FC2ブログ
 
  

私はマーラーの9番を聴くために生まれてきた! カンブルラン&読売日本交響楽団@サントリーホール 2018読売日本交響楽団@サントリーホール 2018.4.20

素晴らしい演奏でした。先週、新たに定期会員になった東京交響楽団のシーズン最初のプログラムで素晴らしいマーラーとブルックナーを聴いたばかりですが、今度はやはり新たに定期会員になった読売日本交響楽団のシーズン最初のプログラムでsaraiの最も愛する音楽作品、マーラーの交響曲第9番の素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。この演奏を聴きながら、saraiの胸に去来した思いは、自分はこのマーラーの9番を聴くために生まれてきたんだということです。人それぞれ人生への思いはあるでしょうが、saraiはこの作品と出会ったことが一番の強い感情です。もちろん、この作品への思いは単なる芸術作品への愛情を超えて、自分の人生観と強く結び付いたものです。マーラーの妻アルマへの愛と死生観が強く反映された、この作品は、saraiの妻への愛と来たるべき自分の死と重ね合わせることなしには聴けません。自分の個人的感情と人生感がストレートにこの音楽作品に投影されています。ですから、通常の意味で音楽や演奏の感想は綴ることができません。簡単に要約するだけに留めます。素晴らしかったのは第1楽章です。すべてのフラグメントが音楽的に意味付けされて、巨大なパズルとして組み上げられていました。楽譜をきちんと読み込んだカンブルランとその指揮に見事に応えた読売日本交響楽団のアンサンブルの素晴らしさに感銘を受けました。第4楽章は音楽を超えた何かがありました。優しい愛の詩でしょうか。マーラーの愛は甘美な死に昇華したように感じました。カンブルランはいわゆるマーラー指揮者ではないでしょうが、それ故に実に丁寧に楽譜に忠実な演奏をしてくれたように感じます。そこらのちょっとしたマーラー指揮者には真似をできないようなレベルのマーラー演奏でした。また、読響の管楽器奏者たちの見事な演奏にも驚嘆しました。とりわけ、木管の素晴らしさには感動しました。第4楽章の中間部分の長い木管パートの見事な演奏に魅了されました。もちろん、弦楽器奏者たちが素晴らしかったのは期待通りです。対向に配置された第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンの繊細で美しい演奏にはうっとりとしました。ユニゾン、掛け合いなど、マーラーがその音楽の集大成として、練り上げたすべてが完璧に再現されました。

もう、これ以上、書くことはありません。というか、書き尽せるわけがありません・・・。残りはsaraiの胸の内に仕舞っておきます。
ところで誤解のないように付記しますが、今日の演奏が最高の演奏だったというわけではありません。マーラーの9番の実演は毎回が一期一会の演奏です。それぞれの演奏への思いは異なります。毎回、実演を通して、マーラーの魂と会話する機会を持てるのが喜びです。今日もそういう気持ちにさせてくれる演奏だったということです。次の機会は秋のラトル&ロンドン交響楽団の公演になります。


今日のプログラムは以下です。

  指揮:シルヴァン・カンブルラン
  管弦楽:読売日本交響楽団 小森谷 巧(コンサートマスター)

  アイヴズ:ニューイングランドの3つの場所

   《休憩》

  マーラー:交響曲 第9番 ニ長調



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR