FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:町でぶらぶら、お買い物

2017年8月2日水曜日@ザルツブルク/1回目

旅の14日目、ザルツブルクSalzburgの通算7日目です。

今日はガルミッシュ・パルテンキルヒェンGarmisch-Partenkirchenへの小旅行の疲れもあり、また、それ以上にここ数日の30度を超える猛暑もあり、予定していたヴェルヒェンWerfenの氷窟探索は中止。ザルツブルクでゆっくりと過ごすことにします。
朝はホテルの近くのスーパーのシュパーSPARに朝食の買い出しに出かけます。朝から日差しが強いので、日陰を選んで歩きます。

2018112101.jpg



スーパーにはパックされた魚が並んでいます。美味しそうですが、生ものは買えませんね。

2018112102.jpg



サンドイッチやカットされた果物があります。このあたりがよさそうです。

2018112103.jpg



首尾よく牛乳やパンや果物を仕入れることができました。ホテルの部屋に戻って、購入した品を机の上に並べます。

2018112104.jpg



ホテルの部屋での朝食後、ザルツブルクの町に出かけます。ホテルから町に出るのは、メンヒスベルクMönchsbergの岩山をくり抜いたトンネルを通ります。猛暑の中でもトンネルに入るとひやっとします。天然の冷房ですね。このトンネルはとても便利で、旧市街にも出られますが、直接、祝祭大劇場Großes Festspielhaus、モーツァルト劇場Haus für Mozart、フェルゼンライトシューレFelsenreitschuleの会場にもつながっています。もちろん、スタッフが見張っていて、チケットのチェックをするので、チケットがなければ入れません。ホテルから会場まで雨にも濡れず、天然冷房の通路を抜けて5分ちょっとで行けるのは贅沢の極みです。
で、トンネルを抜けて、旧市街に抜けます。左にはフェルゼンライトシューレの建物が見えています。

2018112105.jpg



フェルゼンライトシューレの建物の壁には、メンヒスベルクの丘に登る石段があります。この後、そこを登ることになりますが、この時点では未定でした。

2018112106.jpg



ザルツブルク大聖堂Dom zu Salzburgの前の大聖堂広場Domplatzに出ます。広場は音楽祭の会場になっていて、《イェーダーマン》が公演されます。仮設の観客席が造られています。

2018112107.jpg



大聖堂広場の本当の主役は聖母像Mariensäuleですが、仮設の観客席の中にひっそりと埋没しています。

2018112108.jpg



実はザルツブルク大聖堂の裏にある郵便局に、孫に出す絵葉書の切手を買いに来たんです。持参した絵葉書のほかに予備の切手も買っておきましょう。とってもきれいな切手と外国郵便であることを示すシールもセットでいただけます。しっかりした仕事ぶりですね。お誕生日が近いお嫁さんへの誕生日カードもゲットです。郵便局と言っても、色んな雑貨が並べてあります。

2018112109.jpg



saraiは、不便していたPCのイヤホンをここで見つけて、ゲットしてルンルン。これで後日、予定しているヴェルター湖Wörther See訪問の際にマーラーとブラームスの音楽を聴けるでしょう。

2018112110.jpg



次にレジデンツ広場Residenzplatzにあるオーストリア名物のマナーMANNERの直営店に行き、ちゃちゃっとお土産を購入。

2018112111.jpg



可愛くパッケージしてくれます。これで堂々と日本に帰れます。
次の課題はザルツブルク音楽祭記念のワインを買いに行くこと。モーツァルテウムの近くのワイン屋さんにある筈です。メインストリートのゲトライデ通りGetreidegasseを抜けていきます。

2018112112.jpg



モーツァルトの生家Mozarts Geburtshausの前はいつも観光客で混み合っています。

2018112113.jpg



その右隣りはお馴染みのレストラン、ノルドゼーNORDSEEですね。

2018112114.jpg



モーツァルトの生家の建物の1階にはスーパーのシュパーSparのお店が入っています。

2018112115.jpg



ついでにちょっとお店の中を覗いていきましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR