FC2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:シュテファン・ツヴァイク・センター 1881年~1940年

2017年8月2日水曜日@ザルツブルク/6回目

シュテファン・ツヴァイク・センターStefan Zweig Centreを訪れたところです。チケットを購入後、意外に狭い展示室を見て回ります。残念ながら、すべて、ドイツ語のみの展示になっています。受付の女性が英語の説明書を渡してくれます。以下のページに始まる10ページに渡る展示の概要のインデックスです。

2018120401.jpg



展示は時代別に整理されています。最初はウィーン時代。 1881年11月28日にウィーンの裕福なユダヤ人の両親のもとで生まれて、ウィーン大学で哲学と文学史を学び、第1次世界大戦のさなか、スイスのチューリッヒに移るまでがウィーンで過ごした時間です。チューリッヒでは『ウィーン新自由新聞』の特派員として活動します。

2018120402.jpg



文壇にデビューした詩集『銀の弦 Silberne Saiten』です。1901年、ツヴァイク19歳の作です。

2018120403.jpg



これは当時の自筆稿です。達筆ですね。

2018120404.jpg



これは第2詩集のDie Frühen Kränze(初期の花輪?)。1906年、ツヴァイク24歳の作です。

2018120405.jpg



チェス盤と壁には彼の似顔絵があります。チェス盤は彼の有名な作品、《チェスの話》に因んだものでしょうか。

2018120406.jpg



携帯用タイプライターです。ツヴァイクの愛用品でしょうか。

2018120407.jpg



ザルツブルク時代。第一次大戦後はチューリッヒからオーストリアに戻り、1919年から1934年までザルツブルクに居を構えます。住居はカプツィーナーの丘Kapuzinerbergのパッシンガー城Paschinger Schlösslでした。展示はザルツブルク時代の前期、1919年から1928年までです。

2018120408.jpg



1921年著作の《ロマン・ローラン》とツヴァイクと家族のザルツブルク時代の写真です。

2018120409.jpg



ザルツブルク時代の後期、1929年から、1934年です。

2018120410.jpg



ツヴァイクの立像があります。なにか、気のいいおじさんという体ですね。

2018120411.jpg



それではと、わが友シュテファンとsaraiの2ショットです。彼と人生について語り合いたかったのがsaraiの見果てぬ夢です。

2018120412.jpg



指揮者のブルーノ・ワルターとアルトゥーロ・トスカニーニがカプツィーナーの丘の自宅を訪れたときの貴重な写真です。1930年代初頭のザルツブルク時代のひとこまでした。(左から、トスカニーニ、ワルター、ツヴァイク)

2018120413.jpg



そして、1934年にナチスの圧力で警察から家宅捜索を受けた翌日、ツヴァイクは長年住んだザルツブルクを永遠に去ります。亡命先のイギリスから、アメリカ合衆国、そして、終の住処となるブラジルに渡ることになります。

2018120414.jpg



1934年から1940年まではロンドン、バース、ニューヨークと不自由な亡命生活を強いられて、だんだん、精神的な重圧を受けることになります。

2018120415.jpg



この頃書いた重要な著作、『エラスムスの勝利と悲劇』Triumph und Tragik des Erasmus von Rotterdamです。己の境遇とエラスムスの境遇を重ね合わせています。1934年、ツヴァイク53歳の作です。

2018120416.jpg



『メアリー・スチュアート』Maria Stuartです。評価の高い歴史小説です。1935年、ツヴァイク54歳の作です。

2018120417.jpg



リヒャルト・シュトラウスの歌劇『無口な女』Die schweigsame Frauにおいて台本作家として秀逸な才能をツヴァイクは示しますが、時、既にナチス政権下。たった3回の公演で上演は打ち切られます。このコンビで次々に名作を残してくれなかったことは大変残念です。これもナチスの戦争犯罪の一例です。
これはドイツの新聞が告げるオペラの1回目の公演のレビュー記事です。

2018120418.jpg



そのリヒャルト・シュトラウスの歌劇『無口な女』のリブレットの初版です。上はツヴァイクの短編小説をもとにした映画『燃える秘密』のプログラムです。折も折り、ナチスの国会焼き討ち事件が起こり、この映画をネタに庶民はナチスを揶揄ることになり、ただちに映画は上演禁止。小説も書店から消える羽目になります。

2018120419.jpg



次はいよいよ、ブラジル時代の展示に移ります。ツヴァイクの余命もいくばくかになります。ツヴァイクの最後の悲劇の日々です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR