FC2ブログ
 
  

ガルミッシュ=パルテンキルヒェンからミュンヘンを経て、ザルツブルクへ

2017年8月1日火曜日@ガルミッシュ=パルテンキルヒェン~ツークシュピッツェ~ザルツブルク/17回目

ザルツブルク音楽祭Salzburger Festspieleを1日離れて、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenに来ています。ツークシュピッツェZugspitzeに登った後、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに戻り、ミュンヘン経由でザルツブルクに帰ろうとしているところです。
ホームの向かいには国境を越えて、チロルに向かう電車が停車しています。これに乗って、インスブルック経由でザルツブルクに戻ることもできますが、ミュンヘン経由のほうが少し到着時間が早いんです。

2018111901.jpg



ミュンヘン・パージングMünchen-Pasing行きの2時7分発の電車が入線しましたが、ホームの端のほうに停まりました。待っていた人たちと一緒にぞろぞろと移動して、乗り込みます。

2018111902.jpg



電車のチケットは昨日と同じく、ネットで購入したバイエルンチケットです。もちろん、セカンドクラスの格安チケットです。

2018111903.jpg



ミュンヘン・パージング行きの電車は定刻に発車。車窓にはドイツアルプスの峰々が見えています。

2018111904.jpg



駅の構内を出て、緑の草原の中に出ます。アルプスの岩山がくっきりと見えています。

2018111905.jpg



バイエルンの綺麗な野原の中をミュンヘンに向かって走っていきます。

2018111906.jpg



今日は午前中、慌ただしく過ぎてしまい、まだ、昼食も食べていません。ガルミッシュ=パルテンキルヒェンの駅舎の中にあったバーガーキングのお店で調達したワッパーとコーラで遅いランチをいただきます。

2018111907.jpg



ムルナウMurnauを過ぎ、ヴァイハイムWeilheimを出たところです。林を抜けて、綺麗な野原に出てきます。

2018111908.jpg



トゥッツィングTutzingを過ぎると、シュタルンベルク湖Starnbergseeの湖面が車窓に広がります。

2018111909.jpg



シュタルンベルク湖の北端のシュタルンベルクStarnbergの船着き場です。

2018111910.jpg



湖畔の野原では、残り少ない夏の陽光を浴びる人たちが水着姿で日光浴を楽しんでいます。

2018111911.jpg



シュタルンベルク湖がよく見えます。対岸まで見通せます。対岸にあるベルク城はルードヴィヒ2世が非業の死を遂げた舞台です。時間をやりくりして、その現場を見に行こうと配偶者に提案してみましたが、却下されました。配偶者はルードヴィヒのファンなのにね。

2018111912.jpg



やがて、シュタルンベルク湖から線路は離れていきます。これでシュタルンベルク湖を見ることもないかもしれません。

2018111913.jpg



ミュンヘン・パージング駅でSバーンの電車を乗り継ぎ、ミュンヘン・オスト駅München Ostでザルツブルク中央駅Salzburg Hbf 行きの電車に無事、乗り換え完了。
やがて、遠くにキーム湖Chiemseeが見えてきます。来るときにも見たのですが、あれが昨日のことだったとは思えないほど、色んなことがありました。

2018111914.jpg



すぐにキーム湖の姿は見えなくなり、畑が広がります。キーム湖はこの先にある筈ですが、樹木に遮られて、その姿を見ることはできません。

2018111915.jpg



ザルツブルクまで、もう1時間足らずです。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR