FC2ブログ
 
  

ヴェルター湖:マイアーニックのマーラーの作曲小屋での感動的な時間

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/6回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtに着き、マーラーの作曲小屋のあるマイアーニックMaierniggにタクシーで急行し、降車後、山道を歩いて、作曲小屋を目指しています。
路傍では夏の野草が小さな花を咲かせています。

2019010601.jpg



今度は山道が下りになります。

2019010602.jpg



小さな木橋を渡ります。もう、作曲小屋は近いでしょう。心がはやります。

2019010603.jpg



少し開けた場所に出てきて、道の向こうに何か見えてきます。

2019010604.jpg



マーラーの作曲小屋です。ここまで山道を歩くこと、10分ほどでした。

2019010605.jpg



saraiはまずは小屋の前で写真を撮ります。

2019010606.jpg



若い女性スタッフがその気配に気付いたようで、わざわざ外に出て出迎えてくれます。

2019010607.jpg



女性スタッフに招き入れられるように小屋の中に足を踏み入れます。入り口の扉にはマーラーの有名な写真のポスターが張ってあります。

2019010608.jpg



作曲小屋の中は誰も訪れている人はいません。日本から来たと言うと、遠くから来たのねと言われます。入場料は一人3ユーロです。

2019010609.jpg



支払うと、説明は英語とドイツ語のどちらがいいのって訊かれます。もちろん、英語と応えると、立派な英語の資料を手渡されます。

2019010610.jpg



資料の中心は4ページにわたる、マーラーがこのマイアーニックで作曲した作品の説明です。

2019010611.jpg



小屋の入り口の扉に張ってあったマーラーの写真も資料の1枚です。

2019010612.jpg



写真の裏にはマーラーの年表が書かれています。

2019010613.jpg



この資料を渡された上で、分かりやすい英語で詳細な説明が始まります。ちょうどCDでマーラーの音楽が流れているので、この曲は何?って訊くと、バースタイン指揮ニューヨーク・フィルの演奏でマーラーの交響曲第6番でした。熟知している筈の曲ですが、とっさには分かりませんね。もちろん、この小屋で作曲された作品です。そのマーラーの音楽をバックに彼女のマーラーストーリーは続きます。もちろん、このマイアーニック時代の話が中心ですが、その時代のしめくくりは娘のアンナ・マリアの死とその思い出の辛さから、マーラーはもう2度とこの地を踏むことはなかったという悲しい話です。心なしか、説明する彼女も悲しそうでした。その後のマーラーが死に至るまでの話までしてくれました。もちろん、ほとんどは知っている話ではありますが、マーラーが作曲家として大成した、この作曲小屋で聞くと、なんだか、感慨深く感じます。

この作曲小屋はアッター湖Atterseeの作曲小屋に比べると広くて立派な作曲小屋です。

2019010614.jpg



ここに作曲用のグランドピアノを運び込んでいたそうです。壁には金庫まで備え付けられていましたが、これは火事への対策だそうです。大切な作曲中の楽譜が焼けては困りますからね。

2019010615.jpg



マーラーの創作活動には、こういう自然の中にいることが必須だったようです。ハイキング、湖でのボート遊び、登山(山を越えて、スロヴェニアまで遠征したそうです)など、自然の中から創作の素材を得ていたようです。いつもかかさずノートブックを持って歩いていたそうです。一通りの話が終わったところで、彼女にアダージェットを流してくれるようにお願いします。バーンスタインのニューヨーク・フィルとの交響曲全集があるのが分かっていたのでお願いしたんです。彼女は即座にアルマとの思い出の曲ねって、反応してくれました。彼女もマーラーについてはなかなか分かっているようです。ちなみにここでマーラーが作曲したのは、交響曲第4番~第8番、リュッケルト歌曲集、亡き子をしのぶ歌です。この地を去った後、自分の死期を悟り、作曲したのはわずかに3曲。大地、すなわち、人生との告別を込めた不朽の名作群、大地の歌、交響曲第9番、交響曲第10番(未完)です。

椅子に腰かけて、ボリュームを上げてもらって、3人(sarai、彼女、配偶者)で静かに美しいアダージェット(交響曲第5番第4楽章)に耳を傾けます。アルマへの思いが詰まった音楽が、作曲された場所で流れます。saraiはただただ深く感動するのみです。このバーンスタインの演奏はマーラーの音楽がブームになった端緒とも言えるものです。久しぶりに聴きましたが、とても素晴らしいです。演奏が終わっても、しばらくはみんな、沈黙して、saraiが音楽の余韻に浸る時間を与えてくれました。この静かな時間こそ、マーラーの音楽には一番必要なものです。深い感銘を受けて、最高の時間を持てました。こんな幸せはありません。ふと、脳裏にヴィスコンティの名作≪ヴェニスに死す≫の1シーンがよぎります。老作曲家アッシェンバッハ(マーラーがモデル)が妻と娘とヴィラで幸せに過ごしたシーン、娘が亡くなり棺に納めるシーン。これらは映画ではアッシェンバッハが過去を回想するフラッシュバックになっていますが、これはまさにこのマイアーニックの作曲小屋での出来事ですね。saraiがこの映画を見たときにはマイアーニックの作曲小屋の存在など知りませんでしたが、今、急に脳裏を横切りました。もう一度、あのヴィスコンティの名作を見たくなりました。

しばし、作曲小屋の中を見て歩きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR