fc2ブログ
 
  

ヨーロッパ遠征の日程:バイロイト初見参

今年のヨーロッパ遠征の日程を順次、詰めているところです。

初のバイロイト訪問なので、ポイントをチェックします。
まあ、それよりもバイロイト祝祭劇場での《トリスタンとイゾルデ》と《パルジファル》の長大な2大傑作を2日間連続で聴くことが最優先ではあります。
ですから、到着した夕方に辺境伯歌劇場(5年間の修復工事が今年終わって、ようやく公開)とワーグナーが住んでいたヴァンフリート荘(お庭にワーグナーのお墓)を見ることぐらいにして、あとは体調を整えて、ワーグナーの楽劇に臨みましょう。いずれの公演も4時に始まり、2回の幕間休憩(1時間!!)を入れて、6時間以上はかかりそうです。夕食はどうしましょう。バイロイト祝祭劇場には豪華なシュタイゲンベルガーの祝祭レストランがあり、公演前、2回の幕間休憩を通したコース料理が提供されるそうです。これも1度は経験しておくのもいいかもしれませんね。配偶者に話を持ち掛けてみると、乗り気でした。もちろん、高額なディナーになりますが、公演チケット代に比べると何てことはないでしょう。でも、そんな食事を摂ると眠くなるかなあ。ワインはなしにしたほうがいいかもしれません。決心したら、テーブル予約を入れておきましょう。

バイロイト音楽祭の2日間を終えた後、北ドイツに戻るのはやめて、ハイデルベルク、マンハイムというライン川近くの町に向かいます。以前のライン川の旅で取りこぼした町です。今回は最初の訪問地(トランジットですけどね)のデュッセルドルフもそのときに取りこぼした町ですから、ほぼ、これでライン川の主要な町を制覇したことになります。あとはフライブルクとカールスルーエくらいでしょうか。因みにライン川の旅でハイデルベルク、マンハイムを取りこぼしたのは代わりにストラスブール訪問を選択したからです。

《パルジファル》の公演の翌朝、バイロイトを発ち、ニュルンベルク、シュトゥットガルト経由で4時間の鉄道の旅でハイデルベルクに到着します。いったん、ホテルにチェックインしたあと、市内観光。ハイデルベルクと言えば、音楽ファンならば、大指揮者フルトヴェングラーのお墓詣りは欠かせません。saraiは日本フルトヴェングラーセンターの会員になるほど、フルトヴェングラーに入れ込んでいますからね。ベルクフリートホフBergfriedhof墓地のお墓の前ではフルトヴェングラーの名演をPCで聴きましょう。何にしようかな。普通はベートーヴェンの交響曲第9番ですが、バイロイトで《トリスタンとイゾルデ》を聴いたばかりですから、その抜粋、前奏曲と愛の死もいいかもしれません。お葬式のあった精霊教会にも行かないといけません。1954年のお葬式では、ヨッフム指揮のベルリン・フィルがモーツァルトの「フリーメイソンの葬送音楽」を演奏したそうです。ここではそれを聴きながら、フルトヴェングラーを偲びましょう。
あとはハイデルベルク大学、ハイデルベルク城、哲学者の道も行きましょう。町歩きは翌日まで続きます。余った時間、ネッカー川沿いの小さな町にも訪れてみたいものです。明日、検討してみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!





関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR