FC2ブログ
 
  

ヴェルター湖:湖畔のマーラーのヴィラ

2017年8月4日金曜日@ザルツブルク~ヴェルター湖/8回目

マーラーの跡を訪ねる小旅行でヴェルター湖Wörtherseeを訪ねています。
クラーゲンフルトKlagenfurtのマイアーニックMaierniggにあるマーラーの作曲小屋から、ヴェルター湖畔のマーラーのヴィラへやってきました。
今は個人所有になっているので門の外から見るだけです。建物の正面は木々で下の方が少し隠れていますが、とても可愛い雰囲気のデザインです。

2019010801.jpg



マーラーはこの湖畔と山中の土地を購入し、ウィーンの建築家アルフレッド・トイアーAlfred Theuerが1900年に作曲小屋、1901年にヴィラを完成させました。ヴィラの向こうにはヴェルター湖の湖面が広がっています。このヴィラの所有者はマーラーのファンがヴィラを訪れて、プライバシーを侵害されるのを嫌っているそうで、訪問者はみな追い返されるそうです。当然ですね。ただ、唯一の例外はレナード・バーンスタインで、彼はヴィラに招き入れられて、マーラーが弾いていたピアノを弾かせてもらったそうです。なお、マイケル・ティルソン・トーマス/サンフランシスコ響の「キーピング・スコア」シリーズのマーラー編のブルーレイディスク(Keeping Score Gustav Mahler Origins and Legacy)では、ティルソン・トーマスがこのヴィラの内部を訪れるシーンが収録されています。とても貴重な映像ですね。

2019010802.jpg



これ以上はヴィラは見えません。最後に23番地と書かれた門の前に立ちます。現在は持ち主の名前を取ったヴィラ・シーゲルVilla Siegelと呼ばれています。

2019010803.jpg



そうこうするうちに、ポストバスの出発時間が迫ります。バス停マイアーニック・シュトランドバードMaiernigg Strandbadに向かいます。すぐに18番地のヴィラの前に出ます。

2019010804.jpg



この18番地はヴィラ・シュヴァルツェンフェルスVilla Schwarzenfelsというお城のような建物です。実はこのヴィラはマーラーのヴィラを建てた建築家アルフレッド・トイアーのもので彼自身が建築したものです。マーラーは作曲小屋とヴィラの建築の契約のためにこのヴィラ・シュヴァルツェンフェルスに3日間滞在しています。1899年のことでした。

2019010805.jpg



少し進むとヴェルター湖が眺められるところに出ます。青く輝く湖面が美しく広がっています。

2019010806.jpg



もう数分でバスが来るので急ぎ足でマイアーニックのバス停に急ぎます。やがて、シュトランドバード・マイアーニックStrandbad Maierniggという湖水浴場が見えてきます。子供連れの家族で賑わっています。

2019010807.jpg



バス停では数人がバスを待っています。もう、バスの出発時間の1分前です。

2019010808.jpg



これがバス通り。ヴェルターゼー・シュードウーファー・シュトラーセWörthersee-Südufer-Straßeです。

2019010809.jpg



おっ、マーラーの作曲小屋への案内板がありますね。

2019010810.jpg



作曲小屋への道、グスタフ・マーラー通りGustav-Mahler-Wegの道標もあります。

2019010811.jpg



バス停の時刻表をチェック。今まさにバスが到着する筈です。

2019010812.jpg



と思っていると、本当に20秒ほどでバスが到着。乗り込みましょう。

2019010813.jpg



乗車時にポストバスの運転手さんからチケットを購入。1時間有効のチケットで二人で4.4ユーロです。

2019010814.jpg



美しい緑の中をバスは走り抜けていきます。

2019010815.jpg



次の目的地はヴェルター湖のクルーズ船乗り場です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR