FC2ブログ
 
  

気ままに箱根:湖尻まで自然を満喫したハイキング

箱根の3日目。昨日、箱根湿生花園からすすきの原に向かって歩いていく途中で、気になる看板を見ました。それって、この仙石原から芦ノ湖の湖畔の湖尻までの散策路の地図です。仙石原~湖尻自然探勝歩道って名付けられた散策路です。

2018030701.jpg



今日は天気も良さそうなので、この散策路を歩いてみることにします。朝11時ころに天気を見極めて、散策に出発します。早川沿いに箱根湿生花園の前まで歩き、そこから、すすきの原のほうに向かいます。昨日見つけた看板のところに到着。ここから、湖尻への散策路が始まります。

2018030702.jpg



さあ、元気よく歩き始めましょう。

2018030703.jpg



丁寧に立てられた案内板にしたがって歩いていきます。

2018030704.jpg



曲がり角には必ず案内板があります。

2018030705.jpg



やがて、自然豊かな雰囲気の小径にさしかかります。

2018030706.jpg



気持ちのよい素晴らしい小径が続きます。

2018030707.jpg



木立の中の道を進んでいきます。

2018030708.jpg



やがて、小径の路面が石畳に変わります。いい雰囲気ですね。アッピア街道とまではいきませんが、石畳はいいですね。

2018030709.jpg



と、早川沿いの道に下りていく階段があります。早川沿いに出ると湖尻の方向とは逆方向に進むので戸惑います。

2018030710.jpg



早川沿いを逆方向に歩いていくと、大きな看板が立っています。展望案内図です。箱根の外輪山の案内図です。

2018030711.jpg



正面の山の左手のへこみが乙女峠です。画面の一番右側の山が金時山です。

2018030712.jpg



左に目を転じると、大きな山が見えます。丸岳です。画面の左端の山が下ったあたりが長尾峠です。

2018030713.jpg



さらに早川沿いに進むと、横から流れ込む支流を渡る木橋とその先の早川本流を渡る橋が見えてきます。この橋に誘導するために早川沿いの道は逆方向になっていたんですね。

2018030714.jpg



早川を渡る木橋に立って、saraiは早川の流れを眺めます。

2018030715.jpg



これが早川です。芦ノ湖から流れ出す清流です。これは芦ノ湖の湖尻方向です。

2018030716.jpg



橋を渡って、対岸の道を今度こそ、湖尻方向に向かって歩いていきます。先ほど支流の木橋を渡りましたが、今度は対岸の支流の木橋を渡ります。

2018030717.jpg



やがて、向かい側に先ほど早川沿いの道に下りてきた階段が見えます。ここまでは無駄な回り道だったわけです。しかし、それを配偶者に言うと、気持ちのよい自然を余計に味わわせてもらって感謝しましょうって言われます。それはそうかも・・・。

2018030718.jpg



余計に歩いたせいではありませんが、持病の足の痛みが襲います。どこかで一休みしたいところです。ベンチがほしいなと思っていると、うまい具合に道の真ん中に頃良い高さで斜めに切った切り株があります。まるでベンチみたいなものです。これで足の痛みが治まります。

2018030719.jpg



その先に進むと、すぐに本物のベンチが現れます。これには苦笑しますが、今一度、休みます。

2018030720.jpg



やがて、散策路は早川から離れていきます。笹に両側を挟まれて、まるで笹のトンネルのように見える美しい小径です。

2018030721.jpg



散策路はやがて、広い道にぶつかります。これはサイクリング道です。

2018030722.jpg



しばらく、このサイクリング道を歩きます。

2018030723.jpg



やがて、分岐路に出ます。ここには大きな地図の案内板が立っています。ここから歩道はサイクリング道から離れて、山道を上っていきます。配偶者はsaraiの足を心配して、平坦なサイクリング道を歩こうと言いますが、saraiは大丈夫だから、見晴らしが良さそうな山道を上がろうという方向で話を決します。

2018030724.jpg



さあ、山道を上っていきましょう。山道と言っても道幅の広いしっかりした道です。

2018030725.jpg



振り返ると、今分岐してきた道が見えます。サイクリング道は左が仙石原、右が湖尻方面です。

2018030726.jpg



山道を上っていきますが、道には車の轍が残っています。ハイキング道にもなっていますが、車も通行できるようですね。

2018030727.jpg



山道ではありますが、左側にはずっとゴルフ場が見下ろせます。向かい側の山の中腹では噴煙が上がっています。大涌谷でしょうか。

2018030728.jpg



後ろから車が追い越していき、少し前で停車します。山林の作業中の方たちのようです。少し声を交わすと、幼木が鹿に食べられないように保護ネットを巻き付けているそうです。イノシシは食べないそうです。自然と人間の共生はなかなか難しいんですね。これが保護ネットを巻き付けた幼木です。

2018030729.jpg



保護ネットの設置中であることを示す看板も立っています。

2018030730.jpg



やがて、展望台のようなところに出ます。展望案内板が立っています。

2018030731.jpg



やはり、噴煙の上がっているのは大涌谷でした。その左の山は台ヶ岳、右はつんと突き出た山が冠ヶ岳、その右は神山です。

2018030732.jpg



道の傍らに花をつけた木があります。配偶者によると、ミツマタだそうです。確かに枝先が奇麗に三つに分かれて、花を咲かせています。

2018030733.jpg



山道を下り始めます。やはり、下りは楽です。

2018030734.jpg



このあたりは山林の整備が進んでいて、樹木の間引き作業の説明板も立っています。

2018030735.jpg



大きな樹木も鹿の被害に合わないように竹で保護されています。鹿と人間の共生の難しさが実感できますね。

2018030736.jpg



やがて、山道を下り終えて、また、大きな地図の案内板があります。

2018030737.jpg



先ほど分かれたサイクリング道と合流です。

2018030738.jpg



合流したサイクリング道を湖尻に向かって歩き始めます。振り返って、合流ポイントを眺めます。

2018030739.jpg



まあ、サイクリング道と言っても、山道とそんなに変わらず、結構、起伏があります。

2018030740.jpg



長尾峠に上る道があります。往復1時間ほどのようです。もちろん、そんな体力はありませんから、素通りします。

2018030741.jpg



散策路はずっとゴルフ場に沿っています。樹木がなくて、ゴルフ場が見通せるところがあります。箱根カントリー倶楽部です。

2018030742.jpg



やがて、距離の表示してある道標があります。湖尻まであと2.3キロ、仙石原から5.6キロです。3分の2以上来たようです。あと少し頑張りましょう。

2018030743.jpg



ゴルフ場を抜けた先で突如、芦ノ湖の湖尻水門が姿を現します。

2018030744.jpg



これが芦ノ湖から早川への水の流れをコントロールする湖尻水門です。

2018030745.jpg



途中、足が痛くなったりもしましたが無事にハイキング完了です。じっと芦ノ湖を見入るsaraiです。

2018030746.jpg



ここからまた、芦ノ湖西岸歩道が始まっています。今回はこれでハイキングは終了です。それでも芦ノ湖の湖岸だけは見に行きましょう。

2018030747.jpg



芦ノ湖の湖岸に立ちます。

2018030748.jpg



釣り船で糸を垂れる人もいますね。のんびりした風景です。

2018030749.jpg



湖側から湖尻水門を眺めます。

2018030750.jpg



湖畔にはコテージが立ち並んでいますが、今の時期は休業中のようです。春休みでもなれば賑わうのでしょう。ここは芦ノ湖キャンプ村です。

2018030751.jpg



バーベキューをするテーブルも並んでいますが、今は閑散としたものです。

2018030752.jpg



美しい林を抜けて、桃源台に向かいます。

2018030753.jpg



桃源台のロープウェーのゴンドラが見えます。

2018030754.jpg



桃源台からはバスに乗って、仙石原に戻ります。その前にここでランチをいただきましょう。展望レストランの窓からは芦ノ湖クルーズの海賊船が見えます。

2018030755.jpg



saraiはメンチカツカレーをいただきます。

2018030756.jpg



配偶者はとろろそば。

2018030757.jpg



ランチを美味しくいただき、15分おきのバスにゆったり座って、15分ほどであっという間に仙石原に帰着。バスはさすがに早いですね。
リゾート宿で温泉に浸かって、疲れを癒しました。
明日はゆったりと過ごしましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR