FC2ブログ
 
  

気ままに箱根:すすきの原の真っ只中の素敵な散策

箱根の2日目。宿泊しているリゾート宿は仙石原です。今日は雨があがったので仙石原を散策しましょう。ただ、朝は空がどんよりしています。いつまでもぐずぐずしているわかにはいかないので、とりあえず、出かけましょう。箱根湿生花園とすすきの原を巡ってきます。ところがリゾート宿のスタッフのお姉さんのお話では湿生花園はこの時期は休業中とのこと。仕方ありませんね。湿生花園は外から眺めるだけにしましょう。さあ、出発です。
早川の鄙びた流れの前に出ます。

2018030601.jpg



早川に沿って、湿生花園に向かいます。

2018030602.jpg



途中、いまだ冬枯れの公園、憩いの森の前を通ります。

2018030603.jpg



やがて、湿生花園の駐車場からの入り口へのアプローチに到着します。

2018030604.jpg



何故か、少し先行していた配偶者がずんずんと入り口に向かっていきます。あれっと思っていると、こんな看板が立っています。何と湿生花園は条件付きで開園しているようです。咲いている花はフクジュソウ、セツブンソウだけのようですが、それを承知の上で割引料金での入園が可能とのことです。

2018030605.jpg



割引チケットを購入して、さあ、入園です。

2018030606.jpg



園内マップの看板を参考に園内散策を始めます。

2018030607.jpg



まずはセツブンソウを発見。看板で分かります。

2018030608.jpg



こんなか細い花ですから、看板なしには見つかりませんね。貴重で可憐な小花です。

2018030609.jpg



水芭蕉はまだ芽吹いたばかりです。

2018030610.jpg



フクジュソウもありました。

2018030611.jpg



黄色い花が存在感を発揮しています。

2018030612.jpg



園内を歩いていると、美しい色彩のキジが現れます。綺麗な鳥ですね。

2018030613.jpg



湿生花園は水場が美しい風景を作っています。

2018030614.jpg



湿生花園の向こうには台ヶ岳がなだらかな姿を見せています。

2018030615.jpg



湿生花園を出て、今度はすすきの原の前に出ます。

2018030616.jpg



すすきの原の間の広い自動車道を歩いていると、すすきの原の中を歩く人影が見えます。折角なら、すすきの中の散策道を歩きたいですね。自動車道を戻り、散策道の入り口を探します。すると、ありました! 自動車道からすすきの原の中に分け入る散策道の入り口が見つかります。先ほど見えた人影は若いパパさんとママさんと赤ちゃん、そして犬でした。彼らは散策道が思いのほか、険しくて、途中で引き返してきたそうです。saraiと配偶者はそれでももちろん、チャレンジしますよ。さあ、すすきの中の道を歩き始めます。

2018030617.jpg



道の両側には枯れすすきが生い茂っています。

2018030618.jpg



道が段々と荒れてきます。道の左のコンクリートの狭い縁石の上を歩いていきます。

2018030619.jpg



こんな岩だらけの道になります。このあたりで若い親子連れは引き返したのでしょう。

2018030620.jpg



後ろを振り返ると、すすきの中の道がずっと下って続いています。

2018030621.jpg



やがて、まっすぐにすすきの中に続いて上っていた道は行き止まりになります。かなり高いところまで上ってきました。左側にはすすきが刈り込まれたなだらかな斜面があります。この斜面を下りることができれば、自動車道に出ることができます。さて、どうしたものか・・・配偶者は懐疑的です。

2018030622.jpg



とりあえず、行けるところまで行ってみましょう。saraiだけが慎重に歩き始めます。歩いてみると結構急な斜面です。じぐざぐに歩きながら、下りていきます。すすきの刈ったあとの切り株がつんつんと立っていて、それを踏みつけながら歩きます。気を抜くと、足を取られそうです。それでも順調に進んでいきます。心配そうに配偶者が上から見守っています。

2018030623.jpg



やがて、行く手が谷のようになっています。しかし、何とか周り込めそうです。

2018030624.jpg



配偶者も意を決してsaraiに続いて斜面を下りてきます。谷のような難所を何とか通り過ぎることができました。まわりには美しいすすきの原が広がります。

2018030625.jpg



配偶者も無事に下りてきました。このころになるとそれまで曇っていた空も腫れあがってきます。

2018030626.jpg



自動車道は目の前です。

2018030627.jpg



斜面を下り終えて、自動車道に出ました。すすきの原の斜面を振り返ります。

2018030628.jpg



箱根・仙石原の美しい自然を体感しました。これで今日の散策の目的は完了です。すると急におなかが空いてきます。ランチのお店を探しましょう。
途中、大きなホテルの裏に綺麗な池があります。

2018030629.jpg



その風景に見入っていると、配偶者がそこに可愛い馬頭観音があるのを発見。お参りしましょう。

2018030630.jpg



また、鄙びた早川の流れに戻ってきました。

2018030631.jpg



ランチのお店はどこもこの時期はクローズしています。では、ルネ・ラリック美術館併設のレストランにしましょう。ここが開いているのは先ほど確認済です。綺麗な庭園が眺められる席につきます。

2018030632.jpg



レストランは美しい内装です。ホテルのレストランみたいな感じです。

2018030633.jpg



ドリンクはジュースを選択。歩き回って疲れたのでフレッシュなものが欲しくなったんです。

2018030634.jpg



まずはスープです。

2018030635.jpg



これは配偶者のオイル・パスタ。シンプルですが、なかなか美味。

2018030636.jpg



これはsaraiのミートソース・パスタ。もちろん、見かけ通りの美味しさです。

2018030637.jpg



ランチの後はスーパーなどで今日の食材を調達します。箱根にも腸詰屋がありますね。ここでヴァイス・ヴルストをゲット。ミュンヘンが懐かしいですね。

2018030638.jpg



今日の散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2018030639.jpg



早めにリゾート宿に戻り、温泉でほっこりします。
さて、明日も晴れそうだから、箱根の散策でもしようかな。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR