FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:ウィーンへのとんぼ返りの鉄道旅

2017年7月28日木曜日@ザルツブルク~ウィーン/1回目

旅の9日目、ザルツブルクSalzburgの3日目です。

今日は姉たちがウィーンの空港から帰国する予定です。朝起きだして、姉たちの部屋に我々がウィーンの空港まで送っていくことにしたことを知らせに行きます。姉は嬉しそうです。きっと不安だったんでしょう。
今日から我々もホテルを移動します。より祝祭大劇場に近くて、宿泊費もリーズナブルなホテルに移るんです。荷物をまとめ、ホテルに預けてチェックアウトします。
バスでザルツブルク中央駅まで行きます。あくまでも公共交通機関を利用する原則は曲げません。涼しくて気持ちの良い朝です。駅に着き、早速、窓口でウィーンまでの2人分の往復チケットを購入します。当日券ですからとても高価です。ファーストクラスですから、指定席は購入しません。

2018073001.jpg



窓口のお姉さんは、帰りも今日なのと日帰りすることを驚いています。そして、ファーストクラス専用ラウンジがあるから利用してねと教えてくれます。エッ、そんなものがあるとは知りませんでした。いつも、ネットで安いチケットを買ってますからね。駅が新しくなった時に、作られたのでしょう。
30分以上は余裕があるので、そのファーストクラス専用ラウンジなるものに行ってみましょう。ファーストクラス専用ラウンジの入り口でチケットのチェックがあります。我々二人は高価な定価チケットですから当然ですが、ネットで購入した格安チケットもOKです。中は広々していて、いくつもソファーおいてあり、静かで快適です。

2018073002.jpg



コーヒー、ジュースやパンもあります。果物もあります。

2018073003.jpg



運行状況を表示するディスプレイもありますから、落ち着いて、レールジェットの到着までの時間を過ごせそうです。

2018073004.jpg



しっかり朝食を頂きます。たいした朝食ではありませんが、無料ですから、文句は言えません。事前に買っておいたパンは後で食べましょう。

2018073005.jpg



なお、後日、ファーストクラスのバイエルンチケットで入ろうとしたら、見事に断られました。レールジェットじゃないと駄目みたい・・・。

インスブルック~ザルツブルク間の工事で予告通り遅れているレールジェットを待って、ぎりぎりまでファーストクラス専用ラウンジで粘ります。そろそろかなと頃合をみて、ファーストクラス専用ラウンジを出て、ホームに上がります。ホームに向かうときにチェックすると、隣には一般の待合室がありました。もちろん、ただのベンチです!
定刻を既に10分以上、過ぎていますが、レールジェットはまだまだのようです。

2018073006.jpg



まずは列車編成表をチェックしましょう。

2018073007.jpg



ファーストクラスの車両は真ん中と一番後ろにありますが、姉たちの指定席車両は真ん中です。ホームの4Dのあたりで待てばよいようです。

2018073008.jpg



なかなか来ませんね。

2018073009.jpg



結局、20分以上遅れての到着です。早速、乗り込みます。ファーストクラスはがらがらです。席に着くと、すぐに車掌さんがやってきます。

2018073010.jpg



出発すると、車窓にウンタースベルクUntersbergが見えます。どうせ、すぐにザルツブルクに戻ってくるので、別れの感傷とかはありません。

2018073011.jpg



ファーストクラスのサービスでスナックが配られてきます。テーブルには食事のメニューも広げられていますが、朝食は済ませたばかりです。

2018073012.jpg



片道3時間の思いがけない鉄道の旅が始まります。車窓には風光明媚なザルツカンマーグートの風景が広がります。空は少し、曇っています。

2018073013.jpg



このあたりの風景はいつ見ても美しいこと、この上もありません。

2018073014.jpg



駅で買い求めていたアップルパイをテーブルに乗せます。本当は朝食用だったんです。

2018073015.jpg



我々二人はとんぼ返りですが、姉と姪っこは帰国に向けての最後の鉄道の旅が続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR