FC2ブログ
 
  

遂に旅の最終目的地ザルツブルクに到着

2017年7月26日火曜日@ルツェルン~ザルツブルク/13回目

ルツェルンLuzernからザルツブルクSalzburgに向けて、鉄道で移動中です。チューリッヒZürichから乗ったザルツブルク経由ウィーン行のレールジェットに乗車しています。鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。

2018072301.jpg



ブルーデンツBludenzを出たレールジェットはチロルの真っただ中を走り抜けていきます。

2018072302.jpg



昨年滞在したザンクト・アントンSankt Anton am Arlbergを通り過ぎて、イン川の流れに沿って、走ります。

2018072303.jpg



イムスト・ピッツタールImst-Pitztalの駅に停車。

2018072304.jpg



次いで、エッツタールÖtztalの駅に停車。いずれもイン川沿いの町です。

2018072305.jpg



山々と山々の間のイン川の流れる緑の平原の中を走っていきます。

2018072306.jpg



山々には雲が垂れ込んできます。まあ、通過する電車から眺めているだけなので、どうってことはありませんけどね。

2018072307.jpg



また、どこまでもチロルらしい風景が続きます。山々に囲まれた緑の平原です。

2018072308.jpg



そのチロルっぽい風景の中、インスブルックInnsbruckに近づいていきます。

2018072309.jpg



インスブルックも通過して、車窓の風景にも飽きてきて、うつらうつらしながら、2時間ほど走って、遂にザルツブルク中央駅に到着。さっとホームに降り立ちます。このレールジェットはこの先、ウィーンまで行きます。

2018072310.jpg



チューリッヒから5時間半の長い乗車でした。到着したザルツブルクは小雨です。もう10時を過ぎていて、駅前は暗くて人も少ないです。雨が降る中をバスでホテルに向かうことにします。が、予定していたホテルまでの路線のバスが運行表にありません。たまたま別のバスから降りてきた運転手に訊くと、この時間はその路線のバスはもう走っていないとのことで、ほぼ同じところまで行く別の路線のバスを教えてくれます。まずは自動販売機でバスの1回券のチケットを購入します。

2018072311.jpg



バスはすぐにやってきて、最寄りのバス停、コングレスCongressで降車。バス停からちょっと歩くと無事にホテルに到着です。今日から泊まるのはホテル ヴィラ カールトンVilla Carlton, Salzburgです。
チェックインのときに、【曇り・雨】の天気予報の紙が張ってあるので、レセプションのお兄さんに明日の天気はどうでしょうねって訊くと、どうやら、その紙は今日のお天気のことだったらしく、明日も同じだよって言われてしまいます。また、今日はとっても寒かったんだよとのこと。そういえば、駅や道で出会った人は、もう晩秋のような服装でした。ヨーロッパはそろそろ夏は終わりのようですね。宿泊する部屋に入ると、椅子には暖かそうなファーがかけてあります。

2018072312.jpg



デザインホテルのようなお洒落な内装です。

2018072313.jpg



ソファーもお洒落ですね。ちょっと張り込んだだけのことはあります。もっともこのホテルはザルツブルクの最初の2泊だけで、その後はsaraiの身分に相応しいホテルに移動します。

2018072314.jpg



水回りも綺麗です。

2018072315.jpg



快適そうなデスクにPCをセットします。無論、ヴェローナで購入したPCです。

2018072316.jpg



今回の旅は最初からトラブル続きでしたが、ようやく、ここまでたどり着きました。
明日からはザルツブルク音楽祭で音楽三昧の日が続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR