fc2ブログ
 
  

神宮外苑の大いちょう並木

昨日はサントリーホールで読響の定期演奏会。夜7時からなので、配偶者が今日こそ、神宮外苑の大いちょう並木を見に行こうと前々からの計画についての念押しがあります。お天気が心配なので、ネットで予報をチェックすると、夜は雨模様ですが、夕方までは少なくとも雨は降らないようです。よし、出かけましょう。近隣の地図をネットから印刷して、脱兎のごとく、出かけます。地下鉄の青山1丁目駅に向かいます。電車乗り継ぎで1時間ほどで到着。大きなビルが林立する青山通りを歩きます。こんな近代的な通りにあの大きな神宮外苑があるのかと思っていると、突如、神宮外苑の大いちょう並木が右手に登場します。さすがに多くの人で賑わっています。早速、大いちょう並木の入り口付近からパチリ。

2018112901.jpg



並木道の中央の車道は片側が規制されていて、歩行者が歩けるようになっています。なかなか、粋なはからいですね。もっとも、見物客が車道に飛び出して、写真を撮ると危険ですから、当然と言えば、当然の処置です。その車道を絵画館のほうに向かって歩いていきます。まわり中、外国人ばかりなのも今どき当たり前の光景です。日本人は2割ほどでしょうか。大いちょう並木通りを半分ほど進んだところで、車道の規制が変わります。この先は全面、通行止めで完全に歩行者天国になります。車はここでUターンさせられています。そのUターン場所だけは歩行者が歩けなくなっていて、ぽっかりと人のいない場所になっています。恰好の撮影場所です。ここでまた、パチリ。

2018112902.jpg



青空に黄色く染まった銀杏が綺麗です。歩道から周り込んで歩行者天国に進出します。ここでまた、パチリ。

2018112903.jpg



通りの左手には、ハンバーガーの有名店のシェイクシャックがあります。ここに立ち寄るのもいいですね。でも、明るいうちにいちょう並木を見ておこうとシェイクシャックは後回しにします。傾きかけた陽光は右手のいちょう並木を照らしています。

2018112904.jpg



ちょっと歩道の中も歩いてみましょう。落ち葉のじゅうたんが思ったほどではありません。配偶者によると、子供たちが落ち葉をかき集めているからだと言いますが、そうなのでしょうか。いずれにせよ、やはり、車道からの景色のほうが見事です。

2018112905.jpg



車道に戻って、今度は青山通りのほうを眺めます。やはり、絵画館のある風景のほうが風情があります。

2018112906.jpg



いちょう並木を抜けて、絵画館の手前の広場で開催中のいちょう祭りを覗きます。全国のB級グルメの店が並んでいます。試しに広島焼きを食べますが、こういうところで美味しいものがあるわけないですね(笑い)。それにしても平日のせいか、どのお店もほとんど行列がなくて、がらがらです。

再び、いちょう並木に復帰します。既に日は落ちかけて、直射日光は並木に当たらない状況です。それでも樹々の間を抜ける光がいちょうを明るく照らしています。不思議な感じです。

2018112907.jpg



歩道のいちょうもまだまだ明るく輝いています。

2018112908.jpg



今度こそ、シェイクシャックのハンバーガーを食べましょう。そこそこの行列です。ただし、注文後、ハンバーガーが出来上がるまでに15分ほどかかるようです。なんとか、いちょう並木が見えるテラス席を確保して、しばらくすると、呼び出しがあります。チキンとビーフのハンバーガーの向こうは美しいいちょう並木です。

2018112909.jpg



歩道側のいちょうはこんな感じ。既に照明が少しはいっています。

2018112910.jpg



ハンバーガーはさすがに美味しかったです。高価ではありますが、そこそこの価格(700~800円)ではあります。さっきの広島焼きとは比べ物になりません。お店を出ると、シェイクシャックは照明で明るく輝いています。

2018112911.jpg



いちょう並木はもう宵闇に包み込まれようとしています。

2018112912.jpg



さて、いちょう並木を後にしようと歩き出した瞬間、突然、まわりがぱっと明るくなります。ライトアップが点灯した瞬間でした。ライトアップしたいちょうは明るく輝きます。

2018112913.jpg



すぐさま、撮影スポットに戻って、ライトアップしたいちょう並木をパチリ。

2018112914.jpg



薄暮に明るく浮かび上がるいちょう並木の絶景でした。

実は神宮球場には行ったことがありますが、神宮外苑のいちょう並木を見るのは初めてのことでした。人生の黄昏時にさしかかり、これからは見逃しているものを拾い集めないといけませんね。

で、今日もこれからコンサート。河村尚子のベートーヴェンのピアノ・ソナタ・シリーズの2回目です。中期の傑作をどう聴かせてくれるでしょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR