fc2ブログ
 
  

大フーガはウィーンの響き:シュトイデ・クァルテット@鶴見サルビアホール 2018.10.18

正直、後半のベートーヴェンは美しい演奏ながら、まだまだ、ベートーヴェン後期に必須の深い味わいがもう一つの感は否めません。しかし、ウィーン・フィルの美しい響きを思わせる演奏にうっとりと聴き惚れたのも事実です。この鶴見サルビアホールでも、こういう美しさに満ちた演奏はそうそうはあるものではありません。ウィーン・フィルのコンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデのヴァイオリンの響きがとりわけ素晴らしかったのに感銘を受けました。現在、ウィーン・フィルの現役のコンサートマスターが主宰するカルテットはこの団体のみなので、今後、さらに飛躍を遂げてもらいたいと思います。

前半のホフシュテッターの弦楽四重奏曲は第2楽章が有名な「ハイドンのセレナード」です。子供の頃に、有名なセレナードを集めたアルバムでよく聴いていた思い出があります。実演で聴くのは初めてではないかしら。ホフシュテッターというのは本業は修道士でアマチュアの作曲家だったんですね。まるで本物のハイドンが作曲したような見事な作品です。シュトイデ・クァルテットは第2ヴァイオリンのホルガー・グローが体調不良で来日できずに代わりに同じウィーン・フィルの女性ヴァイオリニストが参加していましたが、きっちり息の合ったアンサンブルを聴かせてくれました。「ハイドンのセレナード」は他の3人の伴奏でシュトイデの一人舞台でしたが、ヴァイオリンの音色の美しさに魅了されました。

続く2曲目のツェムリンスキーの《弦楽四重奏のための2つの小品》はまさにウィーン風の魅惑的な美しさ。新ウィーン学派に似た曲ですが、ウィーンらしい熱っぽさよりも甘美さが優る官能的な作品です。とりわけ、第1楽章の序奏部や第2楽章のやるせない思いを感じさせられるところは何とも魅惑的です。夢の中にいるような気分で聴き入りました。ツェムリンスキーの弦楽四重奏曲がこんなに美しいとは思っていませんでした。よいものを聴きました。

後半のベートーヴェンは後期の作品。第13番、第14番、第15番はピアノソナタの後期3曲とともに、saraiにとって特別な曲です。この鶴見サルビアホールでも、よく演奏されますが、ロータス・カルテットの素晴らしい演奏は忘れられない名演でした。さすがにあれを超える演奏はいかにウィーン・フィルのメンバーでも難しいようです。カヴァティーナも美しい演奏でしたが、ロータス・カルテットの最高の演奏には及びませんでした。むしろ、終楽章の大フーガはまるでウィーン・フィルが演奏しているような迫力に満ちた演奏。その白熱した演奏に圧倒されました。大フーガが今日の一番の演奏でした。

アンコールのボロディンは冒頭のチェロで奏される有名なメロディーの美しさにうっとりします。シュトイデのヴァイオリンの高音で引き継がれて、さらにうっとり。全編、美しい演奏に満足です。これでこそ、アンコール曲ですね。

今日のプログラムは以下です。

  弦楽四重奏:シュトイデ・クァルテット
    フォルクハルト・シュトイデ vn アデラ・フレシネアヌ vn エルマー・ランデラー va  ヴォルフガンク・ヘルテル vc

  ホフシュテッター(伝ハイドン): 弦楽四重奏曲ヘ長調(ハイドンOp.3-5)「セレナード」
  ツェムリンスキー: 弦楽四重奏のための2つの小品

   《休憩》

  ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲 第13番変ロ長調 Op.130+133「大フーガ付」

   《アンコール》
    ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 ニ長調 から、第3楽章 ノクターン

最後に予習について触れておきます。
1曲目のホフシュテッターの弦楽四重奏曲ヘ長調「セレナード」は以下のCDを聴きました。

 コダーイ弦楽四重奏団 2000年録音 ブダペスト、フェニックス・スタジオ

これはNAXOSから出ている25枚組のハイドン弦楽四重奏曲全集の1枚です。無論、ハイドンの作曲ではないのですが、ハイドンの作品番号の作品3が付けられているので、全集に含めてもいいでしょう。そんなに有名な団体ではありませんが、美しい演奏を聴かせてくれています。

2曲目のツェムリンスキーの《弦楽四重奏のための2つの小品》は以下のCDで予習をしました。

 シェーンベルク四重奏団  1994年録音 オランダ、レンスワウデ、オランダ改革派教会

これはあまりCDがありません。CHANDOSレーベルから出ているシェーンベルク四重奏団の2枚組のツェムリンスキーの弦楽四重奏曲全集の中に含まれています。演奏は素晴らしいです。バルトークの弦楽四重奏曲に甘美さを加えたような演奏に思えて、とても楽しめます。ツェムリンスキーって、こんなに美しい曲を書いているんですね。オーケストラ曲よりも弦楽四重奏曲のほうがよいくらいです。

3曲目のベートーヴェンの弦楽四重奏曲 第13番は以下のCDを聴きました。

 ハーゲン弦楽四重奏団 2001年録音 オーストリア、ザルツカンマーグート、モントゼー

ハーゲン弦楽四重奏団の新鮮なアプローチが光りますが、実演で聴いた演奏には及びません。ベートーヴェンの全集盤の録音が望まれます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR