FC2ブログ
 
  

ロータス・カルテット:ベートーヴェン後期弦楽四重奏曲の2大名作を聴く@鵠沼サロンコンサート 2018.3.13

昨年のロータス・カルテット ベートーヴェン・サイクル 2017の最終コンサートと同じプログラムの公演です。あのコンサートは本当に凄かった!生涯に数回というレベルのコンサートでした。今日のコンサートはさすがにあのコンサートの再現とはなりませんでしたが、素晴らしく、美しいアンサンブルに聴き入りました。多分、昨年との違いは昨年はベートーヴェン・サイクルの最終日の演奏の高揚だったということと昨年は極上の響きの鶴見サルビアホールだったことに対して、今回は小さなレストランのサロンコンサート会場だということでしょう。今回は落ち着いた響きが聴けて、それはそれでよかったんですが、感動的な思いには至りませんでした。そんなものですね。

前半の弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132は5楽章から成るアーチ型の構造の作品ですが、真ん中の第3楽章の祈りにも思える音楽も心に響きましたが、それ以上に第5楽章の物悲しい調べが心に沁みました。圧倒的な美しさが耳から離れませんでした。

後半の弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131はベートーヴェンが作り出した最高の音楽です。第1楽章から哀しみに満ちた音楽が続きます。圧巻だったのは最後の第7楽章です。第7楽章の終盤は人間ベートーヴェンが力を振り絞って前に向かって進んでいく姿が表現されます。力強い人間の歩みではありますが、そこには哀しさも強く滲んでいます。なぜか共感できるものがあります。人は苦しみや哀しみを背負っていても常に前に向かって進んでいかないといけません。これは人の運命であり、ミッションとも言えます。その先に何が待ち受けていたとしてもただひたすら進み続けるしかありません。そこに大きな哀しみがあふれ出します。ベートーヴェンが到達した最後の境地です。その究極の音楽がサロンの空間に流れます。素晴らしい音楽に感銘を受けます。そして、突然のフィナーレです。ロータス・カルテットの4人はいつも素晴らしい音楽を聴かせてくれます。

今日のプログラムは以下のとおりでした。

  ロータス・カルテット
    小林幸子vn  マティアス・ノインドルフvn
    山碕智子va  斎藤千尋vc

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第15番 イ短調 Op.132

   《休憩》

  ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ長調 Op.131


アンコールはなしです。この2曲を演奏した後にアンコールで弾ける曲はないそうです。それはそうですね。十分、聴かせてもらいました。また、2日後にはまた、鶴見サルビアホールでロータス・カルテットの演奏を聴かせてもらいますから、それを楽しみにしましょう。

最後に予習について触れておきます。
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第14番と第15番は以下の3つのセットを聴きました。

 ブッシュ弦楽四重奏団 1936年(第14番) 1937年(第15番) ロンドン、アビーロード
 リンゼイ弦楽四重奏団(リンゼイズ) 1回目(1980年代) ロンドン
 グァルネリ弦楽四重奏団 1987年~1991年、ニューヨーク、アメリカ文芸アカデミー

ブッシュ弦楽四重奏団は最高の演奏。リンゼイ弦楽四重奏団はそれに迫る演奏です。グァルネリ弦楽四重奏団も素晴らしいですが、前者ほどではありません。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!

関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ロータス・カルテット,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR