FC2ブログ
 
  

伊藤恵 ピアノ・リサイタル@横浜上大岡ひまわりの郷ホール 2018.5.20

この1週間で4回のピアノ・リサイタルを聴きます。その皮切りが今日の伊藤恵のピアノ・リサイタルです。

久しぶりに伊藤恵のピアノを聴きましたが、その演奏は期待以上のものでした。ベートーヴェンもシューマンもショパンも同様に最高水準の演奏で、とても満足できました。驚くべきことにどの作曲家の作品も演奏スタイルはほぼ同じです。作曲家自体の作品が独自の個性を持っているので、同じスタイルで演奏すると、どうしてもどこかに違和感が残るはずですが、このピアニストの場合はまったくそういうことがありません。彼女の演奏スタイルは実にオーソドックスだから、こういうことが可能になるんでしょう。普通、オーソドックスな演奏はえてして、つまらないものになることが多いのですが、彼女の場合、この若さで既に巨匠の風格すら感じさせられます。その演奏のベースは深々とした柔らかい響きです。saraiは硬質のピュアーなタッチを好みますが、そういう好みを超えて、納得させられる響きです。その響きにふさわしい、ゆったりとしたテンポのピアニズム。しかし、決して遅すぎないテンポです。テクニックはきっちりしていて、完ぺきにインテンポで進んでいきます。アーティキュレーションも素晴らしく、聴きごたえがあります。その安定したピアニズムのなかで強い感情移入もみられます。彼女の音楽表現にこちらも次第に音楽世界に没入していきます。
前半のプログラムのベートーヴェンはその正統的な表現にとても感銘を受けました。「ワルトシュタイン」は終盤の盛り上がりが見事でした。短い第2楽章の表現も素晴らしかったです。しかし、さらに素晴らしかったのはアパッショナータです。第1楽章の序奏から緊張感の高い演奏で、聴き慣れた曲であるにもかかわらず、飽きることのない高い音楽表現です。ベートーヴェンをここまで弾ける人が世界にどれだけいるでしょう。第1楽章の堂々とした輝かしい演奏。第2楽章の深い精神性。第3楽章の終盤のスリリングで緊張感高い演奏。名人クラスの素晴らしい演奏でした。

後半のプログラムの最初はシューマンのアラベスク。これはベートーヴェンの演奏を上回るような素晴らしい演奏でした。シューマンの本質を突いた見事な演奏。どこか懐かしさを感じさせるような演奏、そして、シューマンならではの曲想の転換の見事さ、さらにはフィナーレのロマンティックな夢見るような表現には大変な感銘を受けました。
最後はショパンの12のエチュード Op.25です。これは正直言って、あまり、期待していませんでした。むしろ、シューマンのクライスレリアーナでも聴きたかったなあと思っていました。しかし、これも予想を覆す見事な演奏でした。とりわけ、最後の4曲は鳥肌の立つような凄い演奏。名曲《木枯らし》の素晴らしさには言葉もありません。圧巻の演奏でした。

この日のプログラムは以下の内容です。

 ピアノ:伊藤恵

 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番ハ長調 Op.53「ワルトシュタイン」
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番ヘ短調 Op.57「熱情(アパッショナータ)」

  《休憩》

 シューマン:アラベスク Op.18
 ショパン:12のエチュード Op.25

  《アンコール》

    シューマン:子供の情景 Op.15 より 第7曲 トロイメライ(夢) ヘ長調

明日1日置いて、3日間連続でピアノを聴きます。アンジェラ・ヒューイットの大プロジェクトのバッハ全曲演奏シリーズも全12回のうち、第5回、第6回のコンサートです。これで半分になります。今回は平均律クラヴィール曲集第1巻、ゴルトベルク変奏曲という傑作中の傑作です。期待するなというほうが無理です。CDで予習する限り、ヒューイットの演奏は素晴らしいです。プロコフィエフのスペシャリスト、トラーゼのリサイタルも楽しみです。ピアノ好きには大変な1週間です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       伊藤恵,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR