FC2ブログ
 
  

ルツェルンからザルツブルクに向けて、出発

2017年7月26日火曜日@ルツェルン~ザルツブルク/11回目

ルツェルンLuzernの街歩きを終えて、旧市街を通って、ホテルに向かっています。ロイス川の川岸に沿って、ぶらぶら歩いているといつもその前を通っているイエズス会教会Jesuitenkirchが目に留まります。で、ちょっと内部を見学します。ヨーロッパの古都を歩いていると、キリスト教徒でもないのに教会の中を見るのが楽しみの一つです。内部は見事なバロック様式の装飾が施された華麗な空間が広がっています。

2018072101.jpg



中に入り、少し進んだところで後ろを振り返って、びっくり・・・とっても美しい装飾のパイプオルガンあります。チューリッヒの名工メッツラーの手によるものなのだそうです。古いものではなく、20世紀に作られたそうです。いかにもよい響きがしそうですね。まわりの天井画も美しいです。

2018072102.jpg



素晴らしい祭壇画もあります。天上の聖母子を仰ぎ見るという、ありそうであまりない画題です。この絵画もよいのですが、祭壇画の装飾が実に豪華です。

2018072103.jpg



バロック、ロココに彩られた美しい教会に感嘆しました。これを以って、ルツェルン散策は終了。結果的に楽しい散策でした。

ホテルに戻って、預けていた荷物を受け取って、朝予習済みのルートでバスに乗って、ルツェルン駅に移動します。朝購入したバスの1日乗車券の元は取れました。
駅前には巨大な門のモニュメントが建っています。これは1971年に焼失した旧駅舎の正面ファサードで、これだけが焼け残ったんだそうです。これだけを残して、新駅舎を後退させた場所にデザインした建築家の発想は素晴らしいですね。

2018072104.jpg



まだ、予定の電車の時刻までは30分以上もありますが、ともかく、プラットホームに行きましょう。ここからは1時間ほどでチューリッヒZürichまで行き、そこからは直通のレールジェットに乗り換えて、ザルツブルクに向かいます。駅構内に入ると、この時間(午後2時ちょっと前)は意外に閑散としています。

2018072105.jpg



と、ここで意外な邂逅があります。メンリッヒェンの頂上のホテルでご一緒して、歓談した日本人のご夫婦です。なんでもメンリッヒェンから日帰りでルツェルンに遠征してきて、これからメンリッヒェンに戻るそうです。しばし、ご挨拶します。いやあ、驚いた!

2018072106.jpg



インターラーケン行きの電車のホームに移動するご夫婦をお見送りします。

2018072107.jpg



さあて、電車が来るまで30分ほどホームで待ちましょう。

2018072108.jpg



チューリッヒ行きのIRが出発する6番ホームはまだ閑散としています。

2018072109.jpg



珍しく、余裕のある時間に来たので、延々と電車の到着を待ちます。

2018072110.jpg



予定通り、チューリッヒ中央駅行のIRに乗り、50分ほどの鉄道の旅です。途中、チューリッヒ湖の湖岸を走ります。チューリッヒまではチューリッヒ湖岸をあと15分ほど走ることになります。

2018072111.jpg



ネットで事前に購入したチケットはルツェルンからザルツブルクSalzburgまでの通しのチケットです。

2018072112.jpg



予定通りの時間にチューリッヒ中央駅に到着。乗り換え時間は15分ですから、余裕です。レールジェットの発車するホームを確認します。

2018072113.jpg



10番ホームに行くと、既にレールジェットは入線しています。これは食堂車です。後で美味しい食事をいただきましょう。

2018072114.jpg



ここからはザルツブルクまで5時間半もの長い旅になります。念のため、ちゃんと指定席を確保しておきました。

2018072115.jpg



さあ、いよいよザルツブルクに向けての最終コースです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR