FC2ブログ
 
  

ゴッタルド・パノラマ・エキスプレスの旅:ルツェルン湖の観光船

2017年7月23日土曜日@ベリンツォーナ~ルツェルン/20回目

ベリンツォーナBellinzonaからルツェルンLuzernに向けて、ゴッタルド・パノラマ・エキスプレスGotthard Panorama Expressの旅を楽しんでいます。

ゴッタルド・パノラマ・エキスプレスがルツェルン湖の観光船乗り場のあるフリューレンFlühlenの駅に到着したところです。
ちょうどのタイミングで観光船がやってきます。

2018032901.jpg



観光船が船着き場に着岸します。

2018032902.jpg



もともとの予定の観光船なのか、到着したときにやってきた観光船に乗り継ぐシステムなのかは分かりませんが、待ち時間ゼロで観光船に乗車します。早速、観光船に乗り込んで、湖上の旅を始めます。ゴッタルド・パノラマ・エキスプレスの乗客は観光船の一等客室に乗れる権利があります。まずは一等船室内のレストランのテーブルにつきます。そうしているうちに観光船はフリューレンの船着き場を離れていきます。

2018032903.jpg



観光船はフリューレンの船着き場をぐんぐん、離れていきます。

2018032904.jpg



フリューレンはルツェルン湖の南端に位置しています。ここから、北上して、北端にあるルツェルンの町に向かいます。碧い湖面は美しいですが、空はどんよりと曇っています。

2018032905.jpg



北に向かって、船首の方向を回転しています。

2018032906.jpg



フリューレンの町を右手に見ながら、船は北上し始めます。ローマカトリック巡礼教会Röm. katholisches Pfarramtの姿が見えています。

2018032907.jpg



フリューレンの町の背後にひかえる山の上は雲で煙っています。

2018032908.jpg



フリューレンの町をあとにして、観光船はスピードを上げていきます。

2018032909.jpg



楽しいクルーズ旅が本格的に始まります。しかし、ここで問題発生。船内で何を食べるかでsaraiと配偶者は言い争いになって、これ以降、口もきかなくなります。折角のクルーズ旅とルツェルン観光が台無しです。ですから、この後の記事は盛り上がりません。歳を取って、saraiは頑固になったんでしょう。悲しいことです。これじゃ、これからの旅も難しくなりますね。明日からの旅が怖い・・・。
とりあえず、食事のオーダーは済ませます。まずはコーヒーをいただきます。

2018032910.jpg



食事はスープで始まります。

2018032911.jpg



気の乗らぬ食事の間、観光船は順調に進んでいきます。最初の寄港地に着岸します。

2018032912.jpg



ブルンネンBrunnenです。

2018032913.jpg



ブルンネンから先のルツェルン湖は複雑な地形に変わります。まずは大きく左に舵を切って、西のほうに向かっていきます。

2018032914.jpg



フリューレンに向かう観光船とすれ違います。このあたりがちょうど、航路の真ん中あたりです。

2018032915.jpg



きづまりな船旅が続きます。雲も低く垂れこめています。

2018032916.jpg



湖畔には豪華な建物が点在しています。

2018032917.jpg



ヨット遊びの人もいます。

2018032918.jpg



土地の子供たちが暇そうに湖面を進む観光船を眺めています。

2018032919.jpg



立派なボートハウスがあります。

2018032920.jpg



ここはゲルサウGersauの町です。瀟洒な建物が並びます。

2018032921.jpg



ゲルサウの船着き場に到着。

2018032922.jpg



ゲルサウを出て、さらに西のほうに進みます。

2018032923.jpg



モーターボートで疾走している人たちがいます。湖岸には綺麗な建物が並びます。

2018032924.jpg



やがて、湖の幅が狭くなって、北のほうに湖面が曲がっていきます。観光船はゆっくりと舳先を転換していきます。

2018032925.jpg



また、別の観光船と行き会います。

2018032926.jpg



ルツェルンまで、あと1時間ほどです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR