最新リマスター盤です。みなさんにも是非お勧めしたいところですが、なかなか入手が難しいのが問題です。この演奏はもう別次元としか言いようのない音楽を表現しています。完全燃焼の音楽にエクスタシーを感じてしまいます。第1楽章から、ここまでやられるとたまりません。これはまるで生命をかけたようなただ1度だけの芸術に思えます。生半可な気持ちでは、この演奏に相対することはできそうにありません。
 第2楽章、この楽章も大変凝集力のある演奏ですが、凄過ぎた第1楽章の演奏の後なので、ちょっと一息つける感じで助かります。聴く側のこちらの体力が持ちませんからね。
 第3楽章、この超スローテンポは何でしょう。まるでこれでは、マーラーのアダージョを聴いているようです。しかし、そこから紡ぎだされる音楽の美しさと言ったら、空前絶後のものです。悲しさ、侘しさ、まるで人生への決別を告げる歌です。やはり、マーラーの第9番と相通じるものがあります。マーラーのあのアダージョの前にベートーヴェンがこういう曲を書いていたとは、何故今まで気が付かなかったのでしょう。この曲はこういう思いっきりスローなテンポで演奏すると、こんな風に聴こえるんですね。必ずしもベートーヴェンの作曲意図とは外れるかもしれない後期ロマン派的な演奏かなとも思いますが、実際に聴いている最中は頭が真っ白になって、美し過ぎる音楽にもうたまりません。
 後半は、希望、人生の美しさを感じさせる生の喜びを歌いあげます。やはり、ベートーヴェンは凄いですね。今更ながら、その天才芸術家だったことに畏敬の念を禁じ得ません。そして、それを如実に教えてくれたのはフルトヴェングラーです。この第9番はこの楽章で終わっても、不滅の金字塔のような作品だったでしょう。しかし、第9番はまだ続いていき、さらなる高みに達していきます。
 第4楽章、凄い気魄! 圧倒的です。冒頭の管弦楽パートが終わり、声楽が加わって、音楽はますます輝きを放っていきます。独唱者たちも素晴らしく、それ以上にコーラスが大迫力です。管弦楽だけでのフガートから、いよいよ佳境にはいっていきます。凄い勢いで管弦楽が一気に突進。そして、物凄い大合唱で歓喜の歌が歌われます。鳥肌の立つような迫力です。テンポを落として、美しい合唱。女声合唱は天上からの天使の歌声のように降り注いできます。女声合唱に導かれた2重フーガで、また、音楽は勢いを取り戻します。そして、4重唱。もう、終局は近くなってきました。音楽は凄い高みに達していきます。ただただ、圧倒されるだけです。4重唱が美しいソプラノの声を聴きながら終わると、アッチェレランドしたオーケストラが物凄い勢いで突進し、合唱もその後に続きます。いったん、テンポを落とすのももどかしく、合唱が頂点を極めると、その後はオーケストラはもうメチャクチャ。単なる音響の塊になって、フィナーレになだれ込みます。このあたり、もう、音楽になっていませんが、もう、音楽を超えた何かです。

 究極の音楽を聴きました。ティーレマンのベートーヴェン・チクルスの予習に名を借りてのベートーヴェンの全交響曲を聴く企ても、この演奏に辿り着くためのものだったと自分の胸の内で悟りました。予習はもうここで切り上げても後悔の念は残りそうにありません。しかし、それも読者のみなさんに大変失礼ですよね。ここからは番外編のつもりで聴いていきましょう。もう、残りは少しです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR