fc2ブログ
 
  

ザルツブルク音楽祭:シュテファン・ツヴァイク・センター 1840年~1942年

2017年8月2日水曜日@ザルツブルク/7回目

シュテファン・ツヴァイク・センターStefan Zweig Centreで展示の数々を見ているところです。
次はいよいよ、ブラジル時代の展示です。ツヴァイクの余命も少なくなります。ツヴァイクの最後の悲劇の日々です。

2018121001.jpg



ブラジルに旅立つ前、1939年の小説『心の焦燥』Ungeduld des Herzensです。イギリス滞在時代ですから、英語の表題Beware Of Pityもあります。この小説は最近ヒットした映画《グランド・ブダペスト・ホテル》が作られる契機になったそうです。アンダーソン監督がパリの古本屋でこの小説を偶然手に取って、興味を抱き、さらに『昨日の世界』を読み、映画化に踏み切ったとのことです。

2018121002.jpg



ブラジルに旅立つ直前、1940年のシュテファン・ツヴァイクと2番目の妻ロッテがバースの家で寛ぐ写真です。ロッテとは前年の1939年に再婚しました。写真の右にはシュテファンが妻ロッテに宛てた手紙があります。何故か、英語で書かれています。

2018121003.jpg



1940年にアメリカに移り、翌1941年に最期の地ブラジルに移住します。そこで『未来の国ブラジル』Brasilienを書き上げます。今でもブラジルではよく読まれているようです。

2018121004.jpg



そして、自伝的回想録『昨日の世界』Die Welt von Gesternが1942年に彼の記憶だけで書かれます。saraiの愛読書です。saraiがこの本に夢中になったのと同様にアンダーソン監督もこの本の虜になって、映画《グランド・ブダペスト・ホテル》が生まれました。

2018121005.jpg



そして、1942年2月22日にヨーロッパ文化の未来を絶望して、希代の文化人シュテファン・ツヴァイクは妻ロッテとブラジルのペトロポリスで服毒自殺を遂げます。まるで古き良きヨーロッパ文化の終焉みたいに思えます。合掌・・・。


センター内のツヴァイクの展示を見終わって、受付で販売している小冊子と絵葉書を記念にいただきます。
これが1枚目の絵葉書。ザルツブルク音楽祭のリハーサル風景です。指揮しているのはアルトゥーロ・トルカニーニ。客席に座っているのは音楽祭を取り仕切るマックス・ラインハルト。客席に入ろうとしているのはシュテファン・ツヴァイクです。

2018121006.jpg



これが2枚目の絵葉書。最初の妻フリデリケ・フォン・ヴィンターニッツとシュテファン・ツヴァイクです。1920年に最初の結婚をしました。彼女はなかなかの美人ですね。それに才媛だったようです。

2018121007.jpg



これが3枚目の絵葉書。2番目の妻ロッテとシュテファン・ツヴァイクです。

2018121008.jpg



これは無料の栞みたいなものです。『昨日の世界』Die Welt von Gesternと書かれているので、愛読書『昨日の世界』の栞に使用しましょう。

2018121009.jpg



これは小冊子「シュテファン・ツヴァイクのザルツブルク」Das Salzburg des Stefan Tweigです。

2018121010.jpg



貴重な写真がたくさん掲載されています。これはカプチーナベルク5番地Kapuzinerbergのパッシンガー城Paschinger Schlösslを門から見たところです。ザルツブルクでの住居です。

2018121011.jpg



これがパッシンガー城。大きな屋敷ですね。

2018121012.jpg



これは屋敷の一室です。陽光が燦燦と降り注ぎ、明るい室内です。

2018121013.jpg



これは書斎。重厚です。いかにも作家の書斎です。

2018121014.jpg



センターのスタッフの女性にカプツィーナー山にあるツヴァイクのヴィラの場所も教えてもらったので、時間があれば、見に行きましょう。中には入れないので、外から様子を伺うだけですけどね。

ということで、シュテファン・ツヴァイク・センターを辞去します。そうそう、もう一度、トンネルの入り口をチェックしに行きましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR